FC2ブログ
読書の季節ですね~
黒猫
『黒猫の刹那あるいは卒論指導』 森麿晶・著
「美学講義」「最終講義」「時間飛行」に続く“黒猫シリーズ”の4作目です
時系列でいくと、「美学講座」の前
『黒猫』と『私』の出会いから語られる、短編集です

大学院への進学と共に研究者への道を歩むことを決めた『私』
大学4年間の集大成、卒論に取り組む私は『黒猫』と出会う
私と黒猫の研究者としての日常に何気なく起こる事件?を
美学理論に基づき『黒猫』が解決(解説)していきます

『私』が研究テーマにしている“エドガー・アラン・ポー”の作品と美学が語られます
各物語の冒頭に“テーマ”となるポーの作品のあらすじが簡単に紹介されているので
まったく知らない人でも“まぁまぁ”解ると思います^^;


本書前の前シリーズ3作を読んでいる方は、『私』と『黒猫』の関係性?はご存知の事ですが
友人以上恋人未満・・・となんとももどかしい感じでしたが
(「最終講義」のラストで、ハッキリした『黒猫』の気持ちが描写されてますが)

私的な感想ですが、本書「卒論指導」が一番“恋愛小説らしいな”と感じました

だってね~~『私』の寝癖までチェックしてる『黒猫』くん
最初から『私』に


“黒猫シリーズ”はちょっと取っ付き難い作品だと思います
初読みの方は、本書「卒論指導」から読むとすんなり“はまれる”と思います

「卒論」→「美学」→「最終」→「時間」です
スポンサーサイト



2014.09.23 


Secret