FC2ブログ
今期唯一?最初から最後まで見たドラマの原作
民王
『民王』 池井戸潤・著
遠藤憲一 さん菅田将暉さん出演のドラマの原作
ドラマが面白かったので、原作本を読んでみました

総理大臣の父・武藤泰山と、大学生の息子・翔 
ある日、何故か2人の心と体が入れ替わってしまうことによる
SF?ドタバタコメディです

ストーリーは今更ですね~今週が最終回なので、書いちゃうと“犯人”分かっちゃいそうだし^^;

原作とドラマ、登場人物はほぼ同じですが、キャラクターの設定は全員随分変わってます
どちらが良い悪い?は原作の読者・ドラマの視聴者に任せましょう

私的感想で・・・・ありえない設定なので、ドラマの方が“はっちゃけて”いて
エンターティメントとして純粋に楽しめるような気がします
(高橋一生さんの“貝原 茂平“がツボに入りましたが)

 『半沢直樹』の原作や、『下町ロケット』等の人気作家さんですが
池井戸氏の著書を読むのはコチラが初です!!
未読ですが、「池井戸氏=社会派作家」というイメージがあったので意外でした


入れ替わり設定の小説って多いですよね『転校生』『パパママムスメの7日間』『秘密』とか
入れ替わり=変身願望ってあるのでしょうか?


ドラマも原作も、心が入れ替わった 泰山と翔の言葉にスカッとする事が多々あります
原作も読み終わった後は、ストレスが発散されたような爽快感がありました


ドラマの最終回、犯人?も気になるところですが
どういう結末を迎え 
総理大臣・泰山と、新社会人となる翔が何を語り
決着をつけてくれるのか楽しみです
スポンサーサイト



2015.09.15 


Secret