FC2ブログ
空梅雨か?と思ったら台風が来て
蒸し暑い不快な日々が続きますね

ホントこういう天気は苦手で、シャキッとしなきゃ!と思いつつ
自堕落な日々を過ごしてしまってます・・・・


だらだら日々に読んだ一冊
おそろし屋3
『猫鳴小路のおそろし屋3・江戸城奇譚』 風野真知雄・著
『おそろし屋』シリーズの3作目にして完結偏?
お縁が営む骨董屋「おそろし屋」に持ち込まれる“いわく付き”の品物に纏わる物語
今回は、
「真田幸村の六文銭」「弁慶の下駄」「安倍晴明の式神」の3編と
お縁の子孫・友朗が解く「将門の首壺」の1編です

「おそろし屋」2作目で、ちょっとファンタジーに寄り過ぎというか
息切れ気味のように感じましたが
3作目の本作は、さらにあっさり終わってしまった・・・・残念


お縁の正体?は、14代将軍家茂に寵愛を受けた大奥の“おはした”
(お縁の出自が低い為、正式な側室になれなかったようですね~)
骨董が好きな家茂と共に“ひょんなこと”から
江戸城築城と江戸存続に関わる重大な秘密を知ってしまったが為に
朝廷側からあらぬ疑いをかけられ、大奥を出るに到ったようです

オカルトの要素が強い、ファンタジーものでした・・・
スポンサーサイト



2015.07.18 


Secret