地元・埼玉=武蔵国の話,、興味深く読了
家康、江戸
『家康、江戸を建てる』 門井慶喜・著

徳川家康が豊臣秀吉に、関東に‟追いやられ”当時は未開の地・超辺境・ド田舎であった街を
後の世で、世界でも有数の大都市へと変貌する「江戸」の基礎を築いた家臣達の物語

歴史的・教科書的には、「徳川家康が江戸を建て(築き)ました」の一言で終わってしまうのでしょうが
当時湿地帯で米や農作物さえ満足に作る事が出来なった、武蔵国やその周辺の
開拓・土木・経済的な基盤を整えとのは、家康に命じられた家臣達
(家康本人か、鍬や鋤もって土木工事した訳じゃないですもんね)

家臣といっても、戦で活躍する武将達ではありません
武将もいますけど、どちらかといえば事務方(今でいったら官僚ですね)や
家康に見いだされた職人達の物語です

物語は、5人の人物(一族)を主人公にした5つの物語が収められてます
特に最初の物語『流れを変える』 
現在・関東を流れる主な河川・利根川・荒川などの治水工事に生涯をかけた
【伊奈氏】三代(四代)の物語です
不勉強で恥ずかしい限りですが、荒川利根川・隅田川や江戸川なども含みますが
自然にあった川かと思っていましたが、殆ど全ての川が伊奈忠次からはじまって
元の川の流れを変え、人工的な用水路として作られた川であること、「目から鱗」でした

埼玉には「伊奈町」がありますが、埼玉だけでなく千葉や他県にも「伊奈」と名のつく地名が点在していること

貨幣制度の基盤を整えた事 江戸城築城に関わる裏話的な物語

時代小説として素直に面白く読めたのもありますが
要所要所で「今の東京」の話が差し込まれていて、江戸という町が一層親しみ易くなる一冊でした


読後知った事ですが、来年のお正月に市村正親さん・佐々木蔵之介さん出演でドラマ化されるそうです
楽しみ





さて、大阪で地震があって、南海トラフ・首都直下地震の前触れでは?等々言われていますが
この本を読むと、江戸=東京という町がちと心配(人の心配してる場合ではないけど・・・・)
周知の事実ですが、東京23区の殆どは「埋め立て地」
家康が江戸に入った頃は、今の皇居の目の前までは、浅瀬の海だったんですよね・・・・・
23区は断層関係なく弱い地盤だというのが、この1冊を読むだけでも分かるわ・・・
スポンサーサイト

2018.07.02 
待ちに待った続編
葬偽屋
『葬偽屋に涙はいらない』 森晶麿・著

『葬偽屋』シリーズの2作目
死を偽装することで、依頼人の人間関係や過去を葬る事を請け負う『葬偽屋』の物語

副題に‟高浜セレナと4つの煩悩”とあるように4つの物語が語られていきます
4つの物語の‟底”のテーマは『家族の再生』のような気がします

親子・夫婦、壊れてしまった家族の「過去」を葬り去る事で
改めて‟新しい家族”として再出発していく「物語」です

本書の主人公であるセレナも
半ば絶縁状態であった両親とも、葬偽のお陰?で少しは蟠りが解消されたようです


偽装した葬儀(生前葬)とはいえ、人死話も出てくるので好みは分かれると思いますが

美貌のカフェオーナー黒村の過去の恋バナがテーマの『亜麻色の髪の乙女』
依頼人・図書館司書の純愛?がテーマの『書物に頼り過ぎた男』
の2編は切ないというか、鴎外の「舞姫」を思い浮かべるような雰囲気で好きな話でした

森氏の著者らしく、要所要所に美術、特に絵画の話が出てきます
(歩武は、美大の講師をしていた設定ですからね)
美術史絵画には、とんと疎いのでネットで検索しいしい読み進めていきました
それが、楽しい”作業”でもあったのですが・・・

本作で、歩武とセレナの関係が決着してしまったので、多分続編はないかな?と思います
ちょっと・・・残念





本を読んでいて、時として‟かってに”キャスティングしてしまう事があるのですが
私の中で
歩武=市川海老蔵さん  セレナ=貫地谷しほりさん  黒村=藤木直人さん
ってイメージしてました




2018.06.25 
タイトル読み、予想とは違ったけれど面白かった
警察小説
『政治的に正しい警察小説』 葉真中顕・著

ネグレクト・誤認逮捕・尊厳死など、社会問題や風刺をテーマにした「社会派ミステリー」
6編の物語が収録されています

話の内容は、どれもブラック 結末も決してハッピーエンドではないので
好き嫌いは分かれると思いますが

『神様を殺した男』
将棋界を舞台にした物語
神と崇め愛した人物が、何れ陥落する姿を見たくないが為に殺してしまう
それを究極の愛とるか?エゴと取るか?
例えば、ジョン・レノンの暗殺犯チャップマンは、こんな気持ちだったのかなぁ・・・なんて思える物語
・・・・・物語の中、将棋の神様と称えられていた「紅藤」が藤井くんにみえてきて
‟藤井くんは大丈夫かな。。。”なんて


