FC2ブログ
お笑い芸人コンビ『サンドウィッチマン』さんの持ちネタ
〇〇したから!カロリー0


になったらいいなぁ~という夕ご飯がコチラ
KFC1
KFC フライドチキン

夕ご飯作るの面倒になっちゃって(--; 
お仕事帰りの電車の中でフライドチキンの香りが~~
同じ車両の誰かが持っていたんですよね

‟乗り換え待ち時間が5分以上あったら、買って帰る!”と・・・ね

でも、もういい歳になると、フライドチキンとかファーストフードを食べる事に
後ろめたいというか・・・背徳感みたいなモノを感じてしまいます

こんな不健康なモノ食べるなんて!さんになる~~って
KFC2
後ろめたさが少しでも和らぐ?ように、新玉ねぎとセロリのお豆腐のサラダを作ってみました

サラダ食べたから カロリー0
にならないかなぁ・・・・・

でも、久々のフライドチキン 大変美味しゅうございました



こちらは、夕方5時過ぎからぽつぽつ雨が降り出し、6時過ぎにはかなり本格的に降ってます
夜半には雪に変わるそうですが、久しぶりの雨 慈雨ですね~
スポンサーサイト

2019.01.31 
なんとなく・・・未だ鬼籍の人に非ずの御方
鬼平梅安江戸暮らし無題
『鬼平梅安江戸暮らし』 池波正太郎・著


時代小説の大家・池波正太郎氏は、沢山の時代・歴史小説と共に、エッセイも沢山書かれています
江戸の暮らしや江戸の食文化を中心に編集された一冊です

池波氏の作品の中には、物語の欠かせない「名わき役」として、数々の料理が登場します
本書では、特に『鬼平』と『梅安』の中に登場する料理と
池波氏が食べてきた料理について語られています

江戸時代、身分が高くなればなるほど食生活は質素に
身分が低い庶民の方が、実は豪華な食事をしていた事(たまにですけどね)
とか、「へ~~っ」ボタンを連打したくなる話などが収められています

江戸の庶民が食していた『柱めし』『深川めし』
大石内蔵助が討ち入り直前に食していた『鴨と生卵の玉子かけめし』とか
‟これなら!!私でも作れそう♪”と思える品々もあるので、
近々作ってみよう!と思います

池波氏が美食家であることは承知の事実ですが
ただ美味しい物を食べるだけでなく、食事をする空間や時間 そのシチュエーションや歴史
全てを「愉しむ」ことが出来る本当の美食家であったのだ と分かります

池波氏のように『食』を愉しむことが出来たら、平凡な人生さえ
その10倍も1000倍も楽しめるのだろうなぁっと
食い意地が張っているだけの私は思ってしまいました^^;



しかし!!まぁ池波氏は大正生まれの日本男子ですからね
端端に『男尊女卑』的な発言もあり
建前とはいえ男女平等が当たり前な平成では炎上してたかも?と余計な心配をしてしまいます



私が初めて「池波正太郎作品」と出会ったのは、中学生1年の頃でした
父がファンで自宅に全集があったんですよね
最初に読んだのは「鬼平犯科帳」夢中になって一気読みしました
中学生が「鬼平」って渋過ぎると思うんですけどね^^;

因みに一番好きなシリーズは「剣客商売」です!
 



池波正太郎氏がこの世を去って、もう30年近く
でも、未だに映画やドラマ映像化されたりしているので
なんとな~く、実は今もどこかで生きて新作を執筆され続けているのではないか?
と錯覚を起こす方です

2019.01.30 
新玉ねぎが美味しい季節になりました
0129夕ご飯1
新玉ねぎのサラダ
新玉ねぎ・胡瓜・ホワイトセロリを切っただけ!
新玉ねぎは、瑞々しいくて柔らかくて仄かに甘い~
血液にもよいし!これからばくばく食べますよー
薄くスライスして‟おかか”を乗せて、ちょこっとお醤油垂らすだけでも美味しいですよね

ストックしてあるトマトソースを使って
0129夕ご飯2
ズッキーニ入りミートソース(モッツァレラ)
モッツァレラの置き方が雑^^;;
年々末端の冷えが酷くなる
料理していてると指先が氷のように冷たくなってきちゃうんですよね~
血行増進の為に生姜と一味をプラスしてあります!

