初夏は、山羊さんの季節である!

今月のナチュラルチーズ・フロマージュである
5月チーズ1
ゴーダムタール&ローヴ ドゥ プロヴァンス

ゴーダムタール
はチーズバーガーなどに使われていて、日本人には一番馴染みのあるチーズの一つゴーダチーズ
に粒マスタードが入ったもの
『サラダやサンドイッチにすると美味しいですよ(^^v』とショップのお兄さんのお勧めで
5月チーズ2
セロリとわさび菜のサラダに添えてみました
(盛り付けには目を瞑って頂きたい・・・・)
ゴーダはハード系に分類されますが“半生”という感じに柔らかい~
マスタードのスパイシーさはチーズの風味に殆ど消されてしまってますが
プチプチという食感が楽しいチーズ

最近、ホットサンドメーカーを購入しました!今度の休日にチーズのホットサンドを作ってみようと



そして大好物の シェーブル
ローヴ ドゥ プロヴァンス
5月チーズ3
山羊乳は春~初夏にしか搾乳できないので、シェーブルのフレッシュタイプは貴重です!
(最近は冷凍保存できるので、季節関係なくシェーブル・フレは生産されてるそうですが・・・)
生乳から作られるこのシーズンは貴重です!!
南フランス・ラングドック地方で作られる、手の平におさまる小さいシェーブルローブ デ ガリックが有名ですが
こちらは、ハーブの一枝をを添えたプロバンス風のお洒落なチーズ
シェーブルでも“フレ”に近いので、非常にクリーミーで食べやすい!
たまたま手元にあった、ラベンダーの蜂蜜を添えて頂きました!!
スポンサーサイト

2017.05.03 
久しぶりのナチュラルチーズ
チーズ
フランス産チーズ コンテAOC

ドイツ産 ミラボーノア

まずは、コンテAOC
コンテスライス
フランスはチーズ大国ですが、ハード系チーズの代表格
AOC認定品の中では、一番生産量が多いといわれているそうです
癖がなくて、ナッツのような風味とクリーミーでとても食べやすいチーズ
そのままでも勿論、熱にとけやすいので色々な料理に使われてます
「チーズフォンデュ」にも必ず入っているチーズといってもいいかも
コンテ
朝食に全粒粉パンに乗せてチーズトースト


お次はミラボーノア
ミラボー
ドイツの工場製のナチュラルチーズ
カマンベール的白カビチーズに胡桃が入ってます
味は、日本人好みに作られたカマンベールのような癖のないミルク風味たっぷりの食べやすさ
(本場フランスAOCのカマンベールは日本の物とはまったく別物です)
“デザートチーズ”といってもいいくらいに優しいチーズです
質実剛健なイメージのドイツ製なのにやるな~
ショップのおねえさんが「サンドイッチにすると美味しいですよ^^」と教えてくれたので
ミラボーサンド
ふわふわ米粉パンに、生ハムとフリルレタスでサンド
あぁ~やられたー
私はインドア派ですが、これからお花見やらピクニックやらアウトドアのお供に
ミラボーサンド持って行ったら、ワンランクup確実だわ


チーズ、フランス語では“Fromage・フロマージュ”
では、ドイツ語では?“Käse・ケーセ”と言うのだそうです

2017.03.11 
クリスマスまで、もう数日ですね

今年は、自宅でお友達とちょっとした クリスマスお茶会 をする事にしました
“持ち寄りパーティー”ですけどね

一応“主催者”の私はケーキ担当
でも、ケーキだけではナンかね?と、チーズを用意する事にしました
チーズ
トリュフ入りゴーダチーズ
チーズ好きさんばかりが集まる訳ではないので
癖にない食べやすい物を用意してみました
ちょっと豪華にトリュフ入り

と、白いチーズは ローヴ・デ・ガリック
大好物のシェーヴル・山羊チーズです
(多分これは後でひっそり自分ひとりで食べちゃうよ~

それにしても、昨日も今日も12月と思えない程暖かい
寒すぎるのもナンですけど、暖かすぎるクリスマスというのも風情に欠けますね・・・・

2016.12.20 
11月17日は『ボジョレーヌーボーの解禁日』でしたね

“ボジョレー”が一般的になったのって、バブル期からですかね?
あの頃は毎年大騒ぎでしたけど、今は何か“普通”になってます

私はまったくの“下戸”さんなので、関心なくスルーしてますが
久しぶりにチーズショップで購入
ボジョレー1
トメット オ ボジョレー
ボジョレーワインで“洗って”熟成させた“ウォッシュタイプ”のチーズ
原料は“牛乳”
ボジョレーとのマリアージュを楽しむ為に作られたチーズとの事
ボジョレー2
真っ白で滑らかなチーズ
“新酒”を使用しているからか?ウォッシュタイプの辛さがまったく無い
クリーミーでミルクの風味が楽しめる癖の無い食べやすいフロマージュです
ボジョレー3
ワインの原料ぶどう(レーズン)を添えて頂きました


それと、フレッシュチーズの代表 フロマージュブラン
ブラン1
チーズ専門店の物!ドンっと大きな容器にタップリはいってます
“ブラン”はチーズというよりは、ヨーグルトに近い風味
ブラン2
フレッシュな生?ぶどうと、先日作った林檎ジャムを添えてデザート風



久しぶりに、おウチでナチュラルチーズ・フロマージュを食べました
やっぱり美味しいわ~

2016.11.19 
明け方、都心では震度5の地震がありましたね
さいたまも震度3だったようですが、鈍感な私は一瞬目覚めたものの
“あぁ~地震~~でもゆりかごみたい~”と暢気に二度寝

しっかり寝覚めてニュースをみてビックリした次第です

今回の地震『首都圏直下地震とは無関係』と報道されてますし
地震の予知はかなり難しいとききますし・・・・・


『大好きな物は食べれる時に食べないと後悔する!!』


前置きは長くなりましたが、さて本題

今回はお菓子のようなチーズです

その名も
アップルパイチーズ
アップルパイ
『世界三大ブルーチーズ』の一つ『スティルトン』の青カビをつけない
俗に『ホワイト・スティルトン』と呼ばれるチーズのアレンジ版です
(因みは、後の2つは『ロックフォール』『ゴルゴンゾーラ』です)



フレッシュタイプのチーズに、林檎の蜜煮やレーズンを加えて、シナモンパウダーを塗した
“アップルパイ”をイメージしたチーズです
アップルパイ2
“ほろほろ”とした食感、甘酸っぱい林檎とレーズン
このままいただける“デザートチーズ”です

ちょっと英国調に、クロテッドクリーム代わりにスコーンのお供にしても


『ホワイト・スティルトン』は他にも、オレンジピールやドライベリーや黒胡椒をいれたり
沢山のアレンジチーズが出てますよ

2014.05.05