【LaBaie】の美人フロマジェO嬢がいらっしゃるお店です
1_20101223011315.jpg
【Fromage et Vin Creole 16・フロマージュ・エ・ヴァン クレオールセイズ
心斎橋の日宝プロムナードビルの5階にある小さなお店です
2_20101223011317.jpg
こちらのお店、知る人ぞ知る有名なお店だそうです
こちらの前オーナーは、チーズのシュバリエとして有名な方だったそうです
(残念ながら、今秋 他界されたそうです)

一時はお店を閉めることも考えたそうですが、
今は現オーナー(前オーナー夫人)とO嬢、他女性2人の
チーズプロフェッショナル・ソムリエなどの称号を持つ女性達だけで頑張るお店です
8
左から、チーズプロフェッショナルM嬢・オーナーシェフ・ソムリエールフロマジェO嬢
(美しいお顔を公開できないのが残念ですね)
フランス産他豊富なワインと常時40~60種類のナチュラルチーズが
揃う、ワインチーズ好きには垂涎のお店でしょう

今回の大阪行きの目的の半分は、O嬢にお会いする事とこちらのお店訪問

カウンターとテーブル席が2つ 10人も入れば満席の小さいお店です
けれど、オーナーやスタッフの皆さんの人柄が反映されて温かい雰囲気のお店です

メニュー 可愛いでしょ
5_20101224111202.jpg

美大出身O嬢の手書きイラストがちりばめられてます

という事で、フロマジェO嬢お勧めのお料理とチーズを頂きます

前菜?代わりに 『ムール貝のセロリと白ワイン蒸し』
1_20101224111548.jpg
キャセロールのままドン ふっくらしたムール貝がたっぷり~
小ぶりなんですけど、美味しくて瞬く間に鍋いっぱい分”ぺロッ”と

そしてメインは『ラクレット』チーズ・ラクレットとバケットが登場
2_20101224111203.jpg

こちらが、ラクレット専用器?
(テファール制ですが、日本では未発売だそうですよ)
3_20101223013530.jpg
上で、じゃが芋を温めつつ、真ん中でチーズを温めて蕩かしてます

チーズのいい香りが漂ってきて、もう~~堪らない
熱々とろ~とろ~にとろけたチーズを
3_20101224111203.jpg

とろ~~~とろ~~~とバケットとじゃが芋にかけて頂きます
寒い夜にはぴったりのチーズ料理
ワインが進みますよね
5_20101223013531.jpg
バケットの他にも温野菜にかけても頂きました

デザート代わりに(まだ食べる!!)0嬢お勧めのナチュラルチーズ3種
6_20101223013531.jpg
一番奥 に『ヴュー・グリ・ド・リル』
ウォッシュチーズの『エポワス』と同じ熟成方法のチーズだそうです
”通”好みのチーズかも?酒かすの風味に近いかも?
バケットの上が『モンドール』
冬~春先にしか楽しめないチーズの代表です
とろ~~とろ~のカスタードクリームのような滑らかさ
そして、最後は0嬢手作りの『カマンベール・カルヴァドス』
白カビの王カマンベールをカルヴァドス(林檎酒)に漬けて熟成させた物ですが
O嬢オリジナルはカルヴァドスに生の林檎も使って、よりフルーティーな仕上がりに
まるで”チーズケーキ”のような風味です

『カプチーノ作らせて下さいね^^』
作ってくれているO嬢
9

とO嬢自ら作ってくれました
4_20101224111203.jpg

お砂糖が沈まない程しっかり泡立ったミルク

美味しいチーズと楽しいお喋りと楽しい一時を過ごさせて頂きました
(たまたま、0嬢のご両親がお食事にみえられていて
 ちゃっかりO家の食卓?にお邪魔しちゃったり)

大阪に来る楽しみ また一つ増えました

因みに、こちらのお店ですが年内で一端クローズするそうです
で、来春新たに新装オープンされるそうです



スポンサーサイト

2010.12.24 

『では、お荷物は 新しいお部屋 へお入れして置きます。お気をつけて、いってらっしゃいませ』


”チェックアウト”して、お出掛け

雪麿Lounge-マカロン
大阪駅の再開発も随分進みましたね??
この日は、京都まで足をのばそう!と・・・・・したら雨がぽつぽつ・・・・

予定変更!!
雪麿Lounge-ブノワ
気がついたら、こんな景色が見れる所に来てました・・・

そして、横を見たら こんな案内版がありました・・・・nani?*
雪麿Lounge-ブノワ
え?っと、どうしようかな?

