FC2ブログ

雪麿Lounge-ラスト
やっぱり琵琶湖は一筋縄ではいきません・・・帰る日になって、ちょっとだけ蒼い姿を見せてくれました

本館・ライブラリーから観る景色
雪麿Lounge-ラスト
雪麿Lounge-ラスト
今回も食べてばっかりですけどmogumogu*ライブラリーでお茶タイム

前回宿泊(11月)から、お昼のメニュー(連泊者限定ですが)が充実してました
ホテルと言えば【アフタヌーン・ティーティータイム ありました

【アフタヌーン イン ロテル】
可愛らしくまとまった、和洋折衷風のアフタヌーンセットです

『前菜』に、菜の花の生ハム添え  ワカサギのマリネ  カラスミ大根
『スイーツ』 マカロン  カスタードパイ フルーツ
雪麿Lounge-アフタヌーン
オープンサンドに、厚切りベーコン  卵とアスパラ 
カップの中は、明太子と烏賊のパスタです



雪麿Lounge-アフタヌーン
お茶には、『柚子茶』柚子

雪麿Lounge-ラスト
外に目を向ければ、日本一の湖


お茶の香りと共に、ゆるゆる気持ちがとけていきます雪麿Lounge-アフタヌーン











今回は、2泊3日と”私”にしたら、短い休暇でしたけど

充実感は120%でした(´v`)  本当はね・・・・もうちょっとゆっくりしたいなぁ??って思えるホテルです



次はね音譜 真っ青な空と湖と 満月と降るような星空と お猿や鹿 ウサギにも会いたいです

何事にも縛られない、静かな時間そして、勿論 美味しいご飯mogumogu* と 温かい笑顔のサービスと

もう少しのんびり過ごしにこようと思います(^ω^)

2010.04.25 


雪麿Lounge-朝ご飯

3日目の朝になって、やっと晴れてきた琵琶湖です


自然の中にいるせいか?朝もすっきり起きられます


モーニングティーティーカップなんてしちゃったり(´v`)



朝食は 【ル・ペイザージュ】


『おはようございます。雪麿さま^^』

スタッフの方々が笑顔で迎えてくれます

雪麿Lounge-朝ご飯
【お目覚めの一杯】 野菜ジュース

胡瓜とリンゴベースでしょうか? 見た目に反して飲みやすい美味しいジュースです。

今朝は 【和朝食】をお願いしました。
雪麿Lounge-朝ご飯
久しぶりに頂く、純和風な朝ご飯nipa*

琵琶湖産鮎の一夜干し 頭からバリバリ食べられちゃうのです
出汁巻き玉子・切干大根や高野豆腐の煮付け・琵琶湖地元のお豆腐・お漬物

そして、大きいお椀(普通なら、おうどん・お蕎麦が入ってそうな大きさ)の
お野菜たっぷりのお味噌汁味噌汁
雪麿Lounge-朝ご飯
丸餅入りお味噌汁
大根・人参など具沢山のお味噌汁の中には、丸餅omochi*入りです
身体は温まるし、お腹もいっぱいmogumogu*

食後には、フルーツ と ハーブティー(ミントベース)を頂きました
雪麿Lounge-朝ご飯

1泊で帰られる方が多いそうですが、ここは是非2泊以上してのんびりして欲しいホテルです

何よりは、のんびりした環境と、美味しいお食事の数々を是非堪能して頂きたい!!

ディナーは、【田崎氏オリジナル】と【グランシェフオリジナル】
朝食は、和洋2食、堪能して欲しいですから(^ω^)


今回は24時間ステイ。午後のチェックアウトまで、まだまだ時間があります
の??んびりしますよ音譜


2010.04.24 

(^ω^)シェフ・オリジナル ディナー 後半戦です!
雪麿Lounge-グランシェフ
【甲殻類のお料理】


活オマール海老のボイル

     アメリケーヌソースロブスター


やっほーラブラブ 大好物のオマール登場きゃはっ


オープンキッチンなので、シェフが”ザクザク”と

オマールをおろす音が聞えます

(オマールには気の毒な限りですが)


王道・アメリケーヌソースと、濃厚な海老の風味が堪らない
雪麿Lounge-グランシェフ
【口直し】


しじみの一口スープシジミ


デミタスカップでの登場は

琵琶湖のしじみのスープ


しじみのお出汁だけのシンプルなスー

”白いご飯”が欲しくなる??音譜



雪麿Lounge-グランシェフ
【メイン】


仔羊のロースト 無花果のソースおひつじ座


綺麗なロゼ色でしょう(´v`)まったく癖がなくて、柔らかい

甘めの無花果のソースとの相性抜群!



