今年のお正月、NHKで放映されたドラマの原作本です
ほうさら
『桜ほうさら』 宮部みゆき・著

上総国搗根藩士の次男「古橋笙之介」は父の汚名を雪ぐため
江戸留守居役「坂崎重秀」の手配により江戸に出てくる
江戸・勘富長屋に住まい、貸本屋・村田屋の写本を請け負う仕事で生計を立てつつ
長屋や身の回りで起こる“謎”を解いていきます
その謎の一つ一つに、父の横死の謎と
搗根藩に渦巻くお家騒動のからくりが絡んでいました

笙之介の頼もしい助っ人として登場する「和香」との淡い恋模様も

人気女流作家・宮部みゆきさんらしい、時代物&人情物です
流血の場面も多少出てきますが、女性らしい柔らかな文章で
読後は、ほんわか温かい気持ちになる一冊です

本書は4編の中篇が収録されてます
ドラマでは“悪役”で終わっちゃった感?がある、留守居役「坂崎重秀」ですが
原作では、なかなか素敵な役柄です(決して悪役ではないです^^)
“ちょい役”で終わってしまった「村田屋治兵衛」も
彼には深い深い過去が語られる話「拐かし」

4編の物語の“鍵”はいずれも、『手跡』
書く文字によって、その人となりがわかる
物語中、笙之介と和香が『手跡』について語らう場面があります
~字は笑うし、怒るし、すまし顔もする~
~手跡の違いによって、気持ちの通じ方が変わる~

最近、“字を書く”ことって激減しましたが
上手な字を書くことは出来ないけど・・・
人を和ませることが出来るような文字を書けるようになりたいなぁ
なんて・・・思った次第です^^;


笙之介と和香のその後の展開が気になる作品ではありますが
・・・・本作のラストで、色々あって笙之介は名前を変えて生きていくことになります


続編はラストの様子から難しいと思いますが
和香と「幽霊さん」のその後の話を読みたいな


因みに『桜ほうさら』とは
甲州・韮崎地方の言葉 『ささらほうさら』が元の言葉で
“いろいろなことがあって大変だ、大騒ぎだ”という意味だそうです
スポンサーサイト

2014.06.28 
鬱陶しいお天気が続きますが
お気に入りの【Pâtisserie TAKEMOTO】さんには
を求めに、せっせとお邪魔してます



今回もを“大人買い”すべく伺ったら、素晴らしい新商品が登場してましたよ
fan が泣いて大喜びした一品です
クロワッサン1
クロワッサン・パティシエール
【パティシエ特製のクロワッサン】
“ただ”でさえ絶品の【Pâtisserie TAKEMOTO】のクロワッサンに
ミルクとバニラの香りが広がる濃厚なカスタードクリームがサンドされてます
クロワッサン2
冷蔵庫でひんや~~り冷やして
さっくとしたクロワッサンと滑らかなクリームのハーモニー
幸せ~な気持ちにさせてくれる至福の一品

クロワッサン・パティシエールのお陰で
苦手な夏も乗り越えられそうです


そして、人気の定番焼き菓子となったこちらに“夏味登場”
レモン1
クーロンヌ・レモン
こちらも、冷蔵庫でよ~~く冷やして頂きました
しっとりした生地にレモン風味のチョコレートがコーティングされてます
レモン2
口の中に爽やかなレモンの香りが広がります
クーロンヌは日持ちもするし、夏の御遣い物にもお役立ちです
(でも、まずは自分自身にプレゼントしちゃうけど^^;)


お邪魔する度に、素敵な新作が登場するお店です
次回はどんな“出会い”があるかな?楽しみです

2014.06.24 
人気シリーズ『しゃばけ』の最新刊です(今更ですが)
たぶんねこ
『たぶんねこ』 畠中恵・著

病弱な長崎屋の若だんな“一太郎”が奇跡的(?)に二ヶ月寝込むことなく過ごした日
一太郎を芯から丈夫な身体にする為に
長崎屋の手代=“仁吉と佐吉”が一太郎に【5つの約束】を守って欲しいとお願いします
その【5つの約束】に纏わるお話です

変わらず読後、心が“ほっ”温かくなる話が綴られてます

4話目『みどりのたま』は、「兄や」の一人“仁吉”が主人公のお話です
冷静でなんでも完璧にこなしてしまう“仁吉”が「記憶喪失」になってしまいます
自分の名前すら忘れてしまったのに“若だんな”のことは忘れずにいるのが
やっぱり“仁吉”らしいなぁ~という話


病弱“一太郎”も大店・長崎屋の跡取りとして“デヴュー”しました
お年頃ですし、【嫁取り】の話もちらほら出てきました
次刊辺りで“嫁候補”も出てくるのかなぁ~?なんて思います

一太郎のお嫁さんは、人間?それとも妖?どちらでしょうね?
大甘の両親=藤兵衛・たえは一太郎が選んだ娘なら文句なく大喜びで迎えそうですが
“兄や”2人のチェックのが厳しそうですね~^^;


これからの展開が楽しみです


本書の一話目『跡取り三人』では、
著者のもう一つの人気シリーズ『まんまこと』の登場人物が出てきます
(ネタバレ?になっちゃいそうなので、秘密(^n^))
『まんまこと』シリーズにも“長崎屋”のことが触れられていたりますからね
いつか“一太郎”と“麻之助”が一緒に江戸の起こる怪事件?を解決する!!
なんて物語が出来るかもしれませんね~

