頑張ってくれた「ママチャリ1号」をお返しして、ディナータイムまでのんびり過ごします。
雪麿Lounge-ロフト



”運動後の、お茶タイムは欠かせない!”


持参のマフィンと紅茶を入れて、ロフトで一息(^ω^)

雪麿Lounge-ラク
私が今回宿泊させて貰った『ヴィラ・スイート』のコテージですが
客室として使われているのは、6棟のみ
でも、実は敷地内には全部で12棟程のコテージがあります。
これから客室を増やしていく為に”新しく建設&内装工事中?”と思ったら
NTTの保養所時代のものが”そのまま残されているだけ”だそうでうす。


(これから先、どうなるか分りませんが)
『宿泊して下さる全てのお客様に満足して頂くサービスをする為には、現状の13組が限界』だそうです。

豪華なインテリアとか、ラグジュアリーホテルのような
至れりつくせりのサービスがある訳ではありません。

寧ろ”無い”事の方がずーっと多いけど。
それ感じさせない程の沢山の魅力あるホテルだと思いました。

何よりは、スタッフの皆さんが素敵(別にヨイショしてる訳じゃないですよ)
楽しい事があったら、一緒に笑ってくれて
ビックリするような事があったら、一緒に驚いてくれるような?
初めての宿泊なのに、”素”で接していられました
(アラフォーさんの素太さかもしれませんが^^;;)

エステが付いて、豪華な食事ついてなんてプランも勿論好きだけど
何もないから、自分で本当に好きなように時間を使える。

私にとっては、新しい休暇の過ごし方を見つけさせてくれたホテルした。
客室が少ないだけに、きっとこれから『予約の取れないホテル』になっていくと思いますよ。

なんて事を見越して、来春の予約をしてきちゃいましたよahaha*
(目の前にご褒美がないと頑張れないタイプなもので)
来春目指して、頑張ろう!
雪麿Lounge-ラク

そうそう、無いといえば『携帯は圏外』です。特にdocomo 

元・NTTの保養地なのにおかしな事ですが(??;
(それが原因で手放した?)

私の使用機種が古いから(4年近く愛用)余計かもしれませんが
敷地内何処も『圏外』・・・・

スタッフの方が
『前庭の”こぶしの木”の下は通じるみたいですよ?^^;』
と教えて頂いて、試したら
”1本立ちました”

こぶしの木・・・docomoのアンテナ・・?

忙しないお仕事や、世知辛い日常から逃避するにもピッタリの場所です。

何かあっても
『だって??携帯繋がらないんだも?ん』で言い訳出来ます。


スポンサーサイト

2009.11.30 

ランチを頂いて、再び愛車『ママチャリ1号』で今度は北へ


                    ホテルから数分で湖畔にこんな碑が建ってました。

雪麿Lounge-サイクリング
『八幡神社御旅所』
『御旅所』って・・?調べましたら
神様・御神体が御幸した折に、休憩・宿泊する場所の事
祭礼などで、神様が乗られた輿=お神輿を一時的に安置する場所の事でした。
雪麿Lounge-サイクリング
大きな一枚岩が鎮座していますが、ここにお神輿を収めるんでしょうか
左右には、きちんと阿吽の狛犬が番をしています。

雪麿Lounge-サイクリング
こちら側の湖畔は、岩場っぽい感じです。
雪麿Lounge-サイクリング
(途中にあった地図)
地形を見ると北側は湖畔が入り組んでいるんですね?



雪麿Lounge-サイクリング
湖にはボートやヨットで釣り人がいっぱいでした。
多分バスとかブルーギルを釣ってるんでしょうけれど
ボートの上に立って釣るものなんですね?