”予約していないのですけど、お席空いてますか?”

『本日はご予約でお席が??』と受付嬢が話してる横から”ひょい”と

『あっ!雪麿さん お久しぶりです^^』
山本支配人さん登場!!

ビックリですは?山本支配人さんとお会いするのは、1年半ぶりです。顔覚えててくれたnipa*
(もしかして、リッツから”手配書”まわってるのかも)

『どうぞ^^』のお言葉に甘えて、こちらでランチを取る事に
雪麿Lounge-ブノワ

ブリーゼブリーゼ タワーダイニング内にある 言わずと知れた
アラン・デュカス氏プロデュースのビストロ

2011年 ミシュランにて ☆獲得 おめでとうございますクラッカー

山本支配人さんは、以前 Labaie 香桃でアシスタントマネージャーをされていた方なのです
リッツカールトンでお世話になった方のお一人です


雪麿Lounge-ブノワ
『再会を祝して私からプレゼントです^^』

と支配人さんから、ノンアルコールのカクテルカクテル
フレッシュオレンジジュースで作った 甘くて爽やかな一杯

山本支配人・リッツカールトン大阪
本当に、ありがとうございますきゃはっ


           お食事ですが「前菜1+主菜1+デザート+コーヒー」のランチコースをオーダー


雪麿Lounge-ブノワ
アミューズ

フレッシュチーズとハーブ・オリーブオイルのパテ

とバケット


名前を聞いたのですが失念

只、フランス語で『羊の脳味噌』と言うことなり??

滑らかで美味しいチーズでしたよmogumogu*

(フランスの地方料理では、羊の脳味噌

 結構ポピュラーな食材だそですね

 魚の白子みたいで美味しいのだそうです)

雪麿Lounge-ブノワ

ブノワカラーの赤い可愛らしいパン入れで登場

このバケット目当てにお食事くる方も多いかと


『ブランジェリータカギ』のバケット


タカギさんへの特注品

ブノワ用に作って貰っているそうです

外はカリッ!と 中はモチモチ!です


雪麿Lounge-ブノワ
前菜  国産茸と栗のココット

10月のお勧め品のこちら お鍋に入って”ドン!”と登場
蓋を開けると、茸のなんともいえない豊な香りが広がります

目の前でお皿に盛り付けて貰って、熱々のマスタードソースをかけて頂きます

シャキシャキとして茸の歯ごたえと香り ほくほくの栗mogumogu*
素朴だけれど、秋の香りがギュと濃縮された感じ
『山の秋!いただきました!!』


メインは、山本支配人お勧めの、初めて頂く食材
雪麿Lounge-ブノワ
メイン  柔らかく煮た豚舌のパネ ソースグリピッシュ

飴色のタンが美味しそうでしょう?美味しいのです(^ω^)
豚タンです ブタさんの舌って結構長いのね??
フランスのビストロではポピュラーな食材だそうです(へ?っ)
牛タンよりも柔らか?い!(牛タンだけは食べられるのです)
タンを柔らかく煮て、それに薄くパン粉を付けて揚げてあるそうです
外側はパリと香ばしく 中は本当に柔らかい
”揚げてある”というので、”しつこい”かな?と思いましたけど、
然にあらずでした

ソースもハーブやナッツ類?色々入ってます


お楽しみ はこちら
雪麿Lounge-ブノワ
デザート  ヴァシュラン ヴァニラ/フランボワーズ

ブノワのスペシャリテデザートの一品
崩してしまうのが惜しまれる可愛らしいデザートです
メレンゲとクリームでデコレーションされた中には、バニラとフランボワーズのアイスクリームラズベリー

