FC2ブログ

『おっかなの晩・船宿若狭屋あやかし話』 折口真喜子

怪談が恋しい季節になってきましたね~
おっかな
『おっかなの晩・船宿若狭屋あやかし話』 折口真喜子・著

江戸・日本橋箱崎にある船宿『若狭屋』
3つの川が交わる、彼の世とこの世が交わる場所なのか?
はたまた、女将・お涼の人徳故か?
不思議な人や事柄が集まります

白狐に守られた遊女
願掛けをした為に先を見る力を持ってしまった野鍛冶師
少し怖い“地縛霊”の話
そして、幼い頃の“お涼”さんの話

8つのお話が収められています
怖い話というよりは、不思議な“妖しい”お話です
落語の少しだけ怖い小噺のような雰囲気です

どのお話も30Pほどの短いお話、ゆっくり読んでも一話30分ほどで読み切れると思います

これからくる、熱帯夜・寝苦しい夜の「寝物語」に読むのにお勧めです



今年は、猛暑だといいますし
涼~~~~しくなる本を沢山読みたいですね
スポンサーサイト



Comments 3

良寛和尚
怪談話ですね。

良寛でございます、お邪魔致します。
夏の定番「怪談話」ですね。
手っ取り早く「涼しく」なるには、この手の話を聞いたり読んだりするのが1番ですね。

しかし、副作用としては夜勤中の館内見回りや物品庫への備品確認へ1人で行けなくなるのが難点です。(苦笑)

しかしまぁ、私「和尚」を名乗っていますが「霊感」は全くありませんので、今迄「その手の皆様」とは「出会った事」が無いンですけどね。
まぁ、1番は「饅頭」が怖い、という事でオチでも付けときましょうかね。(笑)

藤猫=^・^=
『ハーゲンダッツ』怖い~~

良寛さま、暑い中(--A;ようこそ~
まだ5月だというのに30℃超え・・・怪談のひとつも欲しくなるというものです

良寛さまでも“暗闇”は怖いですか?そうですか
ホテルや学校、日中大勢の人が出入りしている場所ほど
人がまばらになる夜は一層不気味ですよね

でも、私根っからのS体質なもので、いつか機会がありましたら
良寛さまのホテルを利用させて頂き
深夜のフロントで「コンシェルジュさん!お話を聞いて下さいな^^」
ととびっきりの恐怖夜話を披露させて頂きたいものです(^m^)

因みに、わたくしは『ハーゲンダッツ!死ぬほど~~い♪です

  • 2016/05/24 (Tue) 13:52
  • REPLY
良寛和尚
ハーゲンダッツの後は・・・・

良寛でございます、お邪魔致します。
では、ハーゲンダッツを沢山取り揃えてお送りさせて頂くとして。
最後は「熱ぅ~~い ハーブティーが死ぬほど怖い」というセリフでも待ちましょうかね。(笑)