FC2ブログ

Archive2018年10月 3/9

『十三夜』&『十五夜』

今夜は『十五夜・満月』です昼間からですが、今夜は雲一つなく十五夜・満月が綺麗にみえてますよ陽がある内の「空」はそこそこ撮れるような気がするけど月や夜空は難しい・・・・・・遡る事4日前・21日は『十三夜』栗名月とか名月とか言うそうです↑が21日のお月さんですなんとな~く まん丸にはちょっと足りないのが分かるかな^^?十三夜と十五夜 どちらか一方だけを見るのは、『方見月』と言って縁起が悪いそうです☆ もし...

  •  0
  •  -

パンプキンモンブラン by 【セブンイレブン】

なんか今日は、疲労感がはんぱないそんなに頑張ってお仕事したつもりはない(何てことだ!)やっぱり年齢には勝てないのかもしれない・・・・・ついついお仕事帰りに吸い寄せられるように、コンビニに入店! 店内は、ハロウィン一色ですねで、ついついお買い上げ~パンプキンモンブランシーズン毎に、定番の栗以外に紫芋や安納芋等色々なモンブランが登場しますがやっぱりこのシーズンは、カボチャ粉糖がかかって、目に眩しい程に...

  •  0
  •  -

『バロルの晩餐会・ハロウィンと五つの謎々』 夢枕獏

すっかり日本でも定着した感のある ハロウィンです『バロルの晩餐会・ハロウィンと五つの謎々』 夢枕獏・作  天野喜孝・著文章と絵画の”鬼才”なお2人がタックを組んだ「絵本」タックとチーマの兄妹は考古学者の父親の「秘密箱」をこっそり開けてしまった事からはじまるハロウィンの一夜に起こる「なぞなぞ」を巡る冒険譚「くるみ割り人形」や「幸せの青い鳥」を思い起こさせるような物語夢枕氏が描くと、古今東西の神々や幻獣...

  •  0
  •  -

『義経暗殺』 平谷美樹

みんなが大好き!九郎判官!『義経暗殺』 平谷美樹・著奥州藤原氏滅亡とその起因?となった源義経の死の謎をテーマにしたフィクションです物語は、義経の死の場面からはじまします一応史実では、藤原泰衡に攻められ義経は自刃した事になっていますがこの物語の中では、自刃にみせかけ「謀殺」されたと藤原家四代目「御館」藤原泰衡は、口は悪いが『日本一の知恵者』と豪語する文官・清原実俊に義経殺しの犯人捜しを命じる藤原家が...

  •  0
  •  -

大人ちっくなマロンパフェ♪

近所のスーパーでこんなアイスクリームをみつけましたねこのラベルが可愛らしいベルギーチョコレートを使用したモノ(ハーゲンダッツよりちょいお高い価格でした)なかなか濃厚で美味しいアイスクリームだったので、手前味噌ですが、作った「栗の渋皮煮」と合わせて大人ちっくなマロンパフェを作ってみましたスーパーで売ってる‟ラスク”を粗目に砕いて、渋皮煮のシロップと少しのブランデーを浸してその上に栗の渋皮煮、上に猫ちゃ...

  •  0
  •  -