『リビング・ウィル』
誰しも、もしかしたら同じ立場に立たされるかもしれな物語
70歳の男性が事故により植物状態に
家族は、延命治療の是非をめぐり苦悩する

植物状態の本人は、「死」を望んでいないのに
家族により延命治療が打ち切られる恐怖が語られていきます

所説あるようですが、「植物状態」になっても意識が回復しないだけど
本人はしっかり周りの状況も把握し意思もしっかりしている
ただ、それを他者に伝える事が出来ないだけ・・・・とも
「植物状態」は所謂「脳死」とはまったく違うものですしね


『カレーの女神様』
これはまるで‟スウィーニー・トッド”のような話
行方不明になってしまった母の作った美味しいカレーを探し続ける青年の物語
ある時ふと立ち寄ったカレー専門店で、母のカレーと同じ味に巡り合う!
美味しいカレーの「隠し味」とは
完璧な?ホラーです・・・・・カレー好きなのに、食べたばっかりなのに(T_T)


『政治的に正しい警察小説』
タイトルになった物語
とはいえ、警察小説を生み出されるまでの作家と編集者との物語です

藤子不二雄Ⓐ氏の漫画・アニメ『笑ウせぇるすまん』を思い起こさせるような物語
かなりブラック・・・・です




2018.06.19 
19歳の主人公、ふわっとした文章でメルヘンな物語ですが
結構内容はハードです
繕い屋
『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』 矢崎存美・著

人は精神的・心が傷つくと時として「悪夢」を見て苦しむ時がある
19歳の平峰花は、他人の夢の中に侵入し、その「傷」を癒す事が出来る能力を持つ
悪夢の中で、心の傷や後悔している出来事が、色々な物にカタチを変えて現れて来ます

ある人は、両親を立て続けに亡くし哀しみの余り感情が死んでしまった事が
湖をせき止める「コルク」に

ある人には、子供の頃離婚し母に引き取られ大人になった
母からは、「離婚理由は父の浮気、その上父は慰謝料も養育費も払ってくれないは」
と教えこまれていたが、実際は逆
母が浮気して、父から娘への養育費は全て母が己の快楽の為に使っていた
母の嘘から、父を恨み続けていた後悔と懺悔の気持ちが、一軒の小さい「家」に

傷の象徴は、「ガラス」や「月」に姿を変えて現れてくる

そんな象徴を花は、「自分の傷は自分で食べてしまうしかないのです」と
夢の中で、その象徴を料理して食べさせて‟消化”させていきます

大きなコルクを薄くスライスしてグリルすると、キノコ風味のステーキだったり
そらに浮かぶ月は、大きなチーズ 月のチーズをラクレットに
家の柱や畳は、抹茶を使った甘いお菓子
ガラスはキャラメル味のかき氷に等々美味しい食べ物に変化してしまいます

花は言います
「自分の傷は自分で食べて消化するしかありません
その傷を治すお手伝いをする私は『繕い屋』です」   っと




外科的傷は医者や薬で自分以外の人や物の助けで治す事が出来ますが
心に負った傷は、親しい人に相談したり
時には専門のカウンセリングを受けたりと色々ありますが
結局は、「自分自身」の心を向かいあって、自分で解決しなければなりません
「時薬」と言う事ですが
その「時薬」が具現化したのが『花』という存在だと思います



タイトルもカバーイラストも、また文章もふんわりしたライトノベルといいますが
ファンタジーチックですが、語られていることは結構ハードでした

例えるなら、
可愛らしい子猫がいて‟わ~♪可愛い子猫ちゃん♪”なんて後先考えずに撫でようとしたら
実は猛獣で噛みつかれた! って感じです



心に傷跡がない人なんていないですよね
夢の中とはいえ、その傷を食べて消化(昇華)出来たらいいな と思わずにいられません


2018.06.17 
梅雨らしい雨降りの一日、こんな日こそ相応しい一冊
冥談
『冥談』 京極夏彦・著

冥談=冥界
冥界とは、人が死後逝くとされる世界の事ですが
その冥界とは、現世の直ぐ側・・・・自分の傍らに常に入り口が存在しているような
生と死 現世と常世は隣り合わせ 

生者と死者 現とあの世が束の間、交わる不思議で怖い8つの物語が収められてます

人が本当に「怖い」と思っているのは、死者でも幽霊でもなく
己であれ、身近な人であれ、その「死」の瞬間
冥界に足を踏み入れる瞬間 なのかもしれません


しとしと・・・・と雨が降り続く、こんな日にぴったりな一冊で御座いました・・・・・


今日は涼しい一日でしたが、一話読み終わる毎にエアコンをかけてないのに
少しづつ部屋の温度が下がっていくような・・・・・・・


「死」という概念は、ほんとは凄く曖昧なモノなのかもしれません
親しい人達を見送った者ですが
亡くなってしまったら、ある意味で「諦め」がつくんです・・・・時間はかかるけど
一番怖く辛いのは、「死の瞬間」
親しい・愛しい者と引き裂かれる
同じ世界で「生きる」ことが叶わなくなるその瞬間が一番辛かった・・・・・なぁ・・・と




京極氏は、怖くてでも美しい世界を作り上げてくれる作家さんですね


あくまで私的にですが、現代の作家さんで『ゆかしい美しい日本語』と‟操って”くれるのは
京極夏彦氏と浅田次郎氏だと思ってます

京極氏が陰の美しさなら、浅田氏は陽の美しさかと





2018.06.15