FC2ブログ

『カフェかもめ亭 猫たちのいる時間』 村山早紀

大好きなひとのそばにいたい。
その願いを叶えるためなら、なんだってできるのが、
猫って生き物なのさ。


大好きな『風早街シリーズ・カフェかもめ亭』の第2弾です
カテゴリーは『児童文学』でしょうけれど、大人でも充分楽しめるお勧めのシリーズです
カフェかもめ亭ねこ
『カフェかもめ亭 猫たちのいる時間』 村山早紀・著
広海さんが一人で営む『カフェかもめ亭』のちょっと不思議な“旅人”風の常連さんが語る
猫に纏わる7つのお話が綴られてます

本書は、猫を飼っている人、飼っていた人に超お勧めです
今貴方の側にいる猫さん・・・過って側にいた猫さん
猫さんに対して、一層愛しさがこみあげてくる一冊です・・・・

不思議な話、ちょっと恐いお話も収録されていますが
(作り話とはいえ)猫のいじらしさが切なくなります

どのお話も『死』や『別れ』が語られているのですが
『死』はどうしても、忌み嫌われ目を反らしがちなテーマです
色々な意味で『命』が軽く扱われるような事もあります
(最近、いやなニュースが続いてますから・・・・)
『命』について、顧みるのによい一冊かと思います




読んでいる間中ずっーと、“ふじこ”のことが思いだされて
うるうるしてました
もし生まれ変わることが出来たなら・・・・
『猫姫様』の山猫のように、今度こそ私が“ふじこ”を守ってあげるよ・・・って
ふじこ小


スポンサーサイト



Comments 0