FC2ブログ

『宇喜多の楽土』 木下昌輝

宇喜多‟直家”株急上昇
宇喜多の学士
『宇喜多の楽土』 木下昌輝・著

2年程前に読んだ『宇喜多の捨て嫁』の続編的な作品
豊臣家五大老のうちの1人 宇喜多秀家が主人公!
関ケ原&大阪の陣で、大阪・豊臣方についてしまった為に
八丈島に流刑、悲運の武将として名高い?方です

宇喜多秀家の生涯をコンパクトにまとめた作品
秀家はメジャーな武将ですが、以外とその生涯は認知されていないような気がします
豊臣秀吉‟子飼い‟の武将のひとり
生まれた環境や縁戚関係を鑑みれば「豊臣方」につくのは、なかば当然だとは思いますが
著者の‟フィクション的”エピソードで、豊臣秀吉の狡さ醜悪さが浮き彫りになる

子供相手にそんな意地悪いことをしなくても・・・・・と

秀家が「守りたかったもの」は、父・直家の想いであり・宇喜多の民
その為に豊臣に仕えざるえなかった
そして、幼くして父を亡くした自身を投影させるような秀頼を見捨てることが出来なかった
戦国武将としては、優し過ぎる(弱すぎるとも)
後少しだけ、家康並みの‟図太さ”があったら 秀秋のような臆病さがあったら
宇喜多家は悲運に見舞われなかったのかな・・・・なんて思います
(あくまで、木下氏の物語の中での話ですけどね)

豊臣秀吉「株」大暴落です 
反面、今回は冒頭にちょこっとしか登場しませんが
宇喜多直家「株」は急上昇ですよ


秀家といえば忘れていけないのは、正室・豪姫
登場場面は少ないけれど、とても可愛いらしくて賢い そして強い「戦国の女性」です
もう少し豪姫とのエピソードを見てみたい気持ちになります
スポンサーサイト



Comments 0