戦時下の少女達の物語です
花や咲く咲く
『花や咲く咲く』 あさのあつこ・著

物語は日本の敗戦色が濃くなってきた昭和18年の夏から始まります
食料やあらゆる物資が不足して『贅沢は敵』と言われていた時代

関西の小さな温泉町・湯藤に住む
三芙美・規子・和美・詠子は幼馴染の仲良し4人組
娘盛りを迎える年頃ですが、お洒落なんて楽しめない
ある時、三芙美の母の知人から美しい布地を手に入れた4人は
こっそりお洒落なブラウスを作り、将来の夢や希望を語り合い
お互いを励まし合い支えあい、厳しい時代でも明るく楽しく過ごしていましたが

昭和19年夏、いよいよ労働力にも事欠くようになり
「学徒勤労令」が発布され、三芙美達4人も家族や友人達と引き離され
それぞれ遠方へ勤労奉仕に向かう事になってしまう
『戦争が終われば、また4人で集まり楽しくお喋りしあう事が出来る』
それを信じて“お国の為”に頑張る三芙美達

そして、昭和20年終戦を迎える


今放映されている、NHK朝の連続ドラマ「べっぴんさん」に近いお話
ですが
こちらの方が全くのフィクションですが、寧ろこちらの方がより「現実」に近い物語かもしれません・・・




戦後70年が経ちました

私にとってこの昭和の第二次世界大戦前後は、遠い遠い昔なのです
言葉が足りませんね
例えば戦国時代 平安時代より“遠い”時代なのです
変な“言い方”ですが
明治時代以前の“話”はあまり遠すぎて、だからでしょう
史実だとしても、遠すぎてリアルな感じかしない
“フィクション”として冷静に、否ある意味では“楽しめて”しまえるのです

でも、昭和の戦中戦後の日本人として“残酷で辛い”時代は
あまりに近すぎて、冷静に見られない
寧ろ意図して避けています
勿論、「戦争を知らない世代」ですが、時代が近すぎる為に恐怖すら覚えてしまうのです


この物語は、あさの氏の創作で実話ではありません
でも、物語の中で“生きる”三芙美達が妙にリアルです
時代は違っても、現代の女子高生となんら変わる事はないんですよね
(当たり前ですよね?)
お洒落が好きで、甘いお菓子も好きで
将来は夢と希望で輝くばかりの女の子なんです

だからこそ、この時代の話には冷静に“物語”として楽しむ事が出来ないのです

物語の結末も、決してハッピーエンドではありません(と思います)



なんか、自分でもよく分からないけど
色々考えていまった一冊です



平和な時代に、のほほんと暮らしている今の自分に感謝しつつ
一歩間違えれば“あの時代”に戻ってしまうような危うさを感じてしまいました
スポンサーサイト

2016.11.29 
寒くなってくると妙に柚子という言葉に惹かれます

という事で、気づくとよく購入している、【船橋屋】さんの
柚子白玉あんみつ1
柚子白玉あんみつ
柚子風味の白餡と求肥 白玉 に塩豌豆
あしらいに南天?の葉が添えられているがいいですね♪

寒天も柚子風味です
白蜜をかけて頂きます!!
柚子白玉あんみつ2
口の中で柚子の爽やかな香りが広がります
柚子好きには堪らない“あんみつ”です
かってなイメージですが、“あんみつ”というと春~夏のお菓子というイメージなのですが
柚子風味というだけで、冬のイメージです

和菓子は洋菓子に比べて断然ヘルシーなので
罪悪感なく頂けるのもまたいいですよね~

因みにこちらは今月いっぱいの季節限定品です
柚子好きさんは急いで!!


柚子大好きです
入浴剤・部屋のディフューザーも今使っているのは、柚子ベース
お茶ストックにも冬場「柚子茶」はレギュラーメンバー入り
お鍋には「柚子ぽん」「柚子胡椒」は欠かせません!
お外でご飯の時も、料理名に「柚子」なんて入っていると8割方オーダーしてしまう


恐るべし 柚子パワー

2016.11.29 
あと少しで12月・・・朝夕は冷え込みますね
出勤前、スタバで一息
スタバシナモンロール
シナモンロールで、甘めのモーニング


『今日は28日で とりの日なのでケンタにしませんか』
“若者”の一声で、今日のランチはフライドチキン
来月はチキンを食べる機会も多いだろうに?と思いつつ「昭和チーム」も久しぶりのフライドチキン
ケンタ
皆で食べる前に写させて貰いました


どのくらいぶりだろう?嬉々として頂きまーす

・・・・1本でもう充分・・・・これ以上食べたら胸焼けする・・・って感じでした
ちょっと前までは、3本4本食べても全然平気だったのにね(--;

これが“歳を取る”ということか・・・・としみじみ


巷には、「肉を食べた方が身体に良い!!」と肉食系お年寄り?もいらっしゃるとか


でも、私はきっとそういう高齢者にはなれないなぁ・・・
11月28日
今日の夕陽は一層目に染みるわ~


明日はベジタリアン的食事にしよう

2016.11.28 
安定の?平安奇譚話
玉兎
『陰陽師 玉兎の巻』  夢枕獏・著

稀代の陰陽師・安倍晴明と天上人・源博雅が語る平安時代の妖話です

本書には9つのお話が収められています
タイトルにあるように「玉兎」=「月」に纏わる不思議な話が中心です
今月の14日はウルトラスーパームーンでしたからね
なんとなくタイムリーです

晴明と博雅の“息がぴったり”合っているのは今更ですが
晴明の好敵手?と言っていい“蘆屋道満”
最初は「なんか“いけ好かない”オヤジだわ・・・・(--)」なんて思っていたのですが
登場する度に、少しづつなんとなく可愛らしく感じはじめていたのです

達観しているようですが、本当は寂しくて
晴明や博雅と“遊んで”欲しくて、ちょっかい出すんでしょうね
本書には、そんな道満の『若かりし頃の恋話」的小品が収められています

・・・・夢枕氏に、晴明や道満の青春真っ盛り?の頃の恋話を書いて欲しいものです
(博雅は、ちょくちょく”片恋”してるんですけどね^^;)




2016.11.27 
侮れない“コンビニスイーツ”2品です

ファミリーマートより 栗の和菓子です
ファミマ栗菓子

まずは、栗もち
栗もち1
まんまを模したお餅です
求肥のような“もちもち”のお餅の中には
クリーミーな栗クリームが入ってます
栗もち2
“洋風なお餅”ですね
仕事中にデスクで内緒で“ぱっく!”といける大きさがいいですね


もうひとつ 栗の和風パフェ
栗パフェ1
栗クリーム・マロンムースに白玉や餡子がトッピング
栗パフェ2
そして中にはなんと!!栗風味の寒天です
これは意外な驚き!!“パフェ”というのでスポンジケーキとクリーム想像していたので
ヘルシーです これなら2個3個食べても大丈夫!!
って思えてしまいますね
(勿論、1個しか食べてないですよ・・・・)
寒天なので、後味すっきり

2016.11.25