チェックアウトのお昼過ぎまで、の~~んびり
3_20110217023758.jpg

雪に閉ざされて、な~~にも出来なかったけど
ホントにのんびりした時間を過ごせました

ナマケモノが言うのもなんですけど^^;
人生には、こういう時間も必要ですよ!

3泊4日お世話になりましたけど、ホテルの方に
”最長何泊された方がいらっしゃいますか?”と尋ねたら
『一週間、滞在された方がいましたよ』とのこと

一週間かぁ~~何されてたんでしょうね?
作家さんや芸術家さん、静かな自然の中で『作品の構想を練る』とか?
私は”ねる”=寝る でした^^;
リビングの床暖房が気持ち良くて、『大』の字でお昼寝しちゃったしね

琵琶湖の『別邸』 そして 大阪の『自宅』もうこの2つがあれば
後は要らない!くらいにお気に入りの場所です

琵琶湖を眺めながら、つらつら思いに耽っていたら
猫の目のように変わる琵琶湖の天気
1_20110217023758.jpg
いつの間にか又雪が降りだして、お外は真っ白に
2_20110217023758.jpg
名残惜しいけど、そろそろチェックアウトの時間

本当にお世話になりました。帰り際”お土産”まで頂いてしまって恐縮する限り

ホテルの皆さんにお見送りを受けて、支配人さん運転の車で『永原』駅へ

駅のホームもすっかり雪に埋もれてます!
4_20110217023757.jpg
ホームから『永原』の町を見下ろす
5_20110217023757.jpg
真っ白~~! 関東だったら完全に『電車止まる』位です
心配になって、駅の方に伺いましたが
『このくらいなら、まだまだ平気^^ ちょっと遅れてる位ですよ』
流石!逞しい! 仰っていたように5分程の遅延で電車到着!!
  ☆  実はこの翌日、湖西線は大雪で一部不通になってました
     運がいいのか?悪いのか?

そして”再び”
6_20110217023757.jpg
『お帰りなさいませ^^ あちらは寒かったでしょう?』

・・・・・・帰ってきちゃった^^;


スポンサーサイト

2011.02.17 
美しい朝の風景に心満たされたら、次は『お腹』を満たす番

滞在最後の朝食を頂く為に、【ル・ペイザージュ】へ
1_20110217022340.jpg
今朝は湖面が鏡のように輝いてます 
太陽の光りと、それを反射する雪とで、眩しい限り

琵琶湖の風景に負けない位、『眩しい朝食』を頂きます

フルーツジュース(葡萄)と 地元の温野菜
3_20110217022340.jpg

そして、今朝も『フレンチトースト・セット』
4_20110217022339.jpg
北山シェフが新たなドレッシングを出してくれました
バルサミコ+金柑フレンチドレッシング+ラズベリー
ピンクの色が可愛らしい 味も甘酸っぱくて爽やか~
☆ 北山シェフのフレンチトースト 是非、ソムリエ田崎氏にもご賞味頂きたい!

最後の朝食なので、欲張って オムレツ
5_20110217022339.jpg
ふわふわ~中は半熟とろ~りですよ

フルーツ バニラアイスクリーム エスプレッソ
6_20110217022339.jpg
美しい自然を愛でつつ頂く朝食は格別です ご馳走様でした


『お時間になりましたら、お迎えにあがりますので、ごゆっくり』

夜更けに降った雪で、ヴィラ”埋もれて”ます
2_20110217022340.jpg


チェックアウトの時間まで後少し”のんびり”させて頂きましょう

2011.02.17 
こちらで迎える最後の朝
今まで朝寝坊を続けていたのに、自然と朝早く目が覚めました

寝室の窓から外を見ると!
1_20110217021347.jpg
丁度 朝日が昇ったところ
  私のコンデジ・下手な撮影ではこの感動を伝え切れないのが悔しい
  雲も、琵琶湖も金色に輝いてたんです
2_20110217021346.jpg
  ちょっと”引くと”前夜積った新たな新雪も朝日を受けて金色

雪に埋もれて、何にも出来ないけど、この一瞬を見られただけで
”ここ”に来たこと、すべて報われた気持ちです


そして、ヴィラの軒先を見ると つらら
3_20110217021346.jpg
人生で初めて“生・つらら”みましたよ!!

