FC2ブログ
台風一過の関東。昨夜からもの凄く”涼しく”なりましたね
薄曇でしたけど、湿度も然程高くなく秋口?のような清々しい一日

明日からまた徐々に気温上ってくようですけどね~^^A

そんな涼しい今日は、【土用丑の日】うなぎの日ですね

きっと今日 鰻の蒲焼を食べた・食べるお家が多いと思います
近所のスーパーもだらけでした

えっと・・・・我が家は皆”うなぎ”が今ひとつ苦手・・・なので今日も普通のご飯です^^;

うなぎ嫌いの我が家でも、今年は登場しました
1
うなぎです!!
スーパーの中にあるパン屋さんで、うなぎパン売ってました
上から見るとこう↓
2
チョココロネのうなぎバージョンです
ちゃんとヒレも付いていて、なかなか芸が細かいでしょ

コロネの中には、カスタードとホイップクリーム とっても甘い”うなぎ”でした
(これでも、一応”国産”うなぎですよね!)


こちらは”とぐろ巻き?”バージョンですが、でろ~んと伸びた長い”うなぎパン”や
蒲焼に似せたデニッシュもありましたよ

パン屋さんも色々知恵絞りますね^^;;




2011.07.21 
最近”なるべく”甘いモノはセーブしてます・・・^^;;

でも、こちら↓を読んだら、無性に美味しいお菓子を食べたくなっちゃいました
hon_20110717232557.jpg
『ショコラティエの勲章』 上田早夕里・著

京都の老舗和菓子屋「福桜堂」神戸支店の売り子・絢部あかりが本書の主人公
ちょっとした事件から、「福桜堂」に2軒隣の人気チョコレート専門店「ショコラ・ド・ルイ」の
ショコラティエ・長峰シェフと知り合いになります

あかりの周りで起こる、世間を騒がせるような事件ではない、身近に起こるちょっとしたミステリーの
『謎解きミステリー』です

本書には6編の短編が収録されていますが
第三話『月人壮士(つきひとおとこ)』と第六話『ショコラティエの勲章』がお勧め

『月人壮士(つきひとおとこ)』は”菓子職人”としての矜持と経営者と矜持が書かれてます
和菓子職人・洋菓子職人(パティシエ・ショコラティエ)としての誇りや拘り
職人の作る菓子を商品として、消費者に受け入れられる為の厳しさ
「事件」を通して、『経営』することの厳しさやちょっとした苦悩も書かれてます

『ショコラティエの勲章』 菓子職人の誇りがギューっとつまった作品です
終盤の長峰シェフの言葉
「私の仕事は名誉なんてものとは無縁です。ひたすら美味しいお菓子を作りつづけ、
 お客様に喜んでもらい~(中略)
 今最高のお菓子が作れたら、私は、それだけでいいんです」
6話全てのベースであり、ショコラティエとして誇りですね!!
最終話には、ブログの話も出てきているので、ブログ開設者の一人として甘いお菓子を愛する一人として
興味深い物語でした


そして、甘~いお菓子好きには堪らないのは、各話毎に
長峰シェフが作るショコラやケーキ、美味しそうな和菓子・洋菓子が登場してます
特に最終話に出てくる、長峰シェフ特製のクリスマスケーキの美味しそうなこと!!
読んでいるだけで、涎が~~  辛抱堪らないです(>_<)


美味し~~~いお菓子が食べたくなる1冊です

2011.07.20 
ついに!全巻”大人買い”して 一気読みしちゃいました

この春一番夢中になって観たドラマの原作です
hon2_20110717232557.jpg
『JIN-仁-』 村上もとか著

そう!先頃最終回を迎えた ドラマ『JIN-仁-』 の原作漫画です

ストーリーは今更ですよね?
江戸時代にタイムスリップしてしまった 脳外科医・南方仁の苦悩?の人生です
1作目の放映時から、人物関係・ストーリー展開など原作との違い話題になっていましたし
特に今期『最終章』を放映されてからの、ラストの相違

人によって『原作の方が良い・好き』 『ドラマの方が良い・好き』分かれると思います

ドラマの方が良かったなぁ~っと 特にラスト

余り内容を詳しく書くのも今更なので・・・

ドラマの方では、大沢・南方仁は最後の最後まで
『歴史に介入していいのか?』ずーっと苦悩し続けていましたよね?
綾瀬・橘咲との関係についても、もどかしい位に

でも原作では、結構早めに江戸時代に順応して『この時代で生きてく!』って決心しちゃったり
橘咲にも、早めにプロポーズしちゃいます^^;
(因みに仁先生と咲ちゃんの年齢差は20歳!!咲ちゃんOK プロポーズ成功!)

ラストですが、ドラマと原作 決定的に違います!

私的にはドラマのラストの方が良かったです
ご覧になった方には言わずもがなですけど、ドラマの中で言われていた
『歴史の修正力』の為に、とっても切ない終わり方だったと思うのです

最終回”えっ!咲ちゃん可哀そう~(;_;)”と思いながら観ていたのですが

ドラマの終盤に出てきた昔の写真『安寿を抱いた咲の笑顔』と仁に充てた手紙
に全てが”救われた”ような気がします


ドラマは”時間に制約”がある為、原作の中で語られるサイドストーリー的な事や
(結構重要な話もあったりします)
江戸時代の風俗 特に庶民の生活や、身分制度による矛盾など細やかに書かれている部分が
多々”割愛”されているので、興味のある人は原作読むと面白いと思います

2011.07.18 
『暑いですね~~』
言葉にすれば、する程暑さが募るような(--A

今日も”病院通い” 帰り道余りの暑さに『ちょっと冷たいモノ~~』と思うものの
3連休の中日(バーゲンも佳境です) 観光地でもないけどお手頃なカフェは何処もいっぱい

”そーいえば、ココにカフェがあったような~・・?”
と向かった先は『区役所』 

日曜日なので区役所は勿論お休み、でも同じ建物内にあるカフェはやってました
1_20110717184426.jpg
【PLAZARAKUTEN Cafe】
さいたま市北区役所・プラザノース内にあるカフェです
カフェというよりは、ジューサーバー?規模の小さいカフェですけどね

でも、狙いは当たっていて”空いてる~~” ちょっとひと息付くには丁度よい

日曜日だし!バニラサンデー
2_20110717184426.jpg
チープなサンデーですが、バニラアイスとソフトクリームフローズンベリーが乗ってます
3_20110717184426.jpg
シャリシャリのフローズンベリーが 一時暑さを忘れさせてくれます

フルーツソースは、ストロベリー・ブルーベリー・キウイから選べます
(因みにストロベリーソースです)


区役所内なので、エアコンの温度設定は高め  でも、とっても静かです

2011.07.17 
連日”うだるような”暑さが続きますね
夕方一雨降って欲しいくらいなのに、ここ数日はその気配もありません

節電を心がけなければ!と、なるたけエアコンは使わないようにしつつも
ついつい・・・・(でも28℃は厳守!!)

”通り道”にあるカフェが、【砂漠のオアシス】に見える毎日です
1_20110713190715.jpg
プレミアムフローズン抹茶クリーム小豆
by 【EXCELSIOR CAFFE】

”甘さ控えめ”との事ですが、結構甘いです!なにせ”練乳”が入ってますから

でも、今はこの”甘さ”が嬉しかったりします♪


関東はデパートやカフェ、あらゆる所で節電の為、照明が一部落とされていたり
店内の温度もちょっと高めに設定してあるようです

冷たいドリンクの売り上げも伸びるかな?
そういう事でも少しづつ経済が活性化していったらいいのかもしれませんね

2011.07.15