雪麿Lounge-ブノワ
『食後の飲み物は こちら でしたよね^^』
と支配人さん自ら目の前で作ってくれたのは、
ハートのカプチーノハート

何故?何故覚えてくれているのでしょうか!鳥肌立つ程嬉しいnipa*

予定外に予約もせずに立ち寄ったのに、凄く素敵なランチタイムを過せました
山本支配人さんはじめ、スタッフの皆様、ありがとうございました

ご馳走様でしたmogumogu*




実は・・・・1年半程前にお邪魔した時は、正直「可も無く 不可も無く」印象のはっきりしないお料理だったのです
(高級フレンチなのか?ビストロなのか?どっちなの?という感じ)
今回は、フランス行ったことがないですけど
高級フレンチとは違う、素朴で、でもとっても美味しいお料理を頂けました

サーバー・ソムリエさん方のサービスもフレンドリーで温かいものでした(-∀-)
ミシュランで☆獲得も納得です

年末、大阪へ再訪の予定ですが、今度は又ディナー伺いたいと思います
(☆付きになって、また予約難しくなっちゃいますかね)

2010.10.22 


メインディッシュはこちらです


雪麿Lounge-クーカル 奈良Cu?Cal 

   特設 シェフズステージ


なら公園・飛火野の隅に儲けられた

オープンテラスのレストラン。


全国の人気店のシェフ・料理長が日替わりで

奈良特産品を使用したお料理を頂けます。


★ 奈良は今月末まですが

  ステージ・ダイニング共予約締め切ってます


雪麿Lounge-クーカル
私がお邪魔した日は、


大阪・【トゥールモンド】高山龍浩シェフです。


Cu―Cal に食品を提供しているのは地元奈良の農家や

業者さん達です。


  (休暇から3日間連続フレンチのランチですahaha;*
雪麿Lounge-クーカル

通された席は、カウンター席


半オープンキッチンなので、目の前で調理する

シェフやスタッフさんの姿を拝見出来ますにこにこ


因みに中央の方が、高山シェフです



お料理の一品一品毎に、シェフの解説付きで

お料理の内容が詳しく分り

一層美味しく感じられました。
雪麿Lounge-クーカル

特設・オープンテラスといえど、食器やカトラリーに手抜きがありません


何気なく置かれた パン皿は【スガハラ】  の物でした。


雪麿Lounge-クーカル
冷・前菜

【大和肉鶏のパロティーヌと

   奈良阪町朝一組合の野菜

      大和まなの漬物マスタードソース】


前菜からボリュームのある一皿


ソースが大和野菜の『大和まな』という野菜

野沢菜?のような感じなのでしょうか?

マスタードの風味もあるのでしょうか?

ソースのアクセントが面白い一皿でした(^ω^)


雪麿Lounge-クーカル
温・前菜

【吉野郡あまごの炙りと白菜のブレゼ

   大和なでしこ卵の温度卵添え

          あまごのソース】


私的に絶品な一皿。

半熟の玉子が美味しいmogumogu*

あまごのちょっとほろ苦い味と唐辛子が

和風な一皿

雪麿Lounge-クーカル
メインデッシュ
【ヤマトポーク バラ肉の煮込み
明日香村古代米・椎茸・なめこ・ぶなしめじ・宇陀金牛蒡の炊き込み御飯】

メインは豚さんでした。(季節柄"鹿”が出てきたらどーする?なんて思っちゃいましたけどahaha;*
まず、炊き込み御飯がもちもちで美味しかったんですよ!
『おかわり』したい程でしたwa-i*

そしてヤマトポーク 見た目「角煮?」と思う程ボリュームがあるのですが
本当によく煮込んであって、ほろほろと身が溶けてしまう、全然脂っこくないんですよ。



雪麿Lounge-クーカル
デザート
【五条市富有柿のタルト
西井牧場「飛鳥の美留久」のグラス
健一自然農園の和紅茶のエスプーマ】

グラスの中にはミルクのグラニテと
その上の乗っているのが和紅茶を泡立てたもの

高山シェフ曰
『口の中でロイヤルミルクティに変化』と仰ってましたが正にです!

