FC2ブログ
紅色のお城なんて不吉以外何物でもない!
紅城奇譚
『紅城奇譚』 鳥飼否宇・著

タイトルと禍々しいカバーイラストに“ジャケ読み”
戦国時代の九州を舞台にした復讐劇ミステリー(か?)

九州の守護大名・椎葉家の家臣であった鷹生龍久は
戦国大名・市房氏を姦計に嵌め滅ぼしその功により一国一城の主となる
龍久の後を継いだ嫡男・龍政は権勢欲から、ついに主筋である椎葉氏を攻め滅ぼす
そして、龍政は自らの居城を辰砂で紅色に染め上げ「紅城」と呼ばせていた

椎葉氏を滅ぼして数年、正室である椎葉家の鶴姫には嫡男と姫が誕生し
側室の雪は懐妊中と、戦国大名として権勢を磐石のものとして
が、ある夜
正室鶴姫が無残な死を遂げ、同日懐妊中の雪も不可解な死を遂げる
龍政の側近・弓削月之丞が2つの事件の真相を暴いていくが
鷹生家の不幸はまだ続いていく、少しづつ正気をなくしていく龍生
そして、龍生が恐れる朱鷺丸とは・・・・・


スケールの小さい(作者に対して失礼ですが)「南総里見八犬伝」って感じ^^;
美貌の策士?月之丞のマインドコントロールによる復讐劇ですね

所々「いや~それは流石に無理なんじゃない?」ってツッコミ入れつつ読んでました
特に最終場面は変な笑いが込み上げてきてしまった・・・・

八犬伝繋がりで、その昔薬師丸ひろ子主演の角川映画「里見八犬伝」を読んでような気分でした

八犬伝と同じ“ジャパンアクションクラブ”主導で映像化したら面白かも?な一冊でした


角川の「里見八犬伝」面白かったなぁ~
千葉真一・真田広之・志穂美悦子、ジャパンアクションクラブの
スター総出演って豪華でした!
レンタルしてこようかな~
スポンサーサイト



2017.11.23 


Secret