FC2ブログ

Archive2016年11月 1/5

『花や咲く咲く』 あさのあつこ

戦時下の少女達の物語です『花や咲く咲く』 あさのあつこ・著物語は日本の敗戦色が濃くなってきた昭和18年の夏から始まります食料やあらゆる物資が不足して『贅沢は敵』と言われていた時代関西の小さな温泉町・湯藤に住む三芙美・規子・和美・詠子は幼馴染の仲良し4人組娘盛りを迎える年頃ですが、お洒落なんて楽しめないある時、三芙美の母の知人から美しい布地を手に入れた4人はこっそりお洒落なブラウスを作り、将来の夢や...

  •  0
  •  -

柚子白玉あんみつ by 【船橋屋】

寒くなってくると妙に柚子という言葉に惹かれますという事で、気づくとよく購入している、【船橋屋】さんの柚子白玉あんみつ柚子風味の白餡と求肥 白玉 に塩豌豆あしらいに南天?の葉が添えられているがいいですね♪寒天も柚子風味です白蜜をかけて頂きます!!口の中で柚子の爽やかな香りが広がります柚子好きには堪らない“あんみつ”ですかってなイメージですが、“あんみつ”というと春~夏のお菓子というイメージなのですが柚子...

  •  0
  •  -

今日は「とりの日」

あと少しで12月・・・朝夕は冷え込みますね出勤前、スタバで一息シナモンロールで、甘めのモーニング『今日は28日で とりの日なのでケンタにしませんか』“若者”の一声で、今日のランチはフライドチキン来月はチキンを食べる機会も多いだろうに?と思いつつ「昭和チーム」も久しぶりのフライドチキン皆で食べる前に写させて貰いましたどのくらいぶりだろう?嬉々として頂きまーす・・・・1本でもう充分・・・・これ以上食べた...

  •  0
  •  -

『陰陽師 玉兎の巻』  夢枕獏

安定の?平安奇譚話『陰陽師 玉兎の巻』  夢枕獏・著稀代の陰陽師・安倍晴明と天上人・源博雅が語る平安時代の妖話です本書には9つのお話が収められていますタイトルにあるように「玉兎」=「月」に纏わる不思議な話が中心です今月の14日はウルトラスーパームーンでしたからねなんとなくタイムリーです晴明と博雅の“息がぴったり”合っているのは今更ですが晴明の好敵手?と言っていい“蘆屋道満”最初は「なんか“いけ好かない”...

  •  2
  •  -

栗菓子2品 by 【ファミリーマート】

侮れない“コンビニスイーツ”2品ですファミリーマートより 栗の和菓子ですまずは、栗もちまんまを模したお餅です求肥のような“もちもち”のお餅の中にはクリーミーな栗クリームが入ってます“洋風なお餅”ですね仕事中にデスクで内緒で“ぱっく!”といける大きさがいいですねもうひとつ 栗の和風パフェ栗クリーム・マロンムースに白玉や餡子がトッピングそして中にはなんと!!栗風味の寒天ですこれは意外な驚き!!“パフェ”というの...

  •  2
  •  -