FC2ブログ


雪麿Lounge-ゲートタワー朝
翌朝、お部屋からの景色です。


今にも雨が降り出しそうな、どんより曇り空くもり



でも”海無し県民”の私にしたら、海が観れるだけで

テンション上がるんですよきゃはっ寝不足だけど・・・



普段は食べない朝食も旅先では、しっかり頂くmogumogu*
雪麿Lounge-ゲートタワー朝

朝食は、ホテルの最上階にある


カジュアルダイニング【STERGATE】です。



国際空港側のホテルだからか、外国の方の率高し!


一見日本人?と思しく人が、外国語(ニュアンスで英語ではない)

話してましたから

6割方海外の人  な感じでした。



雪麿Lounge-ゲートタワー朝
基本ビッフェスタイル。


玉子料理は好みの物を作って貰えれるので

【オムレツ】omelete*をオーダー


でテーブルに届けられたのが こちら


プレーンオムレツ フライドポテト 

ベイグドトマト&インゲン カリカリベーコン&ハム

・・・・・に何故か?焼き魚(多分鰆)n?*





 オムレツがしっかり焼かれてます。お肉の焼き方で例えるなら”ウェルダン”

 厚焼き玉子?のような焼き加減でした。


 とろとろ?半熟系が好きなので、ちょっと・・・・って感じでしたけど


 海外では、生卵や半熟卵って食べる習慣が無い? とか 半熟は人気がない?とか聞いた事があるので

 それでかな・・?  でも 焼き魚は謎です。



雪麿Lounge-ゲートタワー朝

他、ジュースが3種類程


サラダ・コールドミート各2種類程


ご飯・お味噌汁もありました。


ジャムが4種類程、ガラスのボールに凄い量用意されてました。

(サラダの量を上回る程!!)


ちらっと、お隣の(多分ラテン系?)のお兄さんが

トーストにバターその上にジャム2種類を

”てんこ盛り”で召し上がってました。

超・甘党の私もビックリare?*


外人さんに朝の甘いジャムは欠かせないのね


コーヒーがもの凄い”アメリカン”でした・・・・・ホントに薄い・・・・コーヒー豆2:お湯8 くらいな感じ


エスプレッソ・トリプルを3杯立て続けに飲んでもダイジョブなコーヒー党には納得いかないアメリカン・・・

              




朝食食べて、早々にチェックアウト。


『ゆっくりお過ごし頂けましたか?』 と笑顔のフロントスタッフ


”ええahaha;*ぐっすり・・・(と見えない猫を装備)”と大人?な対応をしつつ 


そっと バスルームの一件を記載したブルーレターを差し出す・・・・・・


    その後ホテルから宿泊のお礼状共々、バスルームの一件の回答のお手紙を頂きました。

    結構この手の意見は無視されてしまう所が多い中、真摯な対応は良心的ですね。




    でも・・・・リピートはどうだろうな・・・・微妙です。





休暇の本番はこれからwa-i* 関空に戻って、一路『我が家』 を目指します

2009.07.12 
こういう時・・・ブロガー魂に火が付いちゃうメラメラ 色々撮ってしまいましたahaha;*

雪麿Lounge-ゲートタワーホテル
ミニバー 必要最低限です。氷は”やっぱり”自分で取りに行くシステム
(各階に製氷機がありました)
ポットの中ですが『衛生上の観点から、空になってます』・・・・

でもね・・・水道のお水入れて(浄水器ついてなかったし・・・)沸かすのもなぁっと
冷蔵庫の中のミネラルウォーターを沸かしました(ちゃんとチェック入れて精算しましたよ^^;)

冷蔵庫の中も必要最低限・・・ミニバーにはミニボトルが2本だけ・・・ちょっと寂しい

雪麿Lounge-ゲートタワーホテル

洗面台 と 歯ブラシ ヘアブラシ
折畳式のヘアブラシ 久しぶりに見た気がします
ハンドソープ・・・・がね・・・・・・・・。ボトルに水垢が媚び付いてるの・・・

雪麿Lounge-ゲートタワーホテル
気を取り直して??バスルームを覗いてみましょう

『ユニットバス』 これも久しぶりです
どんだけ自分を甘やかしているんでしょう。

やっぱり・・・バスタブの横にトイレって・・・・
パシャパシャデジカメを玩んでいたら、午前1時近くになってました。

”兎も角、お風呂入って寝るきゃはっ
と入浴の支度をしながら”ひょい”とバスタブを見たら

・・・・・髪の毛が落ちてる・・・・私のじゃない!!ガーン!!

2本程・・・潔癖症じゃないけど、やっぱり気持ち悪い・・・
クレームいれて、部屋代えも可能かもしれないけど、面倒!


自分で、バスタブ掃除しました!!kachin#*

といっても洗剤がある訳ではないので、ボディソープと、シャワー目一杯熱くして流しただけですけど・・・

疲れた・・・・・はぁ?

