FC2ブログ
お正月のお菓子といえば、花びら餅

今年は年明け早々からバタバタしていたので、購入出来たのは東西の和菓子店2店
控えめです^^;;

まずは『東』 銀座・甘楽さんの花びら餅
甘楽花びら餅1
紅白を重ねたお餅の中には、味噌風味の白餡と甘く炊いた牛蒡
甘楽花びら餅2
味噌よりは白餡の風味が強い甘く優しい味です

そして『西』は、たねや菱はなびら
たねや菱はなびら1
こちらは箱入り、添えられている稲穂が縁起物とういう感じで目出度い!
たねや菱はなびら2
ふっくらとした見た目
たねや菱はなびら3
中は鮮やかな紅色のお餅! 紅白のコントラストが鮮烈です!!
コチラは味噌の香りしっかりしていますが、餡は白餡の上品さが際立ちますね


今年は忙しない年初めでしたが、花びら餅食べて 明後日の七草粥を食べると
「これから日常に戻るのだなぁ・・・・」と祭りの後の寂しさと、なんとなくほっとした気分になります
スポンサーサイト



2020.01.05 
ちょっと時間を戻して、令和元年の大晦日

年末年始はやっぱり和菓子

令和元年の和菓子収めを用意しました
(和菓子収めが何なのか?追求しないでくださいませ)

お気に入りのお取り寄せ和菓子店 【京都・伊藤久右衛門】さんで
三色だいふく1
三色だいふく
だいふく=大福 とめでたいネーミングですしね 
今回のセットは、抹茶・ほうじ茶・くり抹茶
三色だいふく2
私の口なら2口くらいで食べられてしまう、こぶりなお大福
三色だいふく4
くり抹茶
抹茶餡の中に栗が一粒包まれてます
三色だいふく3
ほうじ茶抹茶
こちらの餡子は甘過ぎず、お茶本来の香りあ香ばしさが活かされているのが良いのです
そして、お餅がとろとろのふわふわです


年越しうどんを食べた後
近くのお寺さんから仄かに聞こえてくる除夜の鐘の音を聞きながら
おだいふくを頬張りながら年越しさせて頂きました

2020.01.04 
”大人素敵”な、お歳暮?クリスマスプレゼント?を頂きました

松月堂栗花落1
岐阜にある栗を使ったお菓子を作られている老舗【松月堂】さんの品です
和風の渋いパッケージ
松月堂栗花落3
まるで茶道で使われる茶器のような小さな陶器に入ってます
‟大人女子”が心中で「きゃ~可愛らしい」と喜んでしまう品です!!


栗花落・薔薇
松月堂栗花落4
マロンクリームの上に、ドライローズが散りばめられてます
☆ 薔薇の香りやエッセンスは女子力上げるって言われてますよね

松月堂栗花落5
マロンクリームと栗の粒が入ってます
ほろりと甘く香ばしい栗の後から、華やかな薔薇の香りが追いかけてきます
薔薇・薔薇香って入り過ぎると、ちょっとキツクなり過ぎてしまうのですが
残り香でほんの~り香るだけです
栗と薔薇の意外なコラボレーション
薔薇の香りは優雅な気持ちにさせてくれますね

松月堂栗花落2

甘党さんにとっては、この上もなく素敵な贈り物を頂いてしまいました

器、何に使おうかな?食べた後も色々楽しめるお菓子です

2019.12.22 

‟頂き物です”
『ういろう』と言えば、名古屋か小田原とばかりかと

栗ういろう1
栗ういろ  【栗尾商店】
「四国・徳島の味」とあります
大好きな「なると渦きん」と同じお店のモノ
しかも「ういろう」ではなく『ういろ』とあります
裏の注意書きに「湯煎にかけると出来ての味」とあるので、湯煎にかけて頂きました
栗ういろう2
もちもち♪とした食感  「ういろ」「ういろう」自体頂くのは久しぶりですが
他の品よりも、しっかりしたもちもち感のように感じられました
☆小豆ではなく 赤隠元豆から作られてます

たまたま~湯呑の猫がういろを狙ってるように見えるわ
栗ういろう3
ニャンコも狙う美味しさ


北海道や東北は厳しい寒さと積雪で大変なようですが
こちらは11月とは思えない程暖かい~明け方はちょっと冷え込んだりしますが
日中はほんと暖かい   まだまだ冬のコートの出番は先になりそうです

もう街中にはクリスマスツリーが飾られ クリスマス・ウィンターソングが流れていますが
寧ろ今年に限っては「違和感」すら感じる気温

でも、今年ももうひと月半なんですよね~~

2019.11.16 
9月に突入ー!! でもそこそこ暑いです

今週は残暑が続くらしいですね  でも日差しは随分と柔らか
9月最初の‟おやつ”は、残暑の厳しさを暫し忘れさせてくれる涼やか品
柚子しずく1
宇治抹茶葛くり 柚子しずく
【京都・伊藤久右衛門】さんよりのお取り寄せ品
柚子しずく2
「つき棒」で最後の仕上げは自分で作る、お楽しみ♪付です^^
こんな感じです
柚子しずく3
セットの小豆と宇治抹茶蜜を添えて、出来上がり
柚子しずく4

実食!
柚子しずく5
つるつるヒンヤリの葛切りとほんのり甘い抹茶蜜 その後から柚子の爽やかな香りが広がります

ひんやりお菓子が楽しめるのも厳しい夏・残暑があってこそ!と
少しだけ、暑さのぶり返しに感謝したりしてね

2019.09.01