FC2ブログ
夏休みも後2日で終わりですね~
あせってる人・ガッカリする人・ほっとする人 様々だと思います

学生時代を数十年前に“卒業”しましたが
8月末はなんとな~く、懐かしいような・・・切ないような、ちょっと甘酸っぱい季節です


今の学生がどんな宿題や課題があるのか知りませんが
“昭和の時代”の理科の自由研究といえば
代表格は『昆虫採集』や『植物採集』だったような?

で、ちょっと懐かしい「夏休み気分」を味わいたくて、こんな一冊
野の花
『野の花』 写真・浅川トオル 文・森沢明夫
身近にある草花が季節毎に、写真と説明・エッセイを収めた一冊です
“雑草”を呼ばれますが、一つとして“雑草”という名前の植物はないんですよね

よく見かける花や草に、情緒のある美しい名前があったり
反対にこんな可愛らしい花なのに、なんとも気の毒な名前だったり
日本固有種だと思っていたモノが実は帰化植物だったりと
面白い発見があって、何度も繰り返しページを捲ってしまう写真&エッセイ本です

180ページほどの本なので、季節毎にこの本片手にお散歩も楽しいかも
スポンサーサイト



2014.08.29 


Secret