FC2ブログ

『遊びにいらっしゃいませんか?』 セントレジスのフロント嬢のお誘いに乗って


早くも宿敵の懐に飛び込むことにしました!



只”ぷら?ぷら?”遊びに行くのはつまらないn?* ここは相手の度量をみてみましょう(^ω^)

我乍ら”意地の悪いゲスト”だなぁ? と思いつつ 

コンシェルジュA氏・F嬢にレストランの予約をお願いしました


F嬢から、『ばっちり!お席の予約とれました(o^-')b』


虎の威を借るキツネ はイソップの寓話ですが、『ライオンの威を借りるナマケモノ』とは私・雪麿のことです


”では!!ライバルをスパイに行って来ますしゃきんっ



意気揚々と出掛けた場所は、偵察の下見に行った




雪麿Lounge-ル・ドール
 セントレジス・大阪 内 フレンチビストロ【ル ドール】 


入り口で、渾身の笑顔で

”リッツカールトン・大阪から予約を入れさせて頂きましたnipa*


受付のホステス嬢が美しい笑顔で

『雪麿さま。お待ちしておりました^^』


ちょこっとだけ”店内”です→


テーブル数は20席ちょっと、こじんまりとしてますが

一部吹き抜けになっていて、天井が高い

開放感があるので、広々感じます


店内は、ダークブランとワインレッドのクラシカルモダン?

テーブルクロスの白さが眩しいくらいの対比です


雪麿Lounge-ル・ドール
リザーブしてくれたお席は、店内の一番奥


↑の写真はそのお席から撮ったもの

    (許可頂いてます)


店内のが殆ど見渡せる席でした


ランチ開始11:30に入ったのですが

平日にも関わらず、瞬く間に満席に!

関心の高さが見て取れます


雪麿Lounge-ル・ドール
バックや荷物を入れて入れておく為の”籠”もテーブル毎にあるのですが

(カバー付)


バックを、隣の椅子の上に置いたら、空かさずサーバーさんが

『失礼致します』と

ナプキンで覆ってくれました


さり気無いことですが、”流石!”です




お邪魔したのは、オープンから一週間 もう半月以上前なので、現在は変っているかもしれませんので


雪麿Lounge-ル・ドール

さて、メニューを選ぶ前に


食前酒 代わりに ”オレンジジュース” をオーダー


普通・・・・ フレッシュじゃないのかも・・・ね?




雪麿Lounge-ル・ドール

テーブルには輝くシルバーナイフとフォーク


新しいから”ピカピカ”です

カトラリーの1本1本に、セントレジスのロゴが

刻印されてます

勿論、ナプキンにも


ランチは

お野菜・お魚・お肉のコースから選べます


担当のサーバー氏

(ウェスティン東京・ビクターズ

のアシスタントマネージャー氏でした)

のお勧めで、お魚メインの『ロレーヌ』を
雪麿Lounge-ル・ドール

アミューズブーシュ


ビーツのスープ グジュール


鮮やかなピンクが美しいビーツのスープ

ほんのりチーズの風味 グジュール
雪麿Lounge-ル・ドール


パン とバター


バターは3種類、それぞれ

アンチョビ・杜松の実・胡桃を練りこんだものです


杜松の実のバター美味しかったです


パンは普通

常温状態、少しでも温めてくれると嬉しかったかな?
雪麿Lounge-ル・ドール
前菜


キッシュロレーヌ セントレジススタイル


”えっ?キッシュじゃないの?”


『ビックリされると思いますが、

上のパイ生地とベーコンを崩して、

中のクリームスープと一緒に召し上がって下さい』


濃厚なチーズとクリームの風味

私は好きなお料理ですねmogumogu*
雪麿Lounge-ル・ドール

食中の飲み物には ミネラルウォーター アクア・パンナを頼みましたが


ちゃんとクーラーに入れてお席の脇に、

サーバーさんが、グラスに1/3位になると、即注ぎに来てくれました



雪麿Lounge-ル・ドール
メイン


市場直送のお魚 ブルターニュ風


日替わりで変るお魚、この日は、帆立とすずき


美味しいんだけど・・・盛り付けなんとかならないかな?


なんかね・・・ちょっと”まかない風”ですかねahaha;*

具材に対して、スープが多過ぎなような?


これなら、お魚のグリルにするとか

美味しいんだけど、勿体無い・・・と思った一皿

雪麿Lounge-ル・ドール
アツェット デザート


ル ドール特製 デザート盛り合わせ


う?ん。美味しいんだけど

特に奥のカシスのチーズケーキは特に
雪麿Lounge-ル・ドール

コーヒー・プチフール


エスプレッソに近いような濃いコーヒーで美味













お料理のひとつひとつは丁寧に作ってあるのが分かりますけど、今ひとつで盛り付けがね


『ビストロ』という事を考えれば、及第点なのかもしれませんが

どうしても、街場のビストロとは別格 『セントレジス直営』と構えてみてしまいますから


本場フランスは行った事がないので、なんともですが・・・・

日本人って、お料理でも”見た目勝負!”なところもありますからね



お料理の味は決して悪くないです (これは嗜好が左右されるものだから、あくまで私的に!)

価格にしても、ホテル直営にしたら決して高いものではないです

(先にお邪魔した、ブリーゼブリーゼの『ル・コントワール・ド・ブノワ』と同じくらいですし)

オープンしてまだ1ヶ月、これから”磨かれて”大ばけするような感じがします


これからに期待!


11月入って”ジビエ”が出るかな? 出たらディナー行こうかな?








サービスの方ですが

オープンから一週間、平日だったのでオープン時のドタバタからは随分落ち着いていたかもしれません


最初に書いたように、『リッツカールトン』というライオンを背負っていったからかもしれませんね

たかだか”ランチ”なのに、色々な方からご挨拶受けてしまいました(恐縮です)


口コミなどでは、サービスの不手際が随分あるように書かれているものもありましたが、

今回お邪魔した感じでは、サーバーさんの人数も多く、至れりつくせりでしたし


お料理が出てくるタイミングもベスト でしたし

お料理の説明も、何気ない世間話も”こなれてる”感じがしたのです

聞けば、同じ”スターウッドグループ”のウェスティン・シェラトンなどからヘルプで来てらっしゃる方が多いようです

『来月初めには”古巣”に帰る予定なんですよ』と仰られていたので

本当の意味での『セントレジス』としての勝負は、来月から!と言う感じでしょうね・・・・




兎も角も、結局スパイ・雪麿は、すっかり懐柔されて正に『ミイラ取りがミイラ』な状態


『是非、今度は12Fのアフタヌーン や ディナーにもお出掛け下さい^^』などと言われて

”ディナー来ます(^ω^)”とお返事して、帰って来る始末・・・・・



『自宅』に帰って、ドアマンさん・コンシェルジュさんに迎えられ

『どうでしたか^^レジス』と聞かれ ”良かった・・・”と答え、何故か切ない気持ちになる・・・・


                      なんで?








スポンサーサイト



2010.10.27 


Secret