FC2ブログ
今日で夏休みも終わり!!読書感想文は終わった?
ストロベリーライフ
『ストロベリーライフ』 荻原浩・著

先に読んだエッセイ集『極小農園日記』を読んで、猛烈に読みたくなって

36歳フリーのグラフィックデザイナーの恵介は仕事に行き詰っていた
そんな時、田舎(静岡)で農業を営む父が倒れた
独立をめぐり父と仲違いした2年前ぶりの父・母との再会

急遽実家に帰省し、父親が復帰するまでと‟繋ぎ”で稼業の農家の作業をすることにした
回復してもほぼ農作業は出来ない父の後を継いで欲しい母
田舎に移住など考えられない都会育ちの妻

当初は実家を「継ぐ」など考えもしなかった恵介
父がはじめた「イチゴ栽培」を通じて、改めて農作業の大切さ素晴らしさを痛感しだした恵介は
妻・美月に理解を求めようとするが・・・・




最後はハッピーエンドなんですけどね

出戻りの恵介に様子を見ながらも、最初は協力的な同業者達が新参モノである恵介を批難しだす 
地方ならではの排他的な体質を‟チクリ”と揶揄したり
恵介の姉3人のそれぞれの夫婦・家族間の問題がブラックユーモア的に語られていたり
恵介の息子・銀河5歳 がいい味だしてました^^
典型的な都会っ子・銀河。昆虫が大好きだけど、それは本の中にいる虫で
‟生きた虫”が苦手だった子が、本物?の虫は大の苦手
その子が僅か5日の滞在で‟逞しく”なる様子が面白い
妻・美月も毎日当たり前のように食べてる野菜がどうゆう風に実っているか知らなかったのも都会ならでは?
ただの「Uターン成功物語」的な感じでなく面白く読めました!



先に『極小農園日記』を読んでいたので、農作業の様子の描写も
‟あぁ!!日記に書かれていた事だ!”と、ヨトウムシや連作障害とか
予習は大切!ですね^^v
『極小農園』に記載されていた「きゅうりの挽き肉炒め」「焼いた油揚げ」も登場してました
近々作ってみようと改めて決意!
 読書つながりで

漫画家のさくらももこさん死去 のニュースが

先週久々にTVの「ちびまる子ちゃん」を見たのに


20代の半ば酷く落ち込んでいた時があって、そんな時友人が「これ面白いから読んでみて!」って勧めてくれたのが
エッセイ集『もものかんづめ』でした
さくらさんの子供時代のエピソードをメインにした初エッセイ本
思わず吹き出してしまう位に面白かった!笑った!

若かりし頃の私を救ってくれた1冊でした 

それから、さくらさんのエッセイは事ある毎に拝読させて頂いてました


もう、あのユーモアあふれる文章は更新されることはないのだと思うと、一抹の寂しさは覚えます




今週も「ちびまる子ちゃん」見よう
スポンサーサイト



2018.08.31 


Secret