FC2ブログ

Archive2014年05月 1/3

『at Home』 本多孝好

blogで仲良くさせて頂いている方がお勧めされていて、読みました『家族』ってなんだろう・・・・自分自身のことと重ね合わせて、号泣した一冊です『at Home』 本多孝好・著 一般的な『家族』とはちょっとだけ“普通とは違う”家族の物語・4編が収録されてますat home・・・温かいイメージの言葉ですよね本のタイトルにもなってる、最初の物語『at Home』ラストは号泣でした(信成くん並に)『家族』って、血...

  •  2
  •  -

『紫式部の欲望』 酒井順子

週末に向けて、ぐんぐん気温が上がり関東は梅雨にすら入ってないというのに“真夏日”が予想されてますこんな日は、コーヒーやお茶をお供に快適な部屋で読書タイムが至福のひと時かと『紫式部の欲望』 酒井順子・著世界最古の小説・『源氏物語』を“あの”酒井順子氏が解読&解説したエッセイ本ですこの一冊も、酒井氏のするどい観察眼(突っ込み?)が冴え渡り古典文学の『源氏』が面白可笑しく読むことが出来ます『源氏物語』は紫式...

  •  0
  •  -

『食べる前のうるる酢・ ビューティー 』

“冬のつけ”が未だに支払いが終わらず・・・それどころか、利息さえついてきそうなこの頃です(この件については、自己破産とか法的手続きが出来ないのが一層辛い・・・)というわけで、モラタメさんでコチラをお取り寄せ『食べる前のうるる酢・ ビューティー 』あの「エリカ様」がCMしてらっしゃる商品“エリカ様のようになりた~い”なんて大それたことは、考えておりません兎も角も“冬のつけ”をどーにかしたい一心のみで、藁にも縋...

  •  0
  •  -

『三途の川で落としもの』 西條奈加

読者層として、小学生高学年から中学生を対象にしているのかもしれませんが“いい歳”をした大人が読んでも色々思いめぐった一冊です『三途の川で落としもの』 西條奈加・著小学六年生の“叶人・かなと”が主人公事故?により、『彼の世と此の世の間にある三途の川』で死者の魂を彼岸に送る“渡し守”をする十蔵と虎之助の手伝いをすることになった叶人人間とは如何に業に縛られているものかと・・・・私的に・・・両親を亡くしているの...

  •  0
  •  -

『マウントレーニア』ダブルシリーズ

自他共に認める コーヒー党最近は、自宅では“レギュラー”のみ、インスタントは一切飲みません市販の缶コーヒーは正直不味くて甘みが強くて飲めません・・・・が、今回モラタメさんで取り寄せたコチラは別マウントレーニアDOUBLE ・エスプレッソ&シンプルラテ エスプレッソの方は、コーヒーの味も香りもちゃんと残っいて、ほんのりした甘みが加わっているだけ シンプルラテは、ホント!に無糖ですっきり飲めます『缶コーヒーは...

  •  0
  •  -