FC2ブログ
今日で一年の前半が終り 後半戦?に突入!!


はぁ~ホント時が経つのは早いですね・・・・  



小雨が降る中久しぶりにお気に入りの 【Pâtisserie L'Authentique】さんへ
2019年前半最後のおやつを求めてきました


ミルフィーユ
ロタンティック6月ケーキ2
洋菓子屋さんの定番品の一つと言っていいでしょう
でも以外な事に【L'Authentique】さんで初のお持ち帰り品かも?
濃厚なクリームの間にフランボワーズが入ってます



そして、こちらは何度かリピートしている
タルト・グロゼイユタルト・アブリゴ
ロタンティック6月ケーキ1
変らず安定の美味しさ


週末限定のキッシュも頂いてきましたし  明日の朝はキッシュ~~
スポンサーサイト



2019.06.30 
九州や西日本では大雨で被害が出ているようですが

コチラは一日中細かい霧雨のような雨が降り続いています


昨日はお魚だったので、本日はお肉

豚肉の生姜焼き
630夕ご飯2
おろし生姜をた~~っぷり入れて玉ねぎと一緒に炒めました
生姜焼き久しぶり 添えてあるのはサラダほうれん草


高野豆腐の炊き合わせ
630夕ご飯3
「一口高野とうふ」というのが売ってまして、下準備もレンジで出来て便利
‟思い立ったら”即少量でも戻せるのがいいです
椎茸・人参・さやいんげんを薄味・関西出汁で煮て合わせました


和風ポテトサラダ
630夕ご飯4
和風?かな  粗みじんにした大葉と茗荷を混ぜて柚子胡椒で味付け


もち麦入りご飯と、豆乳入り味噌汁(豆腐がかぶった!)で今夜のご飯
630夕ご飯1


スーパーの鮮魚コーナーで「半夏生にはタコを食べましょう」ってPOP
”へぇ~~初耳” 家に帰ってググってみたら関西や四国ではタコやうどんを食べる習慣があるんだとか
節分の恵方巻同様西日本の食習慣らしいですね

ウチは半夏生の習慣はなかったなぁ~と思いながら
「食べましょう」とか言われたら「・・・・・食べなきゃいけないのかしら?」とか思っちゃうじゃない~~

因みは明後日7月2日が半夏生
・・・・・・さて?どうしよう

2019.06.30 
一年の半分・6月最後の朝
昨夜から本格的に降りはじめた雨がしとしと、と・・・梅雨らしい朝です


休日の朝、 北斗晶さんの【おびゴハン!】 で 
ティラミス風フレンチトーストを作っていました  今朝はそれをちょこっと真似っこして

エスプレッソ風味のフレンチトースト
630モーニング
【Oisix】のクロワッサン食パンを使用して作ってます
バニラアイスクリームと冷凍ミックスベリーをトッピング
仕上げにシナモンパウダーをふって出来上がり

勿論、エスプレッソを添えて

2019.06.30 
台風3号 コチラは殆ど影響なく過ぎました


大阪のG20サミットは恙なく進行しているようですね

どんより梅雨空が続くせい?ご飯を作る意欲がイマイチわきませんが
相変わらずの超手抜きですが

鰹の漬け丼
629夕ご飯2
鰹を煮切り酒と生姜醤油に暫し漬け込んであります
ご飯はもち麦入りご飯
毎度‟御馴染み”の温玉乗せ


厚揚げともやし2色ピーマンの炒めもの
629夕ご飯3
めんつゆ使用、おろし生姜をちょっと足して炒めただけ

お味噌汁を用意して、今夜のご飯
629夕ご飯1

明日はお休み  キチンとご飯を作りましょうかね~

2019.06.29 
陰惨な殺人事件の話ですが、最後和んでしまった・・・
切り裂きジャック
『切り裂きジャックの告白』 中山七里・著


都内閑静な住宅街の中にある公園内で
臓器が全て抜き取られた女性の他殺体が発見される

「ジャック」と名乗る人物から犯行声明文が警視庁とTV局に送り付けられる
愉快犯か?サイコパスによる犯行か?
犯人特定に迷走する警察関係者をあざ笑うように
川越で第二の犯行が起こる 
先の被害者と同じように、臓器をほぼ抜き取られた状態の他殺体
2人の被害者に共通点が見当たらない・・・・が
そして再びジャックからの犯行声明が

被害者2人の傷口から、犯人は医療関係従事者もしくは専門的知識を有する者
という目星はつけるが
捜査は五里霧中の中にある

警視庁捜査一課のエース・犬養が被害者2人のある共通点を見つける
2人とも同一ドナーからそれぞれ臓器提供を受けているレシピエントだったという事

そして、第三の犯行が行われる

ジャックは「臓器移植」に過激に反対する人物か?ドナーの遺族か?
容疑者は二転三転していく
そして、犯人の正体とその動機に!



19世紀末のロンドンで実際に起こった『切り裂きジャック』事件をベースにしたストーリー
惨殺事件ですが、描写がそこまで詳しく描写されていないので(作者の気遣いかな?)
嫌悪感もそれほど感じず読み進める事が出来ました

殺人事件をベースにしたミステリーですが、「脳死」と「臓器移植」がメインテーマ
大ベストセラー・何度も実写化もされている海棠尊氏の「チームバチスタシリーズ」のテイストに近い?


移植手術というと、レシピエント・患者の方が注目されがちですが
臓器を提供したドナーや遺族の事はあまり報道されない
この物語の中に登場するドナーの遺族が代表格とは言えないと思うけど
遺族の気持ちや、その後の気持ちに少し寄り添える気持ちになりました


日本は、ドナーもレシピエントもそれぞれの情報を得ることは禁じられているけど・・・・
それが正しいのかな?と

☆ アメリカや海外だと、ドナー遺族とレシピエントが術後交流を持てたりするようですが
色々問題があると思うけど、自分がドナーの遺族であったり
レシピエント自身やその身内であったなら・・・・知りたい 会いたいって思うだろうな


ラストは、ほんとに和みました






2019.06.28