FC2ブログ
日本人なら年末は『忠臣蔵!』
吉良の言い分上
『吉良の言い分 真説・忠臣蔵』 岳真也・著
歌舞伎・講談・映画・ドラマ ありとあらゆるカタチで私達が知っている「歴史娯楽作?」
沢山の作家さんが忠臣蔵をテーマにした作品を手掛けています

だいたいが、赤穂藩士側の作品が多いような気がします
こちらは、敵役の吉良上野介義央を主点に描いた作品
(タイトルは真説ってなってるけど)
史実を踏まえて、上野介からみた敵討ちの真実のフィクション?
上・下2巻の構成になってます

上巻は、義央の青年時代から父・義冬の後を継いで、高家の最高位である高家肝煎に就任
そして運命の江戸城松之廊下での刃傷までが語られています

一般的にあまり知られていない、義央の青春時代
上杉家の姫君で後の義央の正室となる富子との出会い
(ここら辺は歌舞伎を基にしたフィクションでしょう)
領地である三河吉良での義央の治世の様子などが綴られていきます
☆ 黄金堤などの治水工事や新田開発など名君として領民から慕われていたそうです
領地に帰ると、赤馬(農耕馬)に乗って領民たちと気さくに話をしたとかいう
ほのぼのしたお殿様の逸話が残っているそうです

そして下巻では
吉良の言い分下
みんなが知ってる!「忠臣蔵」の通り話が進んでいきます
吉良側と赤穂・大石側の視点と交互に語られていきます

腺病質で切れやすい赤穂浅野家当主・浅野長矩対して
職分に真面目で知的であるが為に、時に誤解を受けやすい義央
あくまで本作の中では、「お互いが膝付け合わせて話合えば誤解なんて生じなかったのでは?」
と思われてきます

右も左も分からない口下手な新入社員に対して
相手を思いやるが為に口出さずに見守る事に徹した上司
で、結局お互いに誤解したままになってしまった・・・・・って感じです



しかし、この「討ち入り」の陰には、将軍綱吉の側用人・柳沢吉保の陰謀が見え隠れ


「表舞台」に登場する、上野介も内蔵助も「いい人」に描かれています
結局は幕府の黒幕=柳沢らに踊らされてしまって
【敵討ちしなければならなくなった】【敵として討たれねばならくなった】
この事件に関わった人達は誰ひとりとして救われなかった・・・って事ですね



ただ吉良の言い分とタイトルなので、
下巻でも吉良側視点で冷静に描いて欲しかったなぁ
吉良側の剣客・清水一学が上野介の隠し子とか、フィクション盛り込み過ぎなような

娯楽作品としては面白かったけど



なんか・・・・日産のゴーン(元)会長を巡る事件が「忠臣蔵」っぽく見えてきた
誰が上野介で、誰が内匠頭で、、誰が内蔵助になるのかな?
黒幕柳沢は仏・マクロン大統領な気がする・・・^^;;



関東は今夜半から「雪」の予想が出てますが
日にちこそ違いますが、討ち入り前夜もこんな天気だったのかなぁ・・・なんて思ってみたり
スポンサーサイト

2018.12.11 


Secret