2014.06.24 
素敵なラグジュアリーホテルを見つけました
是非、機会があれば滞在したいと思います
ホテルモーリス
『ホテル・モーリス』 森晶麿・著
乳房のような半島の先端にある、高級リゾートホテル『HOTEL MAURICE』
世界中のホテルを巡った、若きオーナー“星野ボレロ”が己の理想の基に
最高のホテルとして作ったのが『HOTEL MAURICE』

過っては、有名人が多数宿泊した高級ホテルも、オーナー“星野ボレロ”が自殺してからは
東のやくざ「鳥獣会」が“お得意様”になり、凋落の一途を辿る

そんな『ホテル・モーリス』で再び「鳥獣会」の大宴会が開かれることに
やくざの大宴会とホテルの経営状況調査の為に遣わされてたのが
若き新支配人“美木准”
前オーナー星野ボレロの美しき未亡人にして現オーナーの“るり子”
ホテルのスタッフは、お客様同様に一癖も二癖もある“怪しい?面々”

支配人・准は無事、鳥獣会の宴会を乗り越えることが出来るのか?


ストーリー的には、浅田次郎氏の著者『プリズン・ホテル』と
三谷幸喜氏の『有頂天ホテル』に似てます・・・・
ラストにちょっと“ほろっ”とするというか“えっ!!”というどんでん返しがあったりますが


ラグジュアリーホテル好きさんに結構お勧めです
【高級ホテルに宿泊することの意義とは】
【ホテルのサービス&ホスピタリティーとは】
なんていう、ホテル好きさんには欠かせないテーマに対する“謹言”が散りばめられます

ちょこっと気になった言葉を抜粋
「ホテルは呼吸しているのです。いいおもてなしを受けたゲストが
宿泊する前よりいい状態でホテルを出る。そして、その方が再びやってくる。
良質はホテルとは、良質なゲストと共に育んでいかなくてはなりません。」
とか
「おもてなしはゲストの言いなりになるマシンとは違う。
ゲストをしぜんと徳の高い存在へ押し上げるにはどうするべきか、それを考えなきゃな」

所謂『高級ホテル』に宿泊したことがある人や
ホテル業界でお仕事されてる方は、心底理解出来る言葉が出てきます



本書の冒頭には
『それは、乳房のような半島の先端にある高級リゾートホテル。
訪れる者の心の闇によりそう「小さなグランド」は、
いつか再び最高の楽園となる日を夢見て、
紳士淑女の到来を待っている。』



レディバード=チーフコンシェルジュ日野氏の“超絶バリトン”の
『お帰りなさいませ、お客様』の出迎えと
料理長・樋渡氏の“ウサギ肉”を味わいに
『ホテル・モーリス』に滞在したいな


『ホテル・モーリス』の“常客“としては
傷心の支配人とホテルの今後の“成長”が気になる
シリーズ化を希望したい作品です



ぁあ~~~もう、ホントに“ホテルに帰りたく”なっちゃった!!


物語の中で、『グランド・ホテル』『ベニスに死す』『フォールームス』『ホテル・ルワンダ』など
ホテルが関係する名画も登場して
映画好きさんにも、楽しめる一冊ではないかと思います

2014.06.22 
梅雨特有?のじめ~っとした夏日が続いてますね

こういう日は 冷たくてのどごしのよい物を食べたくなりますね~
そう・・・例えるなら『井川屋』の寒天のような~

JR大宮駅構内・エキュートにお店があるのは以前から知っていましたが
初めてお持ち帰りしてきました

【和吉】のあんずあんみつ&梅あんみつ
和吉1
一つづつ“巾着袋”に入れてくれます
(ちょっとした“お遣い物”にも便利かもしれませんね)
和吉2
“あんみつ専門店”なだけに、沢山のあんみつがある中
あんずあんみつ季節限定・梅あんみつ
あんみつにつける“蜜”が5種類程の中から選ぶことが出来ます
あんずあんみつには、白蜜
季節限定・梅あんみつには、ほうじ茶蜜を選びました

まずは、あんずあんみつ
和吉3
干し杏の蜜煮が5つも入ってる求肥に栗 あんこは“粒餡”です

甘味屋さん風?に、朱塗りのお椀に入れてみました
和吉4
寒天に“癖”がなくて美味しい赤えんどう豆もふっくらしていて美味
甘酸っぱい“杏”が花を添える、すっきりしたあんみつです
(あんずあんみつには、「杏シロップ」がついてます)


そして、お次は季節限定・梅あんみつ
和吉5
大粒の梅の蜜煮が3つに、求肥にあんこは“晒し餡”です
和吉7
こちらは涼しげに“ガラスのコップ”に入れてみました
和吉6
さっぱりした“梅シロップ”とほうじ茶蜜の香ばしさが爽やか~
つるん♪した寒天ののど越しが堪らない!!

なにより、ローカロリーな寒天の甘味は安心して食べられるのが嬉しいです

【和吉】さんは、定番シリーズの他に
季節ごとに期間限定品を出しているので“豆”にチェックしておくといいですよ

もう一つの季節限定品“柑橘あんみつ”も美味しそうでした
また、お持ち帰りしたいと思います

2014.06.20