FC2ブログ
♪東京は、夜の1時♪
おやすみ、東京

『おやすみ、東京』 吉田篤弘・著


「時計が1時を打った。」「時計の針が1時を指した。」「東京は午前1時である。」等
真夜中の東京午前1時から始まる、オムニバス的物語です
12の短編が収録されています

「眠らない街東京」 夜中の1時でも働き活動している人達がいる
ある人は映画の小道具や美術品を扱う会社で
ある人は葬儀社の傍ら副業に精を出す
ある人は骨董屋(古道具屋)を営み
ある人は食堂を営み ある人は役者として
そして、それらの人々の営みに欠かせない
夜専門のタクシー「ブラックバード」のドライバーとして

そんな人々の生活の一コマを切り取り、ひとつひとつの物語の登場人物達が
広いようで狭い、狭いようで広い街・東京で少しづつ繋がっていく物語です


巷を騒がすような事件や事故が起こる訳ではありません
TOKYOという街に相応しい華やかな煌びやかな生活を送っている人ではありません
でも「東京なら、ちょっと普通と違うこういう生活を送っている人が実在しているだろう?」思わせるような
センスのいいお話を集めた1冊です

本の装丁やページデザインもお洒落です
図書館本ですが、これは購入して本棚に納めたい1冊

♪トーキョーは夜の7時♪って歌が流行しました
そのフレーズを思いだしました♪ 懐かしい~

24時間、真夜中でも明かりがつき、日中と同じように活動している人々がいる
そんな「東京の夜」を垣間見るような気分でした
スポンサーサイト



2018.10.14 


Secret