時代物・特に江戸時代物は『江戸』が舞台のものを多く読んでいたので
「京言葉」で語られる小説は“はんなり”柔らかい雰囲気が大好きでした

きっとまだまだ続くシリーズだったはずなのに・・・・
本書が“最終巻”になってしまいました
とびきり屋
『利休の茶杓・とびきり屋見立て帖』 山本兼一・著

京の大店「からふね屋」のお嬢様“ゆず”と手代・“真之介”のかけおち夫婦が営む
三条にある道具屋『とびきり屋』が舞台の物語です

ゆずと真之介、若い二人がお互いの愛情と道具(主に茶道具)を見極める力だけを信じ
一から道具屋(今でいう骨董美術商かな?)を、京都一の“お店”にしていく物語
確かな目利きと、誠実な主人夫婦の人柄もあり
ガラクタばかりを扱っていたい『とびきり屋』も、
次第に京の大店・老舗とも取引がはじまるようになる

それと同時に、幕末・日本を動かしていくことになる“志士達”も
『とびきり屋』に出入りするようになります

日本が大きく変換する・明治維新直前の京都の町を
いち町民の目で追った物語です



ご存知のように、作者・山本兼一氏は、昨年2月に永眠されました
『利休にたずねよ』『信長死すべし』など、男性向きの作品が多いと思うのですが
『とびきり屋』シリーズは、京言葉とあいまって女性でも楽しく読める物語です
しっかりしてるけど時に優しすぎる“真之介”をしっかりサポートする“ゆず”が頼もしい
本物の“京女”って、きっと彼女のような人なのだろうなぁ~と想像します

シリーズは、「千両花嫁」「ええもんひとつ」「赤絵そうめん」と本書、4冊が刊行されてます
ゆず真之介がお互いの愛情と同じ位に、道具に向ける愛情が感じられます
道具とは人が使って“情”をかけることで価値があがるもの
骨董美術品として、美術館などの展示され多くの人の目を楽しませてくれますが
『道具』としてはどうなのかな?
お茶席で日常で、活躍してこそ『道具』としては真価を発揮して
より美しく輝くものなのかもしれませんね

私がもっている“道具”は、なんの価値もないものだけど
私の日々の生活には無くてはならないものです、大切に使わせて頂きます
スポンサーサイト

2015.01.30 
朝起きたら、世界は真っ白
yuki.jpg
“初雪”です


今日、お休みでよかった~~~
お掃除さぼって、一日ぬくぬくごろごろしちゃおう


雪の日、「猫はこたつで丸くなる」ものですから

2015.01.30 
ダイエットしなきゃいけないんですけど・・・・
でも、ランニングとかジム通って“せっせと身体を動かすことはイヤ
な駄目人間です・・・基本的に


でも・・・・3日前からマンションのエレベーターが故障していて使えません
こんな事は引っ越してきてから初めて!!
毎日非常階段をエッチラオッチラ昇り降りしているのです
(写真は参考です・・・ウチのマンションではありません)
6946612.jpg
建物内の内階段なので、風や寒さは感じないけど
日頃、階段なんてそうそう使わない生活してるんで
運動不足を実感・・・結構“足腰にくるわ~”

お正月太り解消!の為に、管理会社が強制ダイエットを企てた陰謀か?


先日、「ゆうぱっく」で荷物が届いたのですが
配達員さん(結構年配のおじさん)が、バテてました
5階建ての低層マンションだから、業者さんに後回しにされてるのかな?

明後日には、ネットで購入したお米が届く予定なのですが
それまでに直してくれないかなぁ・・・・宅急便屋さんに申し訳ないです

2015.01.20 
『頑是無い子供ですが、
きっとしっかり働きますので、可愛がってやってくださいまし』

本来の日本人はどんな小さい“物”にでも、神様を感じられる
感性豊かな優しい人なのだと思いたい

人気作家さんの、これまた人気シリーズの三作目です
泣き
『泣き童子・三島屋変調百物語・参之続』 宮部みゆき・著
神田三島町にある袋物問屋「三島屋」主人・伊兵衛の姪“おちか”
悲しい経験をして心を閉ざしてしまった“おちか”の再生の為にはじめた
三島屋・黒白の間で語られる「百物語」のお話です

3作目は、“ぞっとする話”
心がふっと“温かくなる話”と混在してます

6篇のお話の中で、「小雪舞う日の怪談語り」の中で
“おちか”が体験する、ちょっと不思議な出来事が一番心に残りました
例えがあっているか分かりませんが
「鰯の頭も信心から」?
昔話の「かさ地蔵」を連想させるような、心がぽっと温かくなる話です

「まぐる笛」は色々な意味で象徴的なお話だったように感じます
自然破壊とか、
妬みや嫉み、人間がどうしても抱いてしまう暗い感情
マニアックな話ですが、未確認生物UMAの正体は「まぐる」なのかもしれません


これからも、三島屋で語られる不思議な話を“聞いて”いきたい
“おちか”の再生(恋の予感もするし)『肆之続』が待たれます

2015.01.19 
先日お邪魔した 【Torikoi Bagel】“実食編”です

まずは、『お食事ベーグル』にぴったり
ペッパーチーズ(名称は違うかも?)
チーズ1
プレーンベーグルの上にチーズと黒胡椒がタップリ乗ってます
チーズ2
朝食に、これ一つとコーヒーで満腹になる、ボリュームベーグルです


胡麻大納言
ごま1
黒胡麻がタップリ、トッピングされてます
ごま2
餡子系の甘い味を想像していたのですが、
大納言そのものの味、甘くないのです
お食事用・おやつ用どちらでも美味しそう
ゴボウサラダとかレンコンとか、根菜系サラダをサンドしたら美味しそう


クリームチーズが入った2品
クリームチーズクランベリー
クランベリー1
クランベリー2
クリームチーズレーズン
レーズン
レーズン2
クリームチーズとドライフルーツのコンビは最早“テッパン”
美味しいに決まっております

ラストは、珈琲党のわたくしが一番お気に入りになった品です
キャラメルコーヒー
コーヒー1
コーヒー風味の生地にキャラメルクリームが入ってます
トースターで焼き戻すと、キャラメルがとろ~っとして
ほんのりコーヒーのベーグル本体と甘いキャラメルが絶妙!!
コーヒー2


ベーグルはお店によって“食感”が随分違いますが
こちらのベーグルは、どちらかというと柔らかめかもしれません
ハード系のパンが苦手な私としては、嬉しい限り
そのまま、食べても優しくて美味しいです
トースターで“焼き戻す”と、外側はカリッと中のもっちり感が際立って
一層美味しく感じました


自宅から、そう遠くなですし、またお散歩しながら伺いたいと思います


場所忘れないうちに行かなきゃ^^;

2015.01.19