FC2ブログ

『闇に咲く・おいち不思議がたり』 あさのあつこ

暑さも一段落と思いきや?
明日はまた台風の余波で暑さがぶりかえすとか・・・

インドアに拍車がかかります

闇に咲く
『闇に咲く・おいち不思議がたり』 あさのあつこ・著
あさの氏の人気シリーズのひとつ「おいち不思議がたり」の三作目です

主人公・おいちは、町医者・藍野松庵の一人娘
この世に想いを遺した者の姿や声が“聞える”不思議な能力を持って
江戸で起こる不思議な事件を解決していきます

小間物問屋「いさご屋」の主人・庄之助
双子で生まれた庄之助には、お京という姉がいた

双子は「畜生腹」と云われ忌み嫌われていた為
弟・庄之助は、店の跡取りとして大切に育てられ
姉・お京は生まれた時から、「いさご屋」の離れに隠され冷遇されて
幼い頃病を得て、満足な治療を受けぬまま亡くなる

そして庄之助の中に「お京」が存在するようになる

庄之助は己の中にいる「お京」から助けて欲しいと願い
おいちは、その謎を解く為に「いさご屋」に潜入する

同じ頃江戸の町では、夜鷹が殺される事件が連続して起こっていました

庄之助はおいちに
「夜鷹殺しの下手人は自分だ、己の中にいる姉がした事」と告白します


夜鷹殺しの犯人と、「お京」の正体は・・・・



ミステリーとほんの少しホラーテイストもあるので
蒸し暑い夏にぴったりの一冊でした

あさの氏のもう一つの人気シリーズ『弥勒の月』シリーズチックな雰囲気のお話でした

このシリーズは、だんだんハードな内容になっていくような気がします

『おいち不思議がたり』一作目は、副題で“ガールズストーリー”ってついていたように
江戸を舞台にしたライトノベルチックな話だったんですけどね~




『弥勒の月』の外伝が出版される?なんて話を聞いたのですが
そっちも楽しみなんですけどね~

スポンサーサイト



Comments 0