FC2ブログ

『黄泉がえり again』 梶尾真治

この結末・・・・私は嫌だ。。。。
黄泉がえりa
『黄泉がえり again』 梶尾真治・著

原作本1999年 草彅剛さん、竹内結子さん出演で2003年映画化された作品の
17年後、熊本震災の一年半後を描いた「黄泉がえり」の続編的物語

熊本で、死者が次々と生き返る「黄泉がえり」現象が起こってから17年後
あの熊本震災から1年半が経った熊本で再び「黄泉がえり」現象が起こるようになった
17年前の黄泉がえり現象は、熊本の地下に存在した超生命体が
熊本で起こるはずだった大地震を回避する為に死者を蘇らせた
災害を防いだ後、黄泉がえった人々は忽然と姿を消している

今回の黄泉がえりは、ある人物を中心に起こっている事が分かる
前回の黄泉がえり現象の際、唯一「消えずに存在していた」相楽周平の娘・いずみの行動範囲で起こっていた
今回の黄泉がえり現象も、近々熊本で起きる災害を回避する為なのか?
そして黄泉がえり人の中に、あの加藤清正
人ではないミフネリュウ(恐竜)までが、黄泉がえってきた




前作が20年前なので、物語の詳細を忘れてしまったため、改めて前作を軽く復習
原作と映画、人物の設定や筋が微妙に違うのですが
亡くなってしまった愛しい人、家族が再び現れたら・・・・と
結局は哀しい、切ない物語でも心に響くものがあったのですが・・・・今作は

熊本出身の作者が、熊本地震やその後も自然災害の被害を受けた
熊本の復興を願って書いた作品とのことでしがた
熊本の人は、こんな話に元気づげられるのか?疑わしい

余りにエンターテイメント性を重視した為か?前作のように素直に心に響きませんでした
海老フライを初めて食べた清正の様子とか、コメディタッチで面白いんだけど
ラストも、余りにもご都合主義というか、読者に阿り過ぎた結末は
私的に後味の悪さしか感じられませんでした・・・・・
別の見方をしたら、この結末はハッピーエンドにも見えるけど、なんか違うよね
『続編』でなく、出来の悪いパロディっぽい

SFファンタジーの大御所で「精霊探偵」「つばき、時飛び」等、素晴らしい作品があるのに
「黄泉がえり」シリーズとしては、「黄泉びと知らず」は良かったのに・・・・

あの「黄泉がえり」の続編として期待して読んだ分
色々と後味の悪い一冊になっちゃいました・・・・




スポンサーサイト