お風呂入って一息ついた時には、午前2時をとっくに過ぎてました・・・・

雪麿Lounge-ゲートタワー夜景

唯一慰めてくれたのは、この夜景だけ・・・・長い一日でした・・・・



今夜だけの辛抱です・・・・お休みなさいhua-*


2009.07.12 


雪麿Lounge-ゲートタワーホテル


アサインされたお部屋は47階です


 ピンクに色が付いてる所です
雪麿Lounge-ゲートタワーホテル

こちらのホテルのルームキーは一般的なカードタイプです


雪麿Lounge-ゲートタワーホテル


お部屋の入口にある”ホルダー?”に差し込んで


電源キーとしても機能します。


ここにキーを入れないと、電気が着かないんです。
雪麿Lounge-ゲートタワーホテル

お部屋入口を入って、右手に『ウォークインクローゼット』


左手に『バスルーム・水周り』があります。


雪麿Lounge-ゲートタワーホテル

キングサイズ!とまではいきませんが^^;


ダブルベットです。


シーツ・枕カバーは”ぱりっ”とのりが効いていて

清潔



雪麿Lounge-ゲートタワーホテル

奥の窓側には、ソファセット


カーテンは”手動式”です・・・




雪麿Lounge-ゲートタワーホテル

ベットと向かい合わせに、デスクと鏡


鏡は結構大きめで使い易かったです。



そしてTVテレビ

懐かしいですね??ブラウン管です

雪麿Lounge-ゲートタワーホテル

そして、寝巻きは『浴衣』でした。


私的にですけど、

浴衣=ビジネス パジャマorナイトシャツ=シティ

って思うのですけれど・・・・

雪麿Lounge-ゲートタワーホテル
『スリッパ』 です・・・・

ビニール製の”使いまわし”出来るやつですよね・・・。


基本・・・素足で使う物だと思うので、”使い捨て”というか

タオル地のスリッパとかの方がいいですよね・・・・


このスリッパは使う気が起きず、”万が一”を想定して持参した

ソックスはいてお部屋の中では過しました。



関空の開港前後でオープンしたホテルなので、かれこれ12・3年は経ってると思います。

壁紙が一部剥がれかかっていたり、カーペットには大きなシミがあったり、

窓枠の隅には汚れこびり付いていたり 

永年劣化は否めないにしても、細かい所でメンテナンス不足が目立ちました・・・・


『プレミアムフロア-』としてリニューアルしたお部屋があるそうで、そちらは綺麗になっているようです。

2009.07.12 

【猫と煙は高い所が好き】


関空利用の際に気になっていたホテルです。 【全日空ゲートタワーホテル大阪】 ホテル


深夜着・お試し宿泊には丁度良いかと、今回はこちらに寄り道宿泊しました。



雪麿Lounge-ゲートタワーホテル

関西国際空港から、車・バスで10分程

連絡橋を渡って直ぐ脇にある高層ホテルがそうです。



到着日は日付が回ろうか?とういう時間帯だったので

翌日、連絡橋から撮影

○印の中が 【ゲートタワーホテル】です。

雪麿Lounge-ゲートタワーホテル
到着は深夜・・・ホテルのリムジンバスの乗客は

私・一人だけでした


エントランス入って直ぐのロビーは広々


ダークブラウンとベージュで色調を合わせた

アールデコ風のインテリアです。



 翌日朝に撮影してます
雪麿Lounge-ゲートタワーホテル

エントランス入って左手に 

レセプションデスク(フロント)です。


『雪麿様ですね?お待ちしておりました』

もう0時迄、後数分というところ

予約のゲストでチェックインしてないのは

きっと、私だけだったのでしょう。


チェックインの手続きをしつつ


『シングルのご予約で承っておりましたが

 ダブルのお部屋をご用意させて頂きました』


ちょっと嬉しい申し出です(´v`)


お部屋のキーと翌日の朝食券を手渡されて、

『お部屋へのエレベーターは右手奥になります。ごゆっくりお過ごし下さい』


・・・・・are?*・・・・・暫し固まる・・・・そっか・・・・ここドアマンさんやベルマンさんが居ない!!

(カテゴリー的に、ビジネスホテル?なのね・・?)

最近”自分を甘やかして”ゲストリレーションのあるホテルを利用し続けていたので、一瞬頭真っ白


”自分の事は自分でしましょう!!”


雪麿Lounge-ゲートタワーホテル
因みに、ロビーは2階部分まで吹き抜け


天上が高くて気持ちいいです






雪麿Lounge-ゲートタワーホテル
エレベーターの中?がちょっと面白くて
天上が半円になっていて、トリックアート風に青空が描かれてます
雪麿Lounge-ゲートタワーホテル
ゲストルームのパブリックスペースの通路は
こんな感じです。


至ってシンプルです






さて”感動?”のお部屋へ入ってみましょう




2009.07.12