ヴァレンタイン限定メニューが続きます

パスタ・ビーツのタリオリーニ
     菜の花とパンチェッタのペペロンチーニ

6_20110221205800.jpg
可愛らしい”ピンク”色のパスタです
ビーツでほんのり色付けしているそうで、ヴァレンタインだけじゃなく
これから、桜が咲く頃に又再登場して欲しいような一皿
鮮やかなグリーンのソースと、添えられた菜の花が本当に春らしいパスタです

メイン(魚)・平目のトマトパン粉焼き アサリ、ムール貝のソース
2_20110221210833.jpg
(本来は、牛肉のお料理ですが、変更して貰ってます)
身の厚い平目、身はふわふわで柔らかくて、ジューシー
こんがりグリルされた皮も香ばしくて、美味しい
魚介の旨味たっぷりのトマトソースとの相性もバッチリですね

そして、2杯目をデザートカクテルとして、今度はちゃんと!ヴァレンタイン
1_20110221210834.jpg
ミルクチョコレートドリンクです
でも、シナモンやグローブ?スパイスを利いた、大人のアイスミルクチョコレート
グラスの縁の真っ赤な薔薇がお洒落です

デザート・ヴァレンタイン特製デザート
フランボワーズの粉で画かれたハートの中央にチョコレートドーム
3_20110221210832.jpg
サーバーさんが、チョコレートソースを注いでくれて、出来上がり
『そぉ~と、チョコレートの蓋を開けて下さい』
と、中にはマロンのムースが入ってます

マロンムースの中には、甘酸っぱい”カシスとベリーのソルベ”
4_20110221210831.jpg
そして、繊細なソムリエH氏が、『蓋壊れ易いですから、気をつけて』
といわれたにも関わらず、粗忽物は、割っちゃった
5_20110221210823.jpg
チョコレートがメッセージカードになっていて
”Happy Valentine”って、書いてあったんです・・・・

そして、最後は ソムリエK川氏=バリスタの師匠に作って頂きました
マシュマロカプチーノヴァレンタインバージョン
6_20110221210822.jpg
どうやって作っていらっしゃるのか?K川さんが作ってくれるカプチーノの
ミルクは、生クリーム?でも入ってるのかしら?と思うくらいに
ぱくっ”食べられる”ミルクなんです

    やっぱり”イタリアン”はこうじゃなきゃね 
        本町には二度と行かない!と改めて決意!
    ご馳走様でした
スポンサーサイト

2011.02.21 
あぁ~~これも、期間限定・話でした

ヴァレンタイン・ショコラティエ・ゴディバとのコラボレーション
2月14日までの、期間限定ディナーでした
  多分、そろそろ『ホワイトディー限定メニュー』が登場しているころだと

今回のステイで、勿論こちらでもディナー頂きました【Splendido】
1_20110221205812.jpg

”タイミング”ですし、ヴァレンタインメニューをオーダーしておきながら
『テーマは如何しましょうか?』と問われて
豆まきで!”・・・我乍らKY~

でも、流石ですわ。リッツのバーテンダーさん 
こんなに可愛らしい 豆まき・カクテル
2_20110221205811.jpg
グラスにオレンジとレモンの皮を丸く切って貼り付けて”お豆”
グラスの縁には、ライムの葉を”柊”の形に切り取って、チェリーの上に乗ってます
凄く、ポップで可愛らしいカクテルに仕上げてくれました

冷前菜・サーモン、帆立、マグロのタルタル チョコレートクルトン添え
     甘酸っぱいラズベリーとオレンジのソース

3_20110221205810.jpg
生魚とチョコレートって?どうなんですかーー?と疑心暗鬼でしたが
チョコレートが、カカオ97%です!という位ビターなので、違和感なし!
  分かり辛いですけど、チョコレートのチップス型になってます

テーブルロール フォカッチャ・ピタパン・グリッシーニ
4_20110221205807.jpg
オリーブオイル オリーブとアンチョビのペーストで頂きます
    ・・・オリーブとアンチョビも美味しいんだけど
    あの、アンチョビペーストが懐かしいなぁ~~

温前菜・活オマール海老と旬野菜サラダ
      赤ワインビネグレットのミントチョコ風味

5_20110221205802.jpg
大好物のオマールぷりぷり♪で甘くて美味しい
ソースも『チョコレート入りです』と言われても全然分らないです
ワインの風味のが強い?でもミントが利いているんでしょうか?
後味、すっきりするようなソースでした

    可愛らしいパスタや繊細なデザートは後程登場!

