冬の名残と春の息吹を感じさせるお料理はまだまだ続きます
炊合・油目 里芋 筍 蕗
8_20110219232553.jpg
   筍 蕗など春野菜が一足早い”春”を感じさせてくれます
   お魚も油がのっていて美味しい

揚物・車海老 白魚 フキノトウ

9_20110219232553.jpg
   天麩羅カウンター木坂料理長に揚げて頂きました
   もう”春”の食材ですね~
   カウンターと同じに、5種類のお塩で頂きました

酢の物・鮑 青葱 胡瓜 黄身酢
10_20110219232553.jpg
   柔らかい鮑~

揚物・鴨 蟹 小玉葱 さつま芋
11_20110219232552.jpg
   再び”天麩羅”
   本来は”焼物”で牛肉のお料理なんですけど、お肉が苦手なので・・・
   『お好きな天麩羅にお代えしましょうか?』というお言葉に甘え
   しかも!”鴨食べたい”とリクエスト(一個食べちゃった後の写真です)
   ちゃんと大好物のさつま芋もプラスしてくれた、木坂料理長&村雲さんに感謝

食事・特選握り寿司五貫
1_20110219232852.jpg
    鯛・鮪・ハマチ・烏賊・海老
    会席頂いた後に更に”握り寿司”と贅沢三昧!お腹いっぱい~

と・・・いいつつ”別腹”モノなので、キチンと頂きます

デザート・葛餅・フルーツ
2_20110219232852.jpg
   大阪といえば、デザートは葛餅とマンゴーと苺

最後は、前回と同じようにサーバーK嬢のお点前を
3_20110219232851.jpg
   お薄とお菓子(写真撮り忘れです^^;;)

   贅沢な美味しいお料理を頂いて、ホントに楽しい一時でした
   ご馳走様でした


     こんなに我がままな贅沢して、バチ当たりそう~^^;  
     ”当たって”も文句言えないなぁ~と思ったら
     ・・・・・・・・ホントに当たりました・・・・



スポンサーサイト

2011.02.20 
古都・奈良から”帰宅”した夜は、古都の風情の余韻を残しつつ
こちらで夕ご飯を頂きます 【花筐】
1_20110219231611.jpg
『お帰りなさいませ。お待ちしてました^^』
和装姿も艶やかな女性サーバーさんがお出迎えしてくれます

夜は”中庭”がライトアップされて幽玄な雰囲気です
2_20110219231611.jpg
3_20110219231610.jpg
箸置 雪ウサギの千代紙 かわいい~

食前には、『濁り梅酒(極薄)』
4_20110219231609.jpg
  【花筐】のお食事の際の定番”飲み物”になりましたね
  とろ~り甘くて(極薄い水割りですけど)私でも美味しく頂けます

今夜は、会席の『花筐』のコースを頂きます
  ちょっとアレンジして貰って、会席と天麩羅・お寿司と美味しい処取りです

先附・鮟肝豆腐 蟹 菜の花
5_20110219231608.jpg
  竹炭そっくりの器に綺麗に盛られてます
  器がそっくりで、最初は本物の”竹炭”かと思った程

吸物・真丈 舞茸 カラスミ 青菜 柚子
6_20110219231606.jpg
  お椀を開けると、柚子の爽やかな香り
  ふっくら柔らかい真丈と薄口のお出汁が美味しい

お造り・縞鯵 鯛 河豚
7_20110219232554.jpg
  お魚新鮮!!普通なら薄造りで頂く河豚の厚い身をぱっく!!

お食事しながら、サーバー嬢・ソムリエさんがお話相手になってくれて
楽しいお話を聞きながら、美味しいお料理と楽しい一時です
    
       お食事はまだまだ続きます


 

2011.02.20 
さて本日、天才料理人・村雲さんに揚げて頂く素材の一部はこちら
5_20110208233659.jpg
(美味しくて、写真撮るの忘れて食べてしまいました^^;;)
車海老からはじまった天麩羅の幾つかを

私にとっては”初物”です 筍
8_20110208233930.jpg
柔らかくて、ほんのり甘い春一番の味

大きくて立派な百合根の中には雲丹!!
9_20110208233929.jpg
ほくほく♪お芋のような百合根と、とろ~り蕩ける雲丹~
思わず”にま~っ”と笑ってしまうような一品

そして”蕩ける”河豚の白子 熱々のとろ~とろ~です
10_20110208233927.jpg
これにはフランス産の岩塩を添えて 
このお塩が不思議・・?ほんのりした甘さの後に、塩気がくるんです!!