ボート乗って・・・というのはなんだけど、『釣り』も楽しそう音譜
『釣り道具』って貸してくれるのかな?
雪麿Lounge-サイクリング
琵琶湖と反対側は、↑こんな感じでのどか?な畑や休耕田が広がってるんです。
 キツネやタヌキ 鹿 そして・・・熊が現れても不思議ではない雰囲気です

雪麿Lounge-サイクリング

山間だからでしょうね。日暮れの気配が早い・・・・
3時まわるとなんとな?く夕暮れの気配

空気もなんとな?くひんやりしてきたし。

人影も疎らで、少し人恋しくなってきたので、Uターン
自転車は毎日出勤で一日20分くらい乗ってるけど、これだけ長時間乗り回すのは久しぶ
何より、お尻がちょっと痛くなってきたのでahaha;*

さて帰り道、なんとはなく湖畔と反対の方へ目を向けると↓
雪麿Lounge-サイクリング
個人宅(別荘かな?)の敷地の囲いの中に 綺麗な白馬が
頭からしっぽの先まで、純白。見惚れる程のお馬でした(´v`)




清々しいドライブ?を終えて帰宅。


まさか琵琶湖でサイクリングすると思わなかったので(我乍ら^^;)
パンプスで自転車こいでいたので、疲れました。
次はスニーカー持参で、琵琶湖一周を目指しますキリッ

ジャージも必要ですね!

2009.11.30 

朝食時、Fさんから

『連泊されている方だけに”ランチ”のサービス(有料です)をさせて頂いているのですが 

                           ご用意いたしましょうか?』

 

今日(ロテル・デュ・ラク宿泊中)のランチは、前記事でもちょこっと書いたとおり

『湖畔の見えるお洒落なカフェ(絶対あるはずと信じてました)で、ランチナイフとフォーク』と思っていたのですが

”連泊されている方だけ”というレア感に惹かれて、お願いしました。


       お願いしておいて良かったですにこ 

       

余談ですが、

    琵琶湖といえど広い広い!日本一の広さですからね。

    湖南・米原・大津などはすっかり観光地化されて、ホテルや飲食店が沢山ひしめき合っているのですが

    『ラク』のある湖北は、個人の別荘地や会社や法人の保養地が多く静かな田園地帯が広がってます。


    当たり前に”在る”と思っていた、コンビニすら湖畔には見当たりませんでした。

    そこが、忙しない日常生活を忘れさせてくれるには、ぴったりの場所だと思うんですけどね(´v`)

    ”バス釣り”のスポットで、釣り目当ての人には人気の場所だそうですよ。



で、午前中のサイクリングから戻って、三度【ル・ペイサージュ】でランチタイムナイフとフォーク

雪麿Lounge-ランチ
この日の”連泊者”は、私だけだそうで、再びレストラン貸切。贅沢!
琵琶湖の風景独り占めで御座います。
お話を聞くとやっぱり1泊で帰られるお客様が多いそうです。
勿体無い?なんて思っちゃうんですけどね。
これだけ広くて、静かな環境、2・3日ゆっくりしていけばいいのに?なんて思うのはナマケモノだけ?
でも、オープンして1年足らずですが、リピーターさんも多いそうです。
納得。納得。この環境 虜になる方はは多いでしょう(^ω^) 私も?!

さて、連泊者だけが頂けるランチメニューですが、品数は少ないです。
私が伺った時は、パスタ2品とハヤシライスでした。

雪麿Lounge-ランチ



食前酒代わりに 苺と無花果のカクテル(ノンアルコール)

甘い香りが心地よい
雪麿Lounge-ランチ


まずは、サラダ

シャキシャキお野菜に、香ばしい胡麻ドレッシング







雪麿Lounge-ランチ
キャベツとベーコン・キノコのトマトソースパスタ

決して豪華なランチメニューではないですが、出来立てほかほか
シャキシャキの甘いキャベツとキノコがたっぷりで
美味しいパスタでしたmogumogu*

雪麿Lounge-ランチ
                食後のフルーツ フローズンマンゴーとキウィ とコーヒー
 ご馳走さまでしたmogumogu*



温かい 美味しいランチも頂いて、午後は再び”愛車・ママチャリ1号”で
琵琶湖へサイクリングへ出かけます

午後は北へ!

