まだ7月・・・夏はまだ始まったばかりなのに連日の猛暑
連日の「高温注意報」
暑さバテ、生きているのか?死んでいるのか?分からない程ぐでぐでです

こう・・・頭が蕩けてる時は、あまり考えないですむ一冊をと
(ちょっと作者に失礼ですねーー;)
恋する音川家
『恋する音川家』 木下半太・著

横浜に住まう極平凡な家族「音川家」の一年の出来事を綴った物語です

小説家の父・正嗣 専業主婦の母・多香子
大学を卒業したもののニートの長男・慎之介  音大への進学が決まった長女・綾香
そして、一家とはちょっと離れて一人暮らしの祖父(正嗣の父)登

横浜一のロマンチストで七十七歳を過ぎた今でも、高級紳士服を着こなした
元建築家の登は横浜でも有名人 そして音川家の精神的な大黒柱

そんな登が年甲斐もなく?二十二歳の女性に恋をした!!
その恋がせいか?登が認知症?というか心だけ二十二歳の若者に“タイムスリップ!”

そんな登の「病」を切欠に、音川家の面々もそれぞれの「恋」に落ちる
ちょっと鬱陶しく感じ溝が出来はじめていた家族
それぞれが新しい「恋」に夢中になっていきますが
多香子の「病」を機に、改めて家族一人一人がお互いのことを見つめ直していく

ラストは、一応「ハッピーエンド」なのかな?

『家族』って、お互い少しだけ秘密があって
でも、その秘密があるからこそ、強い絆が生まれるのかもしれませんね・・・



大きく分けて4つのエピソードが語られていますが
話は、家族それぞれのモノローグで進められています。
なかなか考えさせられる話もあるのですが、
テンポのいい語り口・文章ですいすい読めてしまいました





スポンサーサイト

2015.07.29 
暑い・・・死にそうに暑い・・・

自他共に認める食いしん坊ですが、流石に食欲も落ちてます・・・
なのに、こんな1冊
リストランテアモーレ
『リストランテ アモーレ』 井上荒野・著

都内目黒近く、偲と杏二、姉弟が営む
10席ほどの小さなイタリアン『リストランテ アモーレ』を舞台にした男女の物語
11編の短編が収められてます

料理も恋愛も器用にこなす弟・杏二と、恋愛に不器用な姉・偲
美味しいイタリアンとイケメンシェフに釣られて、
店を訪れる男女の恋愛模様が語られていきます

杏二が、次から次へ?女性客と「くっついちゃう」
トンでもない“女たらし”だと思うですが、なんか憎めない
ストーカーに悩まされていた常連客・初子ちゃんが助けを求めてくるんですが
事情も聞かずに「よしきた」の一言で助けちゃう

女性達にとっては、はじめは「いい男」だったのが、結局「いい人」になっちゃう杏二くん
杏二くんと“関係”した女性達は、杏二くんから卒業して新しい世界へ飛び立っていく

杏二くんが何のかんの心配していた姉・偲も、アモーレから卒業
気が付けば杏二くんが一人 アモーレに残されていました


一つ一つのお話は、深く読めばなかなかドロドロした恋愛模様なのですが
さらっとした文章とテンポのよさに、爽やかに読める短編集です

物語というか、お洒落な恋愛エッセイのような感じです

各章は『本日のメニュー・1』とサブタイトルとして物語が語れる日の
リストランテアモーレのメニューが添えられています
アンティパストからセコンド・ピアット 
このメニューが美味しそうなのです
そして、ドルチェには物語の主人公が『旅立つ女』のように


なんか・・・・人生に一度くらい、こういうお洒落な恋愛してみたかったかも?
なんて想っちゃいました

一人「リストランテアモーレ」に残されちゃった杏二くん
彼も幸せになれるといいね
(あっ!一人じゃないわ。天狗のお父さんが一緒でした)


目黒は都内でも、『お洒落上級者が集う大人な街』のイメージがあります
リストランテアモーレのようなお店が実在するかもしれません






2015.07.21 
空梅雨か?と思ったら台風が来て
蒸し暑い不快な日々が続きますね

ホントこういう天気は苦手で、シャキッとしなきゃ!と思いつつ
自堕落な日々を過ごしてしまってます・・・・


だらだら日々に読んだ一冊
おそろし屋3
『猫鳴小路のおそろし屋3・江戸城奇譚』 風野真知雄・著
『おそろし屋』シリーズの3作目にして完結偏?
お縁が営む骨董屋「おそろし屋」に持ち込まれる“いわく付き”の品物に纏わる物語
今回は、
「真田幸村の六文銭」「弁慶の下駄」「安倍晴明の式神」の3編と
お縁の子孫・友朗が解く「将門の首壺」の1編です

「おそろし屋」2作目で、ちょっとファンタジーに寄り過ぎというか
息切れ気味のように感じましたが
3作目の本作は、さらにあっさり終わってしまった・・・・残念


お縁の正体?は、14代将軍家茂に寵愛を受けた大奥の“おはした”
(お縁の出自が低い為、正式な側室になれなかったようですね~)
骨董が好きな家茂と共に“ひょんなこと”から
江戸城築城と江戸存続に関わる重大な秘密を知ってしまったが為に
朝廷側からあらぬ疑いをかけられ、大奥を出るに到ったようです

オカルトの要素が強い、ファンタジーものでした・・・

2015.07.18 
じっとり梅雨の雨降りから一転
今日は“真夏日”!!

エアコンを使いはじめてから『何か“効き”がイマイチ?』と思っておりました

振り返れば、この部屋に引越して2年・・・・
フィルターは時々掃除していたけど“中”の方まで掃除してない・・・
中の掃除は大変そう・・・業者に頼もうかなぁ・・・
一人暮らしって、こういう時不便ですよね

本格的に暑くなる前に一念発起ジャーン
DSCF4512.jpg
意外に簡単にお掃除出来ました


お掃除終わった後は、冷房効く!キクー !!

こんなことなら、もっと早くエアコン掃除すればよかった!!


ひとり暮らし2年目(3年目に突入!)にして、ひとつ“賢くなった”夏~

2015.07.10 
7月はいってから、ずーっと
で、今夜は七夕です
tanabata.jpeg
(画像はフリー素材さんから)

気づけば、1日でひとり暮らし丸2年目でした^^;

はじめてのマンション暮らし、最近やっとこの部屋が“我が家”
という感じで馴染んできた感じです


カーッと炎天下は苦手だけど、このじっとりした天気も身体に堪えますわ~
やっぱり、もう歳だわ~

更新サボりがちですが、またまたサボりそうな予感

2015.07.07