添えられているのは”枇杷”です

(琵琶湖だけにnipa*




雪麿Lounge-グランシェフ

【〆の一品】


伊吹蕎麦


蕎麦とお出汁の香りがいい?音譜


レストラン・本館の館内はスリッパです

だから?なのか、お部屋に居るようなリラックスして

お食事が楽しめます
雪麿Lounge-グランシェフ
【デザート】


プチシュー・マカロン・フルーツの盛り合わせ


どれから食べるか迷いますね(´v`)
雪麿Lounge-グランシェフ

最後は、エスプレッソ


今夜は、最初から最後まで大好物ばかりで満足&満腹

幸せな一時でした


ご馳走様でしたmogumogu*
雪麿Lounge-グランシェフ

実は、最後は

『デザートかフロマージュ』どちらかの選択だったのです


が、欲張りさんは、『両方食べたいです!』とお願い

フロマージュは、”ルームサービス”で


カマンベール・フレッシュ・スモークの3点盛でした

(ライムのカクテルまで付けてくれましたpo*
雪麿Lounge-グランシェフ

お風呂に入って、夜の琵琶湖を眺めながら


休暇最後の夜を過ごしました(^ω^)

2010.04.23 


雪麿Lounge-グランシェフ2日目のディナーですナイフとフォーク


本日は、グランシェフ・林氏のオリジナルメニューです


席に置かれたメニュー表を見ると、今夜は大好物ばかりですpo*
雪麿Lounge-グランシェフ

本日の食前酒代わりの一杯は


【ミルティーユ】カクテルブルーベリー


地元で採れる”アスベリー”(ブルーベリーの一種)

を使った、ノンアルコール

こちらも、氷の中に桜桜がはいってました
雪麿Lounge-グランシェフ

【アミューズ】


帆立のマリネのカクテル帆立


身の厚い 甘い帆立

ヒモの部分は素揚げにしてあります


ぷりぷり&カリカリ音譜 2種類の食感が楽しめます
雪麿Lounge-グランシェフ

【前菜 1】


鹿肉のワイン煮込鹿ワイン


お箸でほろほろ崩れる程

柔らか?く煮込まれてます(´v`)


前菜では勿体無い、メインでも納得な一皿でした


(因みに本来は、近江牛の煮込みだそうです)

雪麿Lounge-グランシェフ


【パン工房Tim のパン】


ミルクと胡桃のプチパン

お代わりに、桜のバケット 頂きました
雪麿Lounge-グランシェフ

【前菜 2】


地元野菜のサラダ仕立て菜の花椎茸かぶ


地元で採れた、菜花・椎茸・さつま芋・蕪などなど

シェリービネガーで、さっぱりとラブラブ


お野菜本来の旨味や甘味が味わえました






アミューズから、大好物のオンパレードnipa* 後編もほくほくラブラブ至福のディナータイムが続きます(´v`)


2010.04.22 

お天気が不安定、日が差したと思ったら雨が降る。『キツネの嫁入り』狐お面


午後もサイクリングと思いましたが、敷地内のお散歩で過ごすことに  又何かと巡り会うかもしれないしね。

雪麿Lounge-ラク
敷地の前庭には、2色の芝桜芝桜が植えられてます

雪麿Lounge-ラク


その前庭から、ホテルを
雪麿Lounge-ラク
ホテルの”シンボル・ツリー”の辛夷の木 真っ白い花が満開です

毎日、専属の庭師さんが手入れされている芝生が綺麗です音譜

敷地内には、テニスコートが4面
雪麿Lounge-ラク
そしてプライベートプールも

琵琶湖で釣り や 湖畔をジョキング
アウトドア派にも、色々楽しめる場所ですねnipa*


そして、【ル・ペイザージュ】の屋根の上には、チャペルの鐘ベル
雪麿Lounge-ラク
琵琶湖ビューのホテル全館貸切で、結婚式結婚。ラブラブ
披露宴のお料理は、グラン・シェフ林が作る、ソムリエ田崎氏のオリジナル
なんて、ロマンチックで美味しい披露宴でしょう??po*

誰か招待してください!

そして、やっぱりお散歩の〆はこの風景ですね
雪麿Lounge-ラク
の??んびり・の??んびり、敷地内のうろうろしているのに、他のゲストと会わないのです
(この日の宿泊も、私の他3組程だったようです)

本当に静か・・・・琵琶湖を独り占めしている気分です。

雪麿Lounge-ラク
琵琶湖を眺めながら”ほけ??”としてたら

『雨降ってきそうですよ?』
と藤田嬢が、態々カサとタオルを届けてくれました

何処で見ていてくれたのか、恐れ入るばかりです

こういうさり気無い、心遣いがとても嬉しい(^ω^)


琵琶湖の自然と共に、人の温もりも感じられます


ホテルの語源は、ホスピタリティだそうで

本当にいいホテルとスタッフに巡り会えました
ホテル好きとしては、こういうホテル巡り会った時が、一番嬉しい


ロテル・デュ・ラク=湖のホテル の意ですけど

私にとっては、ラク=楽しいの”楽”です


なんて事をニヤニヤしながら考えてたら、そろそろ夕ご飯のお時間ですmogumogu*

2010.04.20