FC2ブログ
図書館で1年半待った待望の作品です!!
この世の春上
『この世の春』 宮部みゆき・著

物語は、宝永七年(1710年)徳川家宣の時代です
下野北見藩(架空です、栃木か群馬の何処か?)は名君と称えられた五代藩主が急死し
21歳の若さで六代藩主・重興に代替わりして5年の歳月が経った

藩主・重興は幼少の頃より乱心の気があり
藩主になって以降も乱心と側用人・伊東成孝の重用著しく
藩政も思わしくなく、とうとう家老達により主君押込(矯正隠居)となり
重興の身柄は、藩主の別邸である五香苑に幽閉される

藩士の娘である多紀は、重興に仕える為に五香苑に遣わされる
そこで自刃したと思われていた、伊東成孝の生存を知らされる
成孝は『御魂繰(みたまくり)』死者の魂をこの世に呼び出す技を遣う出土村の出で
本名は繰屋新九郎という

出土村は16年前に藩の何者かにより「根切り」=皆殺しされていた
辛くも生き残った新九郎は根切りの理由と復讐の為に北見家・重興に近づいた
また重興の乱心は、根切りされた出土村・繰屋家の亡霊が祟っているのだと断定する




上巻は、おどろおどろしい怪異譚の様相で話が進んでいきます
番町皿屋敷か佐賀の鍋島騒動みたいな、如何にも江戸怪談という雰囲気
登場人物の誰もが妖しい・・・・

重興は家臣達も領民も見惚れるような美男子です(年齢26歳)
そして本作のヒロイン多紀は、一度は嫁すものの離縁されています
優しく気働きの出来る女性、おまけに五香苑の使用人たちが見惚れる程「お綺麗な方」です(22歳)
重興の若き主治医・白田先生の‟お年頃”3人の淡い恋愛模様も絡んできます




そしていよいよ謎解きは下巻へと続きます
この世の春下

下巻は怒涛の謎解き編へ

多紀との交流や白田医師の献身的な治療により
重興の乱心の原因は、幼少期から先代藩主の父からの虐待によるトラウマから生じたもの
亡霊ではなく、重興自身が作りだした「人格」であることが判明する
(今でいう、多重人格・解離性障害)

今も尚、家臣・領民から名君として慕われている先代藩主の「裏の顔」を信じきれない

成興の豹変には、成興が、北見家一族と当主の継承を約した『蔓書』の存在と
北見家のみに忠誠を尽くす影の存在が露になる





上下巻合わせて700pを超える長編ですが、流石宮部氏!!
飽きずに最後まで面白く読み切ったしまいました

テイストとしては、『荒神』に似たテイスト(あちらは、怪獣^^;が登場しますが)
読後は、『この世の春』のがスッキリ気持ちよいです 一応ハッピーエンドですし
2冊のカバーイラストが、それぞれの内容を表していると思います
上巻は、雷鳴が轟く暗い背景に背を向けて佇む重興と多岐
下巻は、光あふれる中、見つめ合う2人


こういう「お家モノ」は、味方ずらした裏切り者がいて
味方の1・2人が殺されていくものですが
「セオリーからいったら、絶対この人死ぬ(殺される)」って思っていた人も生き残り
「ホントよかったね~~」とほっとした気持ちで物語は終わりました



・・・・・・ただ気になる人物がひとりだけ・・・・・
伊東成孝=繰屋新九郎の息子・一之助(3歳)が気がかりです
(物語の冒頭、乳母である女性に連れられて、多紀の父に救われ寺で養育されるようですが)
母は自害 父は殺害されえています


一之助の物語 宮部氏に描いて欲しいものです
スポンサーサイト

2019.03.25