FC2ブログ

Archive2017年01月 1/3

苺ミルク珈琲と河津桜 by 【上島珈琲】

1月なのに この暖かさは異常・・・・何か起こらなければいいけどとちいちゃい人間が気に病んでところで、どーにもならないので【上島珈琲】さんで一休み苺ミルク珈琲フルーツと珈琲って合うんですか?と思いますが以外に美味しい“春の味”ですね~なんて思っていたら、本当にサクラ咲き始めてました早咲きの河津桜ですが、南国や温暖な伊豆でもない、海なし県のさいたまですのに・・・・一応まだ冬ですからね!コート手袋完全防寒...

  •  0
  •  -

『胡蝶殺し』 近藤史恵

『梨園』で起こるサスペンスか?と思ったら違いました『胡蝶殺し』 近藤史恵・著「蘇芳屋」を率いる中堅歌舞伎役者・市川萩太郎は、急逝した中村竜胆の遺児・秋司の後見人を引き受ける自分の息子と同じ年齢の秋司に歌舞伎役者として特に“踊り”の才能に恵まれている事を見抜き先の成長を楽しみにしていた息子・俊介の初舞台に秋司の共演を企画し稽古に励むが初日前日に秋司はおたふく風邪に患い、それが元で右耳の難聴を患い結局、...

  •  0
  •  -

『長いお別れ』 中島京子

表紙イラストが父に似ていたもので・・・・長いお別れ 中島京子・著東昇平は中学の校長を勤め上げ、10年程前から認知症を患っている3人の娘達は結婚や仕事で独立し、今は妻曜子が一人夫の面倒をみる「老老介護」少しづつ記憶が曖昧になり、行動も一人では何も出来なくなっていく認知症の進行を軸に、東昇平・曜子夫婦と3人の娘達の生活の変化とその中で出会う人が出来事が8編の物語を綴った、オムニバス形式の1冊です表紙のイ...

  •  0
  •  -

今更ながらに『鏡開き』

昨日はホントに寒かったですね幸いというべきか?自宅近辺は雪が降らずに済みましたが狭い部屋を見渡してみれば、「鏡餅」がそのままに遅ればせながら 鏡開き缶詰の小豆で お汁粉温かい甘味が味わえると思うと、ますます寒い冬が好きになる~お汁粉美味しいなぁ~ お餅買ってきてまた作ろう...

  •  0
  •  -

チョコレートケーキ3種 by 【ランヴェルセ】

久しぶりに「エキュート大宮」内をぶらついていたら新しい?お店がオープンしてましたプリンとチョコレートケーキのお店【ランヴェルセ】寒くなってくると、フルーツを使ったフレッシュケーキよりもチョコレートやチーズ、カスタードクリームをタップリ使った“濃厚”なデザートが食べたくなりますよね来月はヴァレンタインですしね“味見”も兼ねてお持ち帰りケーク・ショコラチョコレートとタップリ使っているのでしょう非常に“持ち...

  •  0
  •  -