FC2ブログ
「最悪の将軍」とは誰? 最悪の将軍
『最悪の将軍』 朝井まかて・著

徳川五代将軍・綱吉を描いた作品です

物語は異腹兄である、四代家綱の病が篤くなり
幕閣の重鎮・御三家による御代継選定からはじまります

家綱と異腹弟とはいえ、母の身分が低すぎた為
当初は後継候補からは一番遠い処にいましたが
老中・堀田正俊の尽力で将軍の座に就くことに

戦国の世も最早遠く、兄であり先代家綱が「武」でなく『文』で国を治めようとした
遺志をも継ぎ尽力する綱吉の姿が描かれていきます
そして、夫を影から支える正室御台所・鷹司信子との夫唱婦随の姿も描かれています



綱吉といえば「生類憐れみの令」です(テストに出ますよ~!) 別名“犬公方”で御座います
私達^^;昭和世代に歴史を学んだ者からすると
綱吉は徳川15代将軍中、一番の愚か者・馬鹿殿
本書のタイトル通り「最悪の将軍」というイメージですが

昨今、綱吉に対する評価は180度変わりつつあるようです
史上稀にみる悪政令といわれている『生類憐れみの令』ですが
つまびらかに研究されていて、俗に言われているような“お犬様”扱いは違ったようです
武家社会において、人であれ動物であれ殺生する事を賞賛さえていた時代
人間は基より、命あるありとあらゆるモノの「命・生」こそ大切にすべき、
何よりも尊ぶべきものである!
と今までの価値観を一新させ
世界初の福祉政策であると、特に海外での評価は高いようです


遠くない将来、日本史に於いて
綱吉は『徳川15代将軍中、一番の賢君であった』と評価される日も近いかもしれません




でも、ホント日本史代わりましたよね~
色々研究・検証が進んで“昭和の知識”が通じない事が多くなりました
有名なところでは、鎌倉幕府 私は1192年と覚えましたが
現在、鎌倉幕府は1185年ですよ!(いつの間にか7年も早くなってるし)

この前、NHKの歴史特番を見てたら『乙巳の変』というのが出てきて
“何?それ、そんなの知らない~”って見てたら
「大化の改新」を『乙巳の変』と言うらしいです
内容も従来の政治改革を行う程?大したことはしてない
“只の”政治クーデターだったから「変」になったそうです

中学・高校生の頃、「得意科目は歴史♪」なんて答えてた頃もありましたが
今、日本史のテスト受けたら赤店確実ですわ
スポンサーサイト



2017.04.24 


Secret