”箸休め”のサラダ
11_20110208235112.jpg
ちょっと分り辛いですが、白魚が入ってます

そして、今期最後でしょうね 河豚
12_20110208235108.jpg
殆どレア状態で揚がってます
厚い身なので、歯ごたえが堪らない!!!

そして、天麩羅の〆はこちら
さつま芋&トリュフ しかも今回もダブルサンドです!
13.jpg
さつま芋の甘さとトリュフの香りが~

〆のご飯ですが
『まだ寒いですから、今日は”お雑炊”で用意しました』
河豚で出汁を取って、上に散らされているのは『からすみ』
14.jpg
身体の芯から温まる贅沢な”お雑炊”
『からすみ』の香りとプチプチ感が楽しい、美味しい
きっと”辛党さん”にも、堪らない〆のご飯なんでしょうね~

そして、デザートは『抹茶クリーム大福とフルーツ』
15.jpg
そして、そして本当に最後のお茶は
目の前で美しいKさんが、お抹茶をたててくれました
16.jpg
ピッ!と緊張します 背筋がシャキっと伸びる感じ

素晴らしいお点前を披露して頂き、大変美味しいお茶でした
(緊張して、お茶とお菓子の写真は撮り忘れ^^;;)


今回も美味しい天麩羅を頂きながら、村雲さん・サーバーさん方と楽しい時間を
過ごすことが出来ました

ご馳走様でした

2011.02.09 
ステイ2日目、初のレストランディナーは

【花筐・天麩羅カウンター】
にお邪魔しました

『明けまして、おめでとうございます^^』
和装姿も艶やかな女性サーバーさんが笑顔で出迎えてくれました

『おめでとうございます^^』同じく笑顔で出迎えてくれたのは
本日、担当してくれるの木坂料理長の一番弟子・若き天才料理人、村雲さんです

食前酒は、唯一飲めるお酒 奈良の『にごり梅酒』(超薄いです)
1_20110208233700.jpg
千代紙で作られた箸置き お正月らしくて可愛いですね

青竹を器に、彩り美しい先附
2_20110208233659.jpg

お造りに、縞鯵・鯛・鮪
3_20110208233659.jpg
刺身醤油の他にお塩も、白身に鯛はお塩で頂いた方が断然美味しい

そして、こちらの天麩羅といば この5種類のお塩
4_20110208233659.jpg
左から、藻塩・梅塩・抹茶塩・柚子塩・カレー塩
そして、他にも食材によって色々なお塩を用意して下さいます
こちらは 山葵塩
6_20110208233658.jpg
そして、こちらはなんと!醤油塩
7_20110208233931.jpg
お醤油をフリーズドライしたもの だそうですよ
こちらで用意してくれるお塩は、どれもお塩自体が美味しいので
このまま、ご飯に”ふりかけ”にして食べてしまいたい位です


肝心の天麩羅は”その2”にて

2011.02.09 
あれだけいっぱい天麩羅を頂きましたが、まだ食べる

〆のご飯です  
『今日は何時もの天茶じゃないものを用意しました』
で、天丼?
雲丹の磯辺巻き と 玉子の黄身の天麩羅です
『雲丹玉天丼』
花12
雲丹も半熟玉子もとろ~~とこれに出汁醤油を少し
混ぜ混ぜして、頂きます
凄く贅沢は、玉子丼 という感じです
赤出汁・香の物がつきます

そして、デザート
当日の水菓子が”梨”だったらしいのですが
以前、柿・苺を”揚げて”貰ったことがあって、ふっと
”梨 揚げたら どうでしょうね?”と話をふったら
『やってみましょうか^^』と快諾 
木坂料理長が作ってくれた、デザートがこちら
『洋梨の”天麩羅”コンポート・バニラアイス添え』
(名前を付けるなら、そんな感じです^^;)
花13
洋梨がコンポートのようにしっとり柔らかくなってます
香りも熱が通ったことでより強くなっているようで、良い香り~
バニラアイスとチョコレート
さらにメープルシロップとシナモンパウダーがかかってます
天麩羅屋さんのデザートと思えない、お洒落な仕上がり
花14
『お薄』

以上で終わり!と思ったら、料理長・・・まだ何か作ってます

登場したのはこちら、一口サイズの丸いもの
花15
”??”
『餡パンですね。どうぞ^^』
花16
中には、蓮の実餡と黒豆 上に抹茶がふってあります
出来立て”熱々”上品な甘さの”アンぱん”でした

最後は(ホントに最後です)は 
T氏が作ってくれた『抹茶カプチーノ』
花17

毎回ですが、贅沢で美味しい&楽しい時間を過ごせました

ありがとうございました。ご馳走さま



2010.12.25