FC2ブログ

PCを入院させなきゃいけないのに


色々世話しなくて未だに修理に出してませんf^_^;


ブログの放置も大概にしとかないとねぇ~と


三ケ月弱の入院生活の回想でもUPしようとしましたが、それもね~…


情けない話ばっかりですし(-_-)


入院5日目に『お風呂に入りたい(┬┬_┬┬)』と言って号泣
主治医と看護士さん達をドン引きさせたり


コーヒー・紅茶(カフェイン飲料ね)禁止礼が出てたのに辛抱堪らず、自販機でこっそり買って、こっそり飲んじやった

この時のコーヒーの味は忘れられない!
『缶コーヒーがこんなに美味しいなんて!(゜▽゜)』と一人感涙に咽んだものです(因みにBOSS微糖)


入院生活の唯一の楽しむと言ったら『ご飯』
(実は、食事の写真を何枚か撮ってありますが、病食載せてもね…)
最初の頃は、いかにも『病人食』と言う感じでしたが一ケ月後には普通食に、しかも一週間毎に栄養士さんがリクエストを聞いくれました
「朝食は洋食?和食?にしますか」
一日毎に和洋チョイス出来る上に、洋食を選ぶとパンの種類もチョイス出来る!
夕食もその日のメニューによりますが、メインをお肉かお魚か選べます!

まるでホテルのようでした
以前、母が入院した時も食事の豊富さに驚いたけど、更に「進化」してます
(母のお世話になった病院とは別ですけどね)


『コーヒー紅茶が自由に飲めて、毎日お風呂入れてくれたら、ずーっと居てもいいかもしれない
など一瞬のー天気に思ったモノです


病室は個室でした
贅沢したとかじゃなくて、心肺機能の状態と免疫力の低下があって「隔離扱い」ですね

TV見放題でしたけど、TVを見続けるのは、疲れるもので殆ど見てません


代わりに不思議なもので、本は幾ら読んでも疲れないものです

自宅から本持って来て貰ったり、病院内図書館(小さいけど、充実)の本を読みまくってました

時間だけは幾らでもあったので、ほぼ一日一冊のペースで読破 トータルしたら50冊以上読んでます
読んだ本メモしてあるので、その内一覧をUPしてみようかな?

↑その中の一冊
ミステリー作家・宮部みゆきさんの『平成お徒歩日記』

時代物、特に江戸を舞台の作品が多い宮部さんの紀行&エッセイ集です


本のタイトル通り、徒歩(かち)による紀行?というかお散歩エッセイです

各、お散歩(と言うには結構ハード)ルートが″ふるっていて″
『市中引き回しの上獄門コース』=小伝馬町牢屋敷~鈴ケ森・小塚原刑場

『遠島申し渡す』=八丈島島内巡り?
『赤穂浪士討ち入り』=吉良邸~泉岳寺、凱旋?コース
等を資料を元に徒歩(かち)でほぼ辿ってます


宮部ファンならずとも、歴史好き、時代小説好きさんにお勧めです






さて、私信


美味しいパンやケーキの記事を書かれて、いつも遊びに来てくれる『ミントさん』!
PCが壊れてしまって『ミントさんのお家』が分からなくなってしまいました

また見ていただけたら、内緒コメントでもよいのでアドレス教えてくださいませ
お願いしますm(__)m
スポンサーサイト



2012.01.28 


Secret