2009.11.30 

自然いっぱいの琵琶湖に来ているんだから、この環境でしか出来ない健康的な過ごし方をしましょうキリッ


という事で、ホテルで用意してもらったのはこちら

雪麿Lounge-琵琶湖
はい!自転車です自転車 無料でレンタル出来るので『琵琶湖一周サイクリング』へ

『本当に何も無い所なので^^;』とタオルとお水を一緒に渡してくれました。

内心・・・”観光地だし、湖畔を望めるお洒落なカフェの1件や2件ラブラブ
そこで優雅に?お茶してこようきゃはっ
なんて考えていたら、甘かった・・・本当に琵琶湖の美しい風景しかありませんでした

兎も角も お供の準備もOK 
『琵琶湖一周・サイクリング』へ出発ahaha*
雪麿Lounge-琵琶湖
ホテルを出発して1分で”給水ポイント”
雪麿Lounge-琵琶湖
湖畔はこんな風に、遊歩道やビューポントが沢山ありました。
紅葉しているのは、桜の木
湖畔にはずーっと桜並木が続いていて、春桜の季節が一番のベストシーズンだそうです

【ロテル・デュ・ラク】を望む
雪麿Lounge-琵琶湖
普段は宿泊者以外は敷地に入る事が出来ませんが
桜の季節だけは、レストラン【ル・ペイサージュ】にて、宿泊以外の方でも
要・予約で「桜・ランチ」を楽しめるそうですよ。
雪麿Lounge-琵琶湖
美味しいランチを頂きながら、竹生島が浮かぶ琵琶湖と桜を見れちゃうんですね?ラブラブ


雪麿Lounge-琵琶湖
湖畔の公園でちょこちょこ”給水&休憩”
どこもかしこもビューポイント。
驚くほど写真を撮ってました・・・・下手だけどahaha;*


雪麿Lounge-琵琶湖
前夜の雨が嘘のように晴れて、11月思えない程暖かな一日でした(´v`)
空も水面も真っ青。小春日和・サイクリング日和な一日ラブラブ


雪麿Lounge-琵琶湖
こんな水際まで降りれる場所もあるんですよ


湖畔の道は平坦ですいすい自転車で進めてしまいます(^ω^)
気が付けば、2時間以上も経ってました。

いけないは?お昼ご飯を食べ損ねてしまう!! 結局食い気・・・・

あわてて来た道をUターン!
2時間以上の道のりを帰りはノンストップで30分かかりませんでした・・・・


進んだ距離より休憩時間が長かったのね??ahaha;*

2009.11.30 

雨音を子守唄にぐっすり熟睡。 スッキリ目覚めた朝は、Fさんの言ってくれたように晴晴れ
雪麿Lounge-朝


小鳥の囀りで目覚める朝です。


リビングに差し込む日差しが気持ちいい?きゃはっ


あまりに気持ちがよいので、朝食前に

『朝のお散歩』散策2散策1散策3


冬の気配を含んだ、キーンと冷えた空気が清々しい




                      裏山の芝生広場から

雪麿Lounge-朝
朝日が琵琶湖の湖面に反射して、眩しい

神々しささえ感じて 思わず 拍手を打って拝んでしまった程。

思いっきり深呼吸。
”ふにゃん”とした寝起きの身体がシャン!と目覚めていく感じ。


シャキ!キリッとたら、お腹が空いた??。

『おはようございます、雪麿さま^^』
担当Fさんが今朝も素敵な笑顔で迎えてくれます。
”おはようございますにこにこ
朝食も昨夜と同じ【ル・ペイサージュ】で頂きます。
遅いのか?早いのか?貸切状態です
雪麿Lounge-朝
遮るものが無いので、日差しがこんなに差し込んできます
雪麿Lounge-朝
ほら音譜目の前には朝日を受けて輝く琵琶湖
雪麿Lounge-朝

お目覚めに 

絞り立てのフレッシュ・オレンジジュース



朝食は事前に 和食 洋食で選びます。

今日は和食を
雪麿Lounge-朝
朝食も地元で採れたお野菜やお魚が並びます。

白菜とお揚げのお浸し・琵琶湖で採れた鮎の一夜干しと出汁巻き玉子
子持ち鮎の昆布巻き・香の物

そして、お味噌汁は大きいお椀
雪麿Lounge-朝
実には、なんと”御餅”が入ってるんですよ
身体が温まる上に、お腹もちのよい御餅mogumogu*

雪麿Lounge-朝
食後のフルーツとコーヒーを頂いて。ご馳走様でしたnipa*


今日は一日お天気もよいそうです。

ということで、『琵琶湖探索』に出掛けますキリッ




2009.11.30