そして柿のタルト
最後にエスプレッソ珈琲 Wite
雪麿Lounge-五重塔
奈良公園の真中で、少し肌寒い日でしたが
食事が終わる頃にはぽかぽかにnipa*

奈良の美味しいお野菜や食べ物を
一流シェフの手で頂けるとは、楽しくて豪華な一時でした。

高山シェフは、『LaBaie』にいらした事もあるので
そちらでもお世話になっていたかも・・?

次は大阪のお店へお邪魔したくなりました。

『正倉院展』を早足で観て、五重塔に見送られて帰宅しました。



2009.11.26 

実は、奈良に伺ったのには、ある重大な目的があったからです



雪麿Lounge-クーカル


それがこれ 【奈良Cu―Cal】   (←クリックで公式サイトへ)です。



詳しい事は、公式サイトへ飛んでください。


地元の食材を使って、人気のレストラン・シェフがその時だけの

特別なお料理を提供する 食いしん坊さんには堪らないイベントmogumogu*


今年で4年目 『山中湖』『軽井沢』で開催され

今月末までは、『奈良』(なら公園内)で開催されています。


【シェフズ・ステージ】を予約してあるのですが、

食前酒代わり?に、特設カフェにお邪魔しました。
雪麿Lounge-くるみの木

奈良市内にある、老舗・有名カフェ【くるみの木】さんです。



『季節の果実 蜂蜜漬けドリンク』ホットです


オープンカフェなので、

温かい飲み物がほっと(´v`)します。
雪麿Lounge-くるみの木

『くるみの木のおやつ 

   十津川柚子ゆべし・クリームチーズ』


クリームチーズの下にあるのが、柚子ゆべし柚子


「ゆべし」という、山形名産の「ゆべし」

お団子のようなお餅のような、もっちりした物を

思い浮かべてしまうので、この平たい「ゆべし」は新鮮


柚子をそのまま平たく延ばしたような、

口に入れると柚子の香りが広がります。


雪麿Lounge-くるみの木
そして!!憧れの『大仏プリン』大仏
3種類ありましたが、大和茶を頂きました。
可愛らしい大仏様が描かれた瓶入りのなめらかカスタードプリンプリン
ほんのりとお茶の香りも楽しめて、美味(^ω^)
念願が叶って、美味しさ倍増で御座いますラブラブ

この後"メイン”が無かったら、3種類いけちゃうくらいでした。



さ??て、"前菜”も美味しく頂いたので、メインデッシュ いってみましょうnipa*

2009.11.26 

今回は、仕事あがり そのまま羽田へ直行!一路西へでした。



当日の仕事が”へろへろ??”でmunya* 殆ど思考回路0の状態で羽田空港着。


『お腹に何か入れれば、頭も回ってくるはず!!』と、


一番手近な 【DONSABATINI】に夕ご飯ナイフとフォーク 『プリモグランデセット』をオーダー
雪麿Lounge-ドン・サバティーニ




前菜代わりに、シェフお勧めのデリ2種類


砂肝のソテーと 牛肉のなんとか・・?


どっちもお肉系・・・・野菜が食べたい!


ランチは好きなデリが選べるのに

ディナータイムは選べないんですね・・・

(ランチで残ったの”お勧め”とかで出してるんじゃ・・)



雪麿Lounge-ドン・サバティーニ
パスタかピザのチョイスでパスタを


小海老のアラビアータ


これは、まぁ普通でした。
雪麿Lounge-ドン・サバティーニ
最後にカフェラテ


デザートにお隣の【KIHACHI】でソフトクリームを食べよう(^ω^)


と外に出たら、既に閉店・・・・・時間は夜の8:30過ぎ


下調べを怠りました・・・ターミナルビルの殆どのお店は

8:00閉店なんですね・・・・


ねんりん屋のバウムクーヘンも

マルコリーニのチョコレートも味わえず・・・・寂しい旅立ち

雪麿Lounge-羽田
空港自体、夜の8時を回ると、昼間の人出が嘘のように閑散としちゃいますね・・・

街中だったら、8時なんて”まだまだ”なのに・・・・


にしても、この暑さの為か、浜松町の駅に着いてから、なんとな??く【磯臭い】・・・・・・・。

2009.07.11