2011.02.21 
という事で世”予定外”に出戻り^^A
5_20110211142415.jpg
昨夜、ラストオーダーももう過ぎよう・・・という時間に気づかず
”怒り”にまかせて、こちらにTEL

キャンキャン!吠えまくる電話口に出てくれたのは
ソムリエK川氏でした その穏やかな対応に救われる
”地獄に仏”とは正にこのこと!
以前、こちらのキャッシャーのお嬢さんが
『神様・仏様・K川様!って思うくらいに優しいんですよ^^』
と話していたのを思い出す

『お帰りなさい^^大変だったそうですね・・・本町』
ホテルマンとしての”顔”の奥に、同情とか好奇心とか
色々混ぜ合わさったような笑顔で、サーバーさん方が迎えてくれました
”色々とー・・・・!聞いて!!”
4_20110211133526.jpg
とは言え、美味しい朝食と、
サーバーI氏・K嬢が入カプチーノで、ご機嫌急上昇
美味しい食事は人類を救いますね

そして、次なる休暇の地へ向かうのでした!!


この日、大阪は真っ青な空の冬晴れ

そして、大阪から2時間とかからない場所で こんな風景に出会えるとは!!
2_20110211150150.jpg
      真っ白~~白銀の世界です
        ”るるるるる~~”ってキタキツネ出てきそうでしょう

2011.02.11 
お部屋からの景色はこんな感じです
薄曇なのが残念ですが、お天気が良ければビル越しに『生駒山系』が見れるはず
4_20110207124510.jpg
本町方面・・・昨秋オープンのライバル『セントレジス』が真正面!
3_20110207124511.jpg

昨夜結構ヘビーなお夜食を頂きましたが
翌朝には、ちゃんとお腹が空く・・・人体の不思議です

通常フロア宿泊の3日間は、1Fの【Splendido】で朝食を頂きました
ビッフェ方式で、フレッシュジュースからシェフがオーダー受けて作ってくれる
玉子料理やワッフル・パンケーキなどなど
1_20110207124512.jpg
藤猫の2日分の朝食です
2_20110207124512.jpg
大好きなスモークサーモン
ふわふわのフレンチトースト・オムレツ
サーバーK山嬢に作って貰った”カプチーノ”美味しかったです

ご馳走様でした


後日、【Splendido】の存在に大いに助けられることとなりなす
その話は後日


美味しい朝食を頂いたら、目覚しい変化と遂げた大阪駅周辺のお散歩に出かけます!

2011.02.07 
ランチタイムは賑やか過ぎて・・・
照明を幾分おさえた落ち着いた雰囲気のディナータイムがやっぱり”らしい”と思います

2杯目をオーダー
1杯目があまりに美味しかったので、再びY田氏
001_20101218233312.jpg
ピーチベースですが、先程よりスッキリした感じ
でも、甘い花のような香り~と思ったら”ランの花びら”が浮かんでました
各レストランで、バーテンダーさん・ソムリエさんにカクテルを作って頂きましが
私的に、今回の『ナンバー1』です美味しかった

お料理はまだまだ続きます

【スープ】ストラッチャテッラ
002_20101218233312.jpg
ストラッチャテッラ・・・言えない・・・咬み咬みです
パルミジャーノと玉子のか”かき玉汁”という感じです
(イタリアンで”汁”ってのもなんですが・・・一番分り易いと思って・・・)
でも、これがメチャクチャ美味しいー
ゆる~~い”茶碗蒸し”(イタリアンです!)な感じも
パルミジャーノの塩気が丁度いいんでしょうか?
きっと、これに”白いご飯”入れて、おじや風にしても美味しいと思います

【パスタ】リングイネ ポルチーニとジロールのクリームソース
003_20101218233312.jpg
ポルチーニ・ジロールきのこをたっぷり使った、滑らかなクリームソースのパスタ
パルミジャーノとチリソースが添えられます


【魚料理】平目のトマトパン粉焼き アサリ、ムール貝のソース 004_20101218233311.jpg
肉厚の平目にサフランを使ったソースが鮮やかです


【肉料理】骨付き仔羊背肉のロースト ローストポテトとサラダ添え バルサミコマスタードソース 
005_20101218233311.jpg
ドン!!と登場!!このボリュームにちょっとビックリ
(パスタもお魚も、小さめのポーションだったので)
綺麗な薔薇色のお肉に目が釘付け!!柔らかくて、全然癖のない仔羊さんでした

【デザート】ズコット
006_20101218233311.jpg
ティラミスと並ぶイタリアンの御馴染みのズコット(神父さんの帽子?でしたか?)
ふわふわマシュマロの食感 中にはチョコレートやピスタチオ・ドライフルーツが詰まってます
苺とパッションフルーツのソースで

カプチーノ
007_20101218233503.jpg
Y田氏がバリスタを勤めてくれました!感激
ミルクがこんもり盛り上がっていて、とってもクリーミー
チョコレートソースでデコレーションしてくれて
もう!思い残すことは御座いません 

          ご馳走様でした





2010.12.20