FC2ブログ
医師であり作家であり
名医
『嗤う名医』 久坂部羊・著

医療現場が舞台の6つの短編が収められてます
登場するお医者さんは一般的に『名医』といわれるお医者様

“聖職”といわれ職業の医師や医療現場の技術者達
病院・医師を頼る時は、病や身体の不調がある時だから
なんとか助けて貰おうと縋る
“医者”だって人間だもの そのストレスは推してはかるべしです

かなりブラック・ダークな話もあるけれど
「お医者さんだって大変だよね  そりゃストレス発散もしたくなるよ~」と

作者が現役の医師だっただけに、この物語そして登場人物達がとっぴな物語でも
“これが現実の医師や医療現場のリアルな人物かも?”


毎月お世話になっている主治医の先生や看護士さんを見る眼がちょっと変わっちゃうかも^^;
(次の診察日に『先生の趣味・ストレス発散ってなんですか?』って聞いてみたくなっちゃう)
スポンサーサイト



2017.02.26 


Secret