後でホテルの方に伺ったら「今年一番冷え込んだ朝ですよ」とのこと


『冬枯れ』の琵琶湖が見れれば・・・と思い立った今回の滞在ですが
期待以上の素敵な冬の琵琶湖を堪能出来ました  

春の桜と共に、この銀世界の琵琶湖も素敵ですよ
   来年もこのシーズンの滞在を心に誓いました

2011.02.17 
ディナーは華麗なるメインを向かえます

魚料理 キスのバターソース
6_20110216153733.jpg
キス?って思う程、身も厚くて大きいのです!!
淡白なキスに、こくのある白ワインとバターのソース
シンプルな一皿ですが、凄く美味しい
バルサミコがいいアクセントになっていると思います

口直し ホウボウのカルパッチョ
7_20110216154017.jpg
新鮮!透き通る身が口の中で、ほんのり甘く感じます

肉料理 ウサギのローストと煮込み
8_20110216154017.jpg
『常々、お好きだと伺っていたので用意しました^^』
うきゃ~!林シェフ!惚れてしまっていいですか?
特にリクエストしてないのに!覚えててくれたことが嬉しい!!
モモ肉はハーブを利かせた赤ワインの濃厚ソースで煮込み
胸肉は、ローストして白ワインと蜂蜜のソースで
9_20110216154017.jpg
もう”ここで死んでもいい!!”位に美味しい!!
今回の琵琶湖旅行悔いなし!!
   この3日間で、冬の王様・ジビエ(鴨・鹿・ウサギ)を
   ホントに心ゆくまで堪能させて貰いました

〆 蓬蕎麦
10_20110216154444.jpg
薄味のお出汁をしいただけのお蕎麦 
蓬の香りが、遠くない春を感じさせてくれます

デザート 冬の特製デザート 
  バニラアイスのミルフィーユ バルサミコ金柑添え

11_20110216154444.jpg
デザートは北山シェフが作ってくれました!
これは、”大人のデザート”ですよ
パリパリのパイ生地の間に濃厚なバニラアイスクリーム
添えてあるのは、バルサミコ&金柑
バニラアイスにバルサミコを”ちょこっと”たらすと美味しいんですけど
ザク切りされた”金柑”が食感とほろ苦い甘さをプラスして、
ワンランク上のデザートに仕上げてくれてます!!

林・北山両シェフに感謝・感謝です!ブラボー!!
一人心の中で、スタンディングオベーションでした
12_20110216154443.jpg
エスプレッソで

『琵琶湖休暇』最後の夜を締めくくるに相応しい、
素晴らしいお料理と時間を楽しませて頂きました

ご馳走様 ありがとうございました

2011.02.17 
今回は、【ロテル・デュ・ラク】に3泊お世話になりました

【ル・ペイザージュ】で常時用意しているディナーメニューは2種類
ソムリエ田崎氏がプロデュースしたコースと
グランシェフ林氏のオリジナルコースです

3泊目以降は、林氏オリジナルのスペシャルメニューになるのです!!
そのシーズン・その日にしか饗せなれない、本当にスペシャルなコースになるのです

という事で、色々な目的もありましたけど、
”こちら”も最大の目的の一つで御座いました

テーブルには、林氏が腕を奮って頂ける『スペシャル・プレミアムメニュー』
1_20110216153734.jpg
食前に ワインに見える?田崎氏お勧め山葡萄ジュース
3_20110216153734.jpg

アミューズ キャビアのカナッペ
2_20110216153734.jpg
一口サイズのパイ生地の上に、黒い宝石”キャビア”が!!
アミューズから至福の時~~

『今日は随分と冷えますので、前菜は2品とも温かい物を用意しました』
と、シェフの心遣いも嬉しい
前菜1 リドボォーのフライ・中華風
4_20110216153733.jpg
乳飲み仔牛の胸腺って書くと、何か『解剖学』みたいですけど^^;
河豚の白子みたいに”ふわふわ”なんです 外はカリッと揚がっていて
甘辛いソースで絡めてあります
思わず『ご飯下さい』と言いたくなっちゃいました

前菜2 雲子のプロヴァンス風
5_20110216153733.jpg
”雲子とは?”とシェフに質問したら
『見て頂ければ分りますよ^^』とシェフ
目の前に登場した一皿はこちら↑ ”確かに”雲”です!!”
正体は『鱈の白子』お鍋に入れると美味しいですよね~
白子の”ふわ~とろ~”の食感をそのままに、トマトとオリーブオイルのソースで
新鮮でキチンと下処理をしてあるので、全然臭みも匂いもありません
まるで”とろけるプリン”のように、口の中で蕩けてなくなる~
これは絶対”ふわ~とろ~”系?が好きな人は”はまる”一皿です!

この前菜だけで”3泊”して良かった~とつくづく
   でも、お楽しみはまだまだ、続くのです!

2011.02.16