今夜の夕ご飯
0129夕ご飯3

2019.01.29 
今日‟も”雲ひとつない青空が広がる上天気

またまた「ホットケーキミックス」を使って、炊飯器ケーキを炊きました
抹茶ケーキ4
お茶ジャムとMIXベリーのケーキ
ホットケーキミックスと炊飯器があれば、私のような不器用さんでもまず120%失敗しない!
このレシピを発見した人にノーベル賞を贈りたいくらいですわ
とりあえず、誰だか存じあげませんが「藤猫賞」を進呈させて頂きます
(迷惑・・・・・・・)
抹茶ケーキ5
お茶とベリーが相性がいい事は、『伊藤久右衛門』さんの品々で実証済みですので
真似っこさせて頂きました


ガラス窓越しなら、日向ぼっこに最適な一日でしたので
休日の一日、ほかほかケーキを頂きながら、ぼーっとした午後を過ごしました


家の中にいれば日差しのお陰でエアコン無しでよい位に暖かい
でも、朝から強い北風が吹きまくって、その風音が恐いくらいです

雨降ってないから、しっかり窓を閉めていても、なんとな~く小さな埃が侵入してくるようで
嫌になる(--)

一応明後日雪?雨マークがついていますが、切実に降って欲しいです

READ MORE▼

お茶ジャムとMIXベリーのケーキ
が出来るまで~

冷蔵庫の隅っこで、もう直ぐ賞味期限が切れてしまう お茶ジャム
抹茶ケーキ1
と、ちょこちょこ使う 冷凍ミックスベリーを使いました

お茶ジャムには、少しだけ白ワインを入れてのばして
ホットケーキミックスと合わせて炊飯器の中へ
抹茶ケーキ2
ミックスベリーを入れて、炊飯器の「ケーキモード」スイッチオン!!

炊き上がり
抹茶ケーキ3

RETURN▲

2019.01.29 
一応‟街育ち”の私にはモヤっとした終わり方かな?
コック・オー・ヴァン
『草原のコック・オー・ヴァン・高原のカフェ日誌Ⅱ』 柴田よしき・著

『風のベーコンサンド』の続編


前作で、結婚と東京での生活に疲れ百合ケ原高原でカフェを開いた奈穂
百合ケ原高原の街と人々に支えられ馴染み、なんとか2度目の冬を迎える頃となる

リリーフィールドホテルの開業や町おこしの活動もあって
一時は寂れた高原も少しづつ活気づいてきていた
そんなある日、森野大地という若者が高原に現れる
街の外れにある荒野を購入し「ワイナリー」を開くことが夢だという

多少活気づいて来たとはいえ、新たに現れた若者の存在に街も人も色めき立つ
森野大地は、2年程前まで若者を中心に絶大な人気を誇ったロックバンドのメンバーだった
メンバーの音楽性や活動内容と、自身の生き方とのすれ違いからバンドを抜けたが
彼が脱退した後、残されたメンバーに不幸が
根も葉もない噂や中傷に傷つき、祖父母の夢と自分の夢をかなえる為に
「故郷」でもある百合ケ原高原に戻ってきた

同じ東京からの移住組として、大地の事を「友人」として気にかける奈穂
大地の存在が、奈穂と涼介の関係に微妙な変化が訪れて・・・・




結局は大きな波風も立たずにハッピーエンドで終わるんだけど・・・・


なんかなぁ  本のテーマは「田舎バンザイヽ(^。^)ノ」って事なんだろうし
物語的には、面白いと思います

でも、言葉の端端に『都会は疲れる処、時間や物事も何もかも早く過ぎていて
人との関わりも希薄で、傷つけ傷つく場所』
でも『田舎は、人との関係が煩わしい事もあるけど、のんびり暖かく傷ついた心も癒してくれるよ』

・・・・・・私は、都会か田舎か?と問われたら、東京の中心地程ではないけど
地方都市・街育ちなもので
『そんなに東京を都会を悪く言わないでよ!!』って思っちゃいます

物語の中で、「ひよこ農園」の工藤南さんが田舎の悪い所も語ってくれていますが

都会でも田舎でも、いい人もいれば悪い人もいるよ(--)




「百合ケ原高原」 遊びに疲れた心を癒しには訪れたいと思うけど
絶対永住は出来ないわ・・・・・





☆  大地の「郷愁の味」として、鶏肉のワイン煮込み『コック・オー・ヴァン』の話が出てきます
フランスの家庭料理の代表格でもある、『コック・オー・ヴァン』
私も「キチンのトマト煮込み」はよく作るけど、ワイン煮込みは作った事ないなぁ?
次のお休みにでも作ってみたくなりました

2019.01.28