FC2ブログ
映画を見て、原作を読んでみたくなったので
ツナグ
『ツナグ』 辻村深月・著

人気俳優・松坂桃李さん主演で映像化された作品の原作
ストーリーは“今更”なので略!

映画は、死者に会いたい「依頼人」の目線で物語が進んでいきましたが
原作本の最後の物語「使者の心得」で
使者(ツナグ)見習い“歩美くん”側から見た依頼人と死者の物語
と、それぞれの依頼人のその後の話
そして、歩美の両親の死の真相が語られてます

映画だけだと、ちょっと”腑に落ちない”箇所があったのですが
「使者の心得」を読むと、パズルのピースが埋まるように納得出来ます


最後に歩美くんが、両親のどちらに会うか逡巡するのですが
私も両親を既に亡くした身・・・・もし会うことが出来るとしたら父か?母か?
どちらにも会いたいし、話した事 聞きたい事 聞いて欲しい事
それはそれは沢山あります・・・・けど、会いたいけど会わないだろうな・・・と

“会う”という事は、別れもある訳です
意気地なしの私はきっと二度目の別れは堪えられないからです・・・・




でも・・・・・会いたいなぁ・・・・
スポンサーサイト



2017.02.23 


Secret