FC2ブログ
東京・多摩地区ある小さなレストラン『菜の花食堂』を舞台にした第三作目
菜の花3
『菜の花食堂のささやかな事件簿・金柑はひそかに香る』 碧野圭・著

住宅街の中にある、自宅を改装して営業している小さなレストラン『菜の花食堂』
ランチのみの営業と、時々オーナーシェフ?でもある靖子先生が行う料理教室が評判のお店
スタッフは靖子先生と助手として働く香奈さんと、物語の語り手である優希の3人

『事件簿』とついていますが、全然事件ではありません^^
警察が介入するような剣呑な事件は起きません
日常生活の中で‟出会う”ちょっと不思議な?事柄を
靖子先生が「ミス・マープル」の如く謎解きをする物語です

料理上手の恋人の手料理を「美味しい」と喜んで食べていたのに
お弁当だけは「作らなくていいよ」と言いだした本当の意味は?

食堂の常連客の農家の「野菜の無人販売」
料金が足らないどころか、商品より多くお金がいれられるようになったのは何故か?

優希の住むアパートで、隣に部屋から異臭がするようになった
異臭の原因を探ると・・‥

「菜の花食堂」の優希や靖子先生の周りで起こる、ちょっとした事件の背景に
地元で評判になり、瓶詰商品化にむけて専用工場を増設したり
営業時間の延長や「食堂」も第二ステージへむけてステップアップを図りだした
それと共に、優希自身の人生も新たな決断とスタート地点に立ったようです

もし、次回作があるとすれば優希の「女性としての成長」ぶりも語られるのかな?と思います

ミステリーですが、読後はほのぼのとした気分になるシリーズです



が・・・・・・人気ドラマや話題になった映画を彷彿とさせるようなストーリー展開があって
・・・・・えっ??「ちょっとパクッてないですか^^?」と思わなくもないです
ドラマが先か?本書が先か?って野暮な推測をしたくなってしまいます



スポンサーサイト



